いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)

  • 1431人登録
  • 3.58評価
    • (57)
    • (217)
    • (217)
    • (25)
    • (2)
  • 173レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2010年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425498

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小森谷芭子29歳、江口綾香41歳。ふたりにはそれぞれ暗い過去があった。絶対に人に知られてはならない過去。ふたりは下町の谷中で新しい人生を歩み始めた。息詰まる緊張の日々の中、仕事を覚え、人情に触れ、少しずつ喜びや笑いが出はじめた頃…。綾香が魚屋さんに恋してしまった!心理描写・人物造形の達人が女の友情に斬り込んだ大注目の新シリーズ。ズッコケ新米巡査のアイツも登場。

  • 刑務所暮らし経験がある二人の女性の出所後の人生観。人により人生観は違うにせよ、他人には分からない問題を誰でも抱えている。あれからそれぞれどんな人生を歩んで行くか気になる。

  • 乃南アサさんは力のある作家だと思っています。好きな作家。
    久しぶりに手にとったのはドラマがとても良いという評判を聞いたから。
    残念ながらまだ見ていないのですが、、、、、

    罪を犯した二人の女性がシャバに出て、罪を犯す前の人生と決裂して、二人で助けあいながらこれからの人生に立ち直っていく友情の物語。
    そこに暗さはなく、丁寧に日々日々生きていく姿に好感が持てる。
    人はどこでつまずくか、なんてわからなくて、読んだあとに等身大の身近な女性としての登場人物に励まされたような読後感があった。
    夕やけだんだんに代表されるあのあたりの雰囲気も助けになっている。


    失敗しても、地道に明るく生きていくのよ、というメッセージ。
    それにしてもろくな男が出て来ません、、、、、、この小説。笑。

  • NHKのドラマからの原作読み。

    原作の方がリアルな感じ。
    例えば、はこちゃんが、ドラマだとものすごいピュアないい子だけど、原作だと割と嫌な面も持っている。

    ドラマよりもたんたんとしている。
    ファンタジーな温かさを持つドラマの方が、今のわたしは好きな感じです。

    なんにしろ、温かな悲しい小さな光を遠くに見るようなお話のタイプ。好きです。

  • 芭子(はこ)と綾香は共に"ムショ帰り"。塀の中にいた時から次第に心を開くようになった二人は、出所後も気兼ねなく話せる仲としてその関係は継続する。「過去」を引きずるあまり、「未来」への一歩が踏み出せない芭子、一見して明るくパン屋での修行を続けているように見える綾香も、その実態は年下の先輩に怒鳴られる日々。同じ釜の飯を食った者同志の友情、逃れられない過去を背負い、共に手を携えながら生きる二人の姿を描く。
    出所した犯罪者の生きる道、というテーマ自体は面白いし、それなりに楽しく読めはする。が、そのテーマの割には迫り来るものもほとんど無いし、ストーリーもとてもチープ。小説にリアリティを求めるつもりはないのだが、芭子の弟や綾香が働くパン屋の年下の先輩とやらも、ちょっと胡散臭すぎないか?ドラマ化もされているようだが、確かにドラマになると、その分かりやすいストーリー展開は好評なのかも(実際は知らないけど)。

  • NHKのドラマを最初に見てから小説を読みましたが、それぞれ良くできているので、登場人物をいろいろな視点で見ることができて、単に本を読んだだけの時よりも楽しめました。作者の乃南さんの文章は非常にナチュラルに言葉が頭にはいってくるので、とても読みやすい本でした。

  • 『マエ持ち女二人組』
    刑務所で知り合い刑期を終えた芭子と綾香、谷中の街で始まる生活。
    罪を犯した人の新しい人生がどういうものかあまり考えたことがない、世間から隔離され社会に出てきた時のうろたえ…そういうことをなるほどなって思わせながら相変わらずな絶妙の心理描写で読ませてくれる、谷中という下町を舞台にしているのもいい。
    罪を犯すことになるきっかけはなんでもないことの積み重ねだったり逃げようのないどうしようもないものだったりすることもあるんだろう。
    芭子のように、自分を卑下してしまい過去を後悔し、それでもなんとか前に向いていこうとする、止まってしまった時計の針を動かすことさえ苦労しながら…
    綾香のように気持ちを切り替え、なるべく前だけを向いていこうとする…
    そんな姿があったらその先に明るい未来があってほしいと思う。

    乃南さんの作品は暗闇の中に光を見せてくれるものが多いので好きだ、続きを早く読まないと。

  • 乃南アサさんの小説。29歳と42歳の二人の前科を持つ女性が主人公。
    29歳の芭子は、かつて愛した恋人に貢ぐ為に詐欺を働いてしまう。
    42歳の綾香は、息子を守るため、暴力を振るい続けた夫を殺してしまう。
    釈放された二人は、過去を隠しながら、新たな生活を始める。
    実は現在放送しているNHKのドラマを先に見ていて、親から原作の方が面白い!と聞いて早速借りて読んでみた。芭子は上戸彩、綾香を飯島直子が演じている。上戸彩は最近役に恵まれてなかったけど、今回はとても良いです。飯島直子の役は原作ではパーマ頭で太っちょってことになってるので、イメージがあまりに違う。けど、ドラマはドラマでそれなりに良い。
    なるべく人と接触しないように細々と生きる芭子と、心に闇を抱えながらもいつも明るく、芭子を元気づける彩香という、正反対の二人のバランスも良い。こういう、年の離れた友達も良いよね。
    芭子は私と同い年。しかも、原作ではさりげなく長年のSMAPファンというくだりも出て来た。(一枚目のCDシングルからずっと買ってるらしい。負けた。)生い立ちも勿論全然違うんだけど、どこか人ごととは思えない。
    小説は、続編「すれ違う背中を」に続く。明日から読みます。

