犯意 (新潮文庫)

  • 336人登録
  • 2.95評価
    • (6)
    • (23)
    • (49)
    • (23)
    • (9)
  • 35レビュー
  • 新潮社 (2011年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (562ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425504

犯意 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 12の短編からなる。それぞれの短編の後に、弁護士が事件について解説するという特異な構成。フィクションのはずの小説が、弁護士の解説によってリアルな事件へと迫ってくる。それゆえか、読後感は重い気持ちに苛まれる。子供の虐待の話は、特にストーリー自体、読むのを中断したくなるが、これも今や現代社会の深刻な問題ということか。

  • 短編小説→弁護士の解説
    という、新たな試みの書。
    物語の中の事件の解説をするのが目的だと思われるので、いつもの乃南作品と比べて内容は薄いが、現実にそのような事件が起きたらどうなるのか考察するのは面白いと思う。

  • 乃南アサが書く12話の犯罪短編に、法の専門家が解説を加えるという本。
    ストーカー、安楽死、強姦致傷、DVなどなど、様々な犯罪について書かれています。
    乃南アサのこわい所は、「本当にありそう」と思わせる能力。解説がついているので余計なのかもしれませんが、この人の書く人間は普通で怖い。

    基本的には加害者目線の話が多かったのですが、DVを受けている妻が身代わりに娘を差し出して娘が殺された話では、最終的にざまあみろ的な気持に自分もさせられました。
    感情移入が容易にできてしまう怖さがこの本にはあります。

    ただ迷惑行為の判例なのかただの例なのか、「キャバクラに牛の臓物を持ち込んでテーブルで焼く」というのは意味がわからなかったw
    実際にあった事件だとしてもそうじゃなくても発想がぶっとんでいる。。

  • ---
    些細な出来心だった。偶然と勢いが重なって、罪は増殖していく、雪だるまが転がるように--。最初はとてもいい人だった。気を許し、好きになった頃から、おもむろにヤツは本性を現しはじめた--。普通の人が犯罪に手を染めてしまう瞬間。哀しくて、やりきれなくて、そして甘美でエキサイティング。弁護士の解説を各編に付す新しい形式の犯罪小説集。12の傑作ノワールが心を震わせる。

  • 救いようのない犯罪ばかりで面白くない。解説されてもなあ・・・

  • 些細な出来心だった。偶然と勢いが重なって、罪は増殖していく、雪玉が転がるように──。最初はとてもいい人だった。気を許し、好きになった頃から、おもむろにヤツは本性を現しはじめた──。普通の人が犯罪に手を染めてしまう瞬間。哀しくて、やりきれなくて、そして甘美でエキサイティング。弁護士の解説を各編に付す新しい形式の犯罪小説集。12の傑作ノワールが心を震わせる。

  • この本は普通の小説とはちょっと違う。
    どこが違うかというと、12のさまざまな事件にまつわる短編があって、その後その事件を陪審員としてどう読み解くかという事を書かれているんです。

    それにしても相変らず乃南アサさんは容赦ない。
    ここまでひどい事する?くらいの残虐な犯罪が次々と登場。
    しかもそのどれも「ありそう」と思えるのが恐い。

    失業の末リストラに合わせた職場に盗みに入り放火、殺人。
    幼児虐待する妻と無関心な夫。
    宗教の観念によって死んだ父親を生きていると言い張る。
    ストーカ、DV・・・。

    どこでもありそうで、乃南アサさんが書くと面白い。

  • ミステリー作家と法律家のコラボというこの本。

    12の短編の後に、その作品で描かれた犯罪の法的解釈が付いているのですが・・・
    個人的にはいらないのでは?と思いました。
    逆に言うと、法律で説明できるように書かれているような気さえして・・・
    乃南アサさんは好きな作家さんの一人ですが、なんとなく物足りなさを感じました。

  • 新聞の三面記事によくある事件を、乃南さんのスパイスを加えたストーリーにして、弁護士の法解説が付くという贅沢な一冊。
    誰でもなる可能性がある裁判員制度。選ばれてから慌てるのではなく、この本で基本的なことは知っておこう。

全35件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

犯意 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

犯意 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする