あなた〈下〉 (新潮文庫)

  • 368人登録
  • 3.06評価
    • (14)
    • (21)
    • (115)
    • (24)
    • (7)
  • 36レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2006年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425429

あなた〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 秀明を見つめ続ける不気味で執拗な視線。秀明がどこにいても、何をしていてもその「目」は彼から離れない。大学生になった秀明は、美貌の音大大学院生カンナに恋をした。その恋は、今までの浮かれた恋ではなく、本気の恋だった。そして、その「目」は狙いをカンナにも広げた。激しい恐怖がカンナを襲う。秀明は立ち上がった…。哀しく切なすぎる恋心を描いた青春ホラーの金字塔。

  • 乃南アサ氏の著わすホラー作品。もともと新潮ケータイ文庫に連載された作品の文庫紙媒体)化が、本書。主人公に取り憑いている正体とは?主人公・秀明と年上の恋人・カンナが、その正体に解明に挑まざるを得ない状況に追いやられていく。舞台も東京からは中国山地山間部の地に行き着く。

  • あー、ふーん、そっかーって感じで終わる。もう少し深みのある話かと期待していた。読む価値はあまりなかった。

  • 再読。
    何回となく読んだ作品だが、細部は忘れているものだ。
    謎の生き物の正体はある程度のところでわかってくるが、それでも予想外の展開もある。
    とても面白かった。

  • そういう結末だったのか。

  • 読了。
    1mmの救いも無いラスト。
    ただの悲劇。
    物語全体を通しては、これっぽっちも好きになれないおハナシだった。

    主人公の人間性は、(後半にかけてだいぶ成長が見られはしたが)基本的には全く共感できないし……。

    “わたし”の正体も、予想を裏切ってはくれなかったし……。


    けれど、最後まで引き付けられて読み終えられたのは、やはり乃南さんの文体が好きだからなんだろうな。

    その点を考慮すると……、星ひとつ付け加え、
    ★3つ、6ポイント。
    2014.06.11.了。

  • もともとケータイ小説だったとは思えない構成力はさすがだなぁ。
    途中でオチわかっちゃったけども。

  • 良い意味で騙された!

  • 携帯小説

  • 青春ホラーとはよく名付けたもので、怖いけれどもおどろおどろしくないホラーで楽しめた。話の展開というより、文章のテンポがいいため、サクサク読めた。

全36件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

あなた〈下〉 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

あなた〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あなた〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなた〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

あなた〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする