パラダイス・サーティー〈下〉 (新潮文庫)

  • 251人登録
  • 3.12評価
    • (6)
    • (19)
    • (95)
    • (9)
    • (3)
  • 30レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2003年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425290

パラダイス・サーティー〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サスペンスと言うほどの驚きや事件はないけれど、これが自分の人生であればまさにサスペンス!おもしろかったでふ。

  • 30歳になる前の主人公・グリコこと栗子、そしてその友人でゲイの菜摘。二人とも、夢見ていた行く末とは正反対の事態に直面していく。

  • 想像してたより大きな展開をみせてくれて下巻の方がおもしろかった。
    そんなに感情移入できる本じゃないけど、エンターテイメントとして楽しめる感じ。

  • 最後まで栗子のことが好きになれなかった。
    成長ものと捉えるのは無理があるし、恋愛ものとしても、サスペンスものとしても中途半端で途中で投げそうになりながら読了。
    私には合わなかった。

  • 学生時代からの友人であるおなべの菜摘とノンケの栗子。30歳を目前とした二人の、それぞれの恋愛の話。
    恋愛ものはあまり好きではないが、さすが乃南アサ、面白かった。

  • 少し期待外れな最後。
    ハッピーエンドじゃない。
    伸に騙されてるだろうとは感じたけどあそこまで最低だったとは。
    鯨岡にもびっくりしたし…
    どれも荒い感じ。

  • 上下巻読了。
    帯には「ラブ・サスペンス」と謳っていますが、サスペンス要素は薄いです。ラストに叙述トリックとか仕掛けてあれば、また印象が変わっていたと思うのですが、これといった見せ場もないまま終わってしまったので不満でした。ストーリー自体は面白いので、エンターテイメントとして読めば楽しめると思います。
    全体的に共感できない部分が多く、若干醒めた感覚で読んでいました。栗子のオナベに対しての考え方が自己中心的ですし、30歳前にしては幼稚な印象でした。
    栗子の母もあまり良い感じはしませんでした。菜摘は唯一まともでしたが、キャラの掘り下げが浅いので満足できなかったです。

  • 菜摘さんもえらいことになってきました。

    ヒロインの恋した男が悪すぎる。。。。
    これに比べればどんな恋も大丈夫や、、、

    ラスト、研究室の人といい感じになるのかと
    思ったけどふーむ。

  • おもしろかった」

  • ただの恋愛小説かと思ったけど、ちがった。最後の驚きと爽快感は一読の価値あり。

全30件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パラダイス・サーティー〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パラダイス・サーティー〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パラダイス・サーティー〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パラダイス・サーティー〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

パラダイス・サーティー〈下〉 (新潮文庫)の文庫

ツイートする