イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)

  • 80人登録
  • 2.79評価
    • (0)
    • (3)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 新井素子
  • 新潮社 (2016年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101426051

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 凄い久しぶりの新井素子。
    表題作のイン・ザ・ヘブン、つつがなきよう、あけみちゃん、ゲームはかなり面白かった。

    ゲームは特に、神様終盤、「やかましいわ!」って好きなようにしちゃっても良かったのになぁ、と(笑)
    多分信じてる人たちに対しての配慮ってところもあったんだろうと思うけど、律儀と言うか何と言うか……ww

    頭を使って話を書くって言うのと、無意識が出してくる話って、何となく判る。

  • SF短編集。久しぶりの文体が懐かしい。口調とは裏腹に死と生にまつわる話が多くて考えさせられたし、短い文章で世界に飛べるのはさすがだなぁと思うけれど、やっぱり新井素子さんの本はどっぷり世界に浸れる長編が好きだなぁ。

  • 最近よく行く某大型書店にて、新刊として平積みされていたのが、目に留まり。
    学生の頃に何冊か読んだなぁ、と懐かしくなり、そのまま購入。
    読んでみてね、「ああ、そうそう、この文体! こういう感じだった!」と(笑)。
    何ともシュールな世界ですけど、嫌いじゃないです、こういう話。

  • 201606/バラエティにとんだ短編集。お馴染みの文体で長年このブレのなさ、だけど書かれるものがその時その時の素子さんが出てて。好み大きく別れる作家さんだけど、新井素子という独自ジャンルを築いた功績は大きいよなあ。願わくばもっと早いペースで新作が読めるといