最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)

  • 176人登録
  • 3.52評価
    • (8)
    • (28)
    • (38)
    • (2)
    • (1)
  • 34レビュー
著者 : 乃南アサ
  • 新潮社 (2015年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101425542

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色恋をめぐる狂気は、その女たちを少しずつ蝕み、少しずつ壊していった…。ある女は大阪に引っ越してまで愛人を追いかけ、またある女は親友の婚約者を欲しがる。職人の夫の浮気を疑った妻は夫の作る提灯に火を仕込み、OLは見る間に垢抜けた同僚への嫉妬に狂う…。サスペンス・ミステリーの名手による短編を、単行本未収録作品を加えて精選したベスト・オブ・ベスト第一弾!

  • 短編集。オチや話の流れが無理矢理だと感じる話もあったが、おおむね面白かった。「薬缶」が良かった。

  • 短編傑作集なのに濃い。普通の人とはなんと恐ろしいものかと繰り返し思わせといて、ホンワカする話を挟んでくる絶妙さ。楽しませていただきました。

  • 同じ短編集でも、乃南アサさんのは濃厚。
    読み応えがある。
    これは、過去の作品から恋愛ミステリーを集めた短編集。
    ほとんどの作品、読んでるはずなのに
    「はなの便り」を読んで、初めて
    あ!これ、読んだことある!!と気づく。
    これは、特に印象に残ってた。
    だって乃南アサさんだもの、いったい、この先に
    何が起きるのか!!!
    その結末のすごさったら。
    だから「はなの便り」なのだ。

    あとは、ほとんど覚えていなくて、あらたな印象で感動もらって読めたので
    すごく良かった。

    乃南アサ恋愛ミステリーは、視点が違うからね。
    え~~~!!!そ、そこいくんだ!!!って感じ。

  • 最初の話以外どれもすでに読んだことがあったのでそこは残念でした。
    ただ再読しても文章が読みやすくて展開もぞっとさせるものばかりなので数回読んでも楽しめると思います。人に薦めやすい小説だと思いました。

  • あらすじ(背表紙より)
    色恋をめぐる狂気は、その女たちを少しずつ蝕み、少しずつ壊していった…。ある女は大阪に引っ越してまで愛人を追いかけ、またある女は親友の婚約者を欲しがる。職人の夫の浮気を疑った妻は夫の作る提灯に火を仕込み、OLは見る間に垢抜けた同僚への嫉妬に狂う…。サスペンス・ミステリーの名手による短編を、単行本未収録作品を加えて精選したベスト・オブ・ベスト第一弾!

  • 大阪まで追いかける話が面白かった。
    洗面所に「元彼」のものが残っている件など、予想できてしまった展開だけど、最初のお寿司屋さんの件が最後への伏線になっていたとは。
    その他も殆どが面白かった。
    サスペンスの部分で読み疲れてしまいがちだけど、こういう短編集なら最後まで楽しめる。
    ーーー
    色恋をめぐる狂気は、その女たちを少しずつ蝕み、少しずつ壊していった……。ある女は大阪に引っ越してまで愛人を追いかけ、またある女は親友の婚約者を欲しがる。職人の夫の浮気を疑った妻は、夫の作る提灯に火を仕込み、OLは見る間に垢抜けた同僚への嫉妬に狂う……。サスペンス・ミステリーの名手による短編を、単行本未収録作品を加えて精選したベスト・オブ・ベスト第一弾!

  • 11編の短編集が収録。どの作品も、最後の最後でゾッとさせられる作品ばかり。しかし、なかにはゾッとではなく、ホッとさせられる作品も。さあ、どの作品か?
    この緩急が、短編ならではの乃南作品の味かと。

  • 久々に乃南アサさんの作品を読みました。
    短編集なので読みやすかったのですが、「青空」を除いては恋愛をテーマに結構コワイ内面が書かれています。
    嫉妬とか思い込みとか。

  • 平成28年11月16日読了

全34件中 1 - 10件を表示

乃南アサの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)の作品紹介

色恋をめぐる狂気は、その女たちを少しずつ蝕み、少しずつ壊していった……。ある女は大阪に引っ越してまで愛人を追いかけ、またある女は親友の婚約者を欲しがる。職人の夫の浮気を疑った妻は夫の作る提灯に火を仕込み、OLは見る間に垢抜けた同僚への嫉妬に狂う……。サスペンス・ミステリーの名手の短編を、単行本未収録作品を加えて精選したベスト・オブ・ベスト第一弾!

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)はこんな本です

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)のKindle版

最後の花束: 乃南アサ短編傑作選 (新潮文庫)のAudible版

ツイートする