  • 「覆水盆に返らず」
    『しゃぼん玉』と対な気がする。
    オーディオブック版で再読。読み落としていた細部までじっくり読めてよかった。

  • 戸籍を抜かれていく瞬間の気持ちは、何にも代えがたい臨場感を感じ取れた切ない瞬間。

  • 適当なところでうまく立ち回れないんだな。続編があるようなので読みたい。

  • 芭子と綾香、2人のキャラクターが良い。前向きになれる話。

  • 391

    2017年では25冊

  • 小森谷芭子29歳、江口綾香41歳
    「マエ持ち女二人組」の副題が表す通り
    ふたりが出会ったのは刑務所の中・・・

    決して知られたくはない過去を隠しながら
    必死で生きていこうとする女二人という
    重いテーマながら、軽妙で読みやすいのはさすが。

    地に足をつけ、これからしっかり進んでいけるといいなと
    思わずエールを送りたくなります。

    続編も読まなくちゃ!

  • なんとなくタイトルに惹かれ手に取った。惹かれたのは同一タイトルのドラマを見ていたからだと読んでから気づいた。

    淡々とした文章なのに、主人公が住む下町の描写は生き生きとしていて、その光景が頭の中で自然と描けた。
    ムショ帰りの女2人がどう生きていくかという重いテーマにも関わらず、さくさくと読めるのは綾香の明るいキャラクターのおかげかも。また、芭子と綾香がふたりで食べる夕飯の描写が本当においしそうで、こっちまで嬉しくなってしまう。

    取り返しのつかないことをしてしまっただけに同情はできないし、むしろ一見冷酷に見える家族の気持ちがわかってしまう。でも自らの罪に向き合い、ひたむきに働き、そして悩み苦しみ、必死に前を向こうとしているふたりを見ていると、自然と力が湧いてくる。

    ここまでスッと心に入ってくる小説は久しぶり。自分でも驚くほど世界観に馴染めてしまった。これは買っちゃうかも。

  • 世の中の片隅でひっそりと生きる女性ふたり。

    嵐のような悪夢のような日々の次に来る日々。
    重い設定だけど、読後が悪くないのは、やはり、二人のひたむきさ故だろうか。
    いつか、心から、暖かな陽だまりを感じられる日がやってきますように。

  • 前科を持った人の物語ですが、重苦しさよりも、
    朗らかに感じながら読めました。
    続編も是非読もうと思います。

  • yom yom の連載をとびとびに読んでいて好きな物語でした。ドラマでは、主人公の2人がちょっとかわいそうな印象に思えたので、あらためて書籍化したものを通して読んでみたら、こちらもそんな雰囲気。。。
    主人公たちは罪を償っており、しかも人間味ある魅力的な2人だったので、罪を犯したことを心に刻みながらも、そして不安を抱えながらも、もっと静かに明るく生きていく物語であったなら。と思いました。

  • 前科がある故につきまとう憂鬱さ。でも彼女たちの生活を読んでいて少しずつ元気や前向きな気持ちを貰えた気がした(^^)続編も気になるなあ。2015.12.23読了

  • 前持ちであることをなしにしても、下町特有の閉鎖されたコミュニティーを恐怖に感じる若い世代の心情がとてもリアルに描かれていたように思う。隠し通さなければならない過去がある、けれど舞台を下町である谷根千にしたのは、今の芭子には自分のテリトリーに土足で踏み込んでくるような他人ですら疎ましくとも必要だからと解釈。

    居心地が悪いと感じる街が、他人の心に触れるにつれて、彼女にとって大切な居場所になってくれればと願う。

  • 刑務所をでた二人の女性の話。凸凹コンビでお互い問題を抱え、支え合いながら暮らしている。ライトなタッチで直ぐに読めた。
    続編があるらしいので読んでみたい。

  • ドラマを少し見ていたので、上戸彩、飯島直子をイメージしながら読んだ。一旦道を踏み外すと、いろいろ辛いんだな。

  • 2015/06/16
    刑務所から出所した女2人。
    【フツウ】の生活を求め、
    ただ地味に生活をしていた芭子が
    これからどう成長するのか、楽しみ。

  • わけアリのマエ持ち女二人組とは、一回り違いの女が二人シャバで普通に暮らしていけるのか‥‥ そりゃぁ大変だと思う。辛いことも怖いと思うこともあるだろう。この先バレない様に暮らして行けるか??

全173件中 1 - 25件を表示

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)の作品紹介

小森谷芭子29歳、江口綾香41歳。ふたりにはそれぞれ暗い過去があった。絶対に人に知られてはならない過去。ふたりは下町の谷中で新しい人生を歩み始めた。息詰まる緊張の日々の中、仕事を覚え、人情に触れ、少しずつ喜びや笑いが出はじめた頃-。綾香が魚屋さんに恋してしまった!心理描写・人物造形の達人が女の友情に斬り込んだ大注目の新シリーズ。ズッコケ新米巡査のアイツも登場。

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)の単行本

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)のAudible版

いつか陽のあたる場所で (新潮文庫)のKindle版

ツイートする