鎖〈下〉 (新潮文庫)

  • 1117人登録
  • 3.71評価
    • (98)
    • (166)
    • (221)
    • (9)
    • (1)
  • 86レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2003年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425320

鎖〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 音道巡査が救出されるまでの捜査の様子・以前コンビを組んだ滝沢の心情、彼女の犯人グループと自分の属する警察組織の間を揺れ動く心が交差していやがうえにも緊張感が高まって来ます。
    救出された後の滝沢とのやりとり・・やっぱり彼女は刑事だったんだと納得!それにしても滝沢の音道に対する感情が「-女にしておくのは、もったいねえな」とは・・・

  • 読む順番を間違った。
    「凍える牙」の次が
    「鎖(上・下)」そして
    「風の墓碑銘(上・下)」だわ。

    今回はおっさん滝沢刑事の
    不器用ながら暖かい場面が多かった。
    私はたぶん。。。残念ながら
    おっさん刑事と同じ世代なので
    こういう人は嫌いじゃ無いけど、
    若い女性からしたらいやかしらね。
    頼りがいと優しさがあれば
    良いと思うけど・・・公務員だし(笑)

    身勝手な星野刑事(同僚)
    こういう奴居る居る。
    ぎゃふんと言わせてやれば良いのよ。
    (ギャフンなんて今時言わないか?)
    と思いながら週末に一気に2冊読破。

  • 下巻はまるっと監禁された貴子の犯人たちとの駆け引きや、救出作戦でした。もう限界に近い貴子も、助ける方の滝沢も、私も焦れに焦れました。下巻のクズは堤と加恵子の育ての両親でした。まさか、彼女にあんな壮絶な過去があったとは……。無事に救出されると判っていても、やはり、その場面ではほっとして滝沢の不器用な優しさにもニンマリ。次の巻からは昂一さんの出番ももっと増えるといいなあ。

  • 主役の音道刑事が無事に救出されないハズがないんだろうと思いつつ、物語に引き込まれドキドキしながら読み進めた。無事に救出された時には思わず声と涙が出た。この作家の心理描写は見事としかいえない。刑事を誘拐、監禁した理由についての希薄さは否めないが、それがなければこの物語はなりたたないし、その理由にこだわる必要がないくらい面白かった。 これまでは男性作家の警察モノばかりだったが、音道貴子シリーズを読んでみたいと思った。心理描写もそうだけども情景描写もすばらしいと思う。

  • 一気に読んでしまいました。
    滝沢さん、いいわあ〜。

  • 前作に比べグッと入り込みやすく、物語の性質がストレートになっている。登場人物もそれぞれ分かりやすくキャラクタ付けされてて最後まで楽しめる。

  • Rさまオススメ本の下巻。
    昨夜から一気読み!続きが気になって止まらなかった。
    ずっと縛られてて、なかなか助けも来てくれなくて、ほんとにもどかしい思いをしましたが、
    この苦しいところを読みきった分、最後の爽快感がたまりませんでした。

    滝沢さんが必死に助けようとしているのに、なんであのおやじなの?ってところはちょっと切なかった。もっとちゃんと見てあげて!という感じ。
    星野は最後までほんとに大バカ者でサイテー。最後はスッキリ‼️

    早くちゃんと立ち直って普通の生活を取り戻してほしいと思いました。
    乃南さんすごいなぁ。

  • 女刑事の代表格といえばこの人。

    乃南さんが描くところの音道貴子だ。
    音道シリーズの中では、この作品が一番好きだ。

    刑事として、女として、そして人間として、極限まで追い込まれた中で、救いの手をひたすら待つ。そんな音道を、かつてコンビを組んだ滝沢ら、特殊犯のメンバーが探し求める。

    人質となった音道側と滝沢側が交互に描かれ、緊張感を保ったまま、最後まで一気に読ませる。

  • 上巻に比べるとやや読み応えがなくなったなぁと感じた。

    下巻はもっとまとめることができたのでは、と思う。

  • 凍える牙 から引き続き 音道シリーズ。
    最後まで読み進めたが、感想としてはまぁまぁ。
    次作も読もうと思った。

全86件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
乃南 アサ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

鎖〈下〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

鎖〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鎖〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鎖〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鎖〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

鎖〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする