風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)

  • 810人登録
  • 3.74評価
    • (51)
    • (137)
    • (114)
    • (5)
    • (2)
  • 71レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2009年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425474

風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読です。滝沢・音道の名コンビ復活がとにかく嬉しい作品。事件は時効もちらつき、手掛かりはようとしてつかめず時間ばかりが過ぎてゆくもどかしさ。コンビの微妙なバランスの変化、捜査の進行具合、プライベートでの人間関係の変化などなど、いろんな切り口で楽しんで読んでいます。

  • 音道貴子シリーズ6作目です。久々の音道・滝沢コンビ登場です。音道と滝沢の相手に対する温度差が違い過ぎるのが淋しい。滝沢が自分の事を認めている部分もあるという事が分からないからか。滝沢が分かりにくい人というせいもあるだろうけど。相変わらず事件は起こっても展開はゆっくり。でも内容は読みやすかったです。

  • Rさまオススメ本、女刑事第3弾。
    まずは上巻読み終わり。
    実力は認めているのに、どうもおやじ扱いが抜けない音道さん。もうちょっとちゃんと見てあげてと言いたくなったけど、だんだん気づいてきたか?
    滝沢がほんとにおやじだけど、できる刑事で嬉しくなる。
    お互い話さないとわからないこともあるんだなぁという感じ。
    それなのに、捜査のことは結構伝わる感じがとても良い。
    どんどん良いコンビになってほしいところ。
    下巻も楽しみです。

  • 下巻に入り、多分犯人はあいつと思っていたが、決着の仕方が呆気なかったかな。
    何しろ乃南アサ作品は風紋、晩鐘が良かったのでついつい期待してしまう。

  • 『凍える牙』の音道・滝沢コンビ復活。それぞれに歳を重ね、経験を積んだ2人のコンビはいかに事件解決していくのか?
    ある日、古い木造家屋解体中の現場、地中から二体の白骨が発見されるところから、事件は進む。

  • 下巻にまとめ

  • この作家の作品は
    読みやすい。
    売れるのが分かるなぁ~

    女刑事シリーズの第二弾?
    前回ほど女刑事も
    「女だから舐められてる。。」とか
    「女だから・・・」を強調せず
    その辺りもありストーリーに
    入り込みやすくなっている。

    上巻では
    と有るヘルパーの男性が浮上。
    彼の哀しい過去が明らかに・・・・

    滝沢のお父さんとの
    コンビも息が合ってきて
    下巻が楽しみである。

  • 乃南アサにハズレないな〜しみじみ面白い。主人公の恋話がいらん気がするけど。椅子職人がちらちら登場。滝沢刑事との息があってるようなあってないようなコンビ。事件は哀しく、犯人は無茶苦茶悪いやつだ。

  • 3:00で読了。

    事件がなかなか前に進まないなかで、
    音道貴子シリーズの一番はじめに出てきた相棒、滝沢と音道のやりとりがおもしろい。

    下巻が楽しみ。

  • いつも必ず一人は登場する、すっごくイヤな奴が今回はいない…と思ったらいた(笑)
    掘り出された白骨遺体と老人殺しがどうつながるのか、続きが気になる。

全71件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)はこんな本です

風の墓碑銘(エピタフ)〈上〉―女刑事 音道貴子 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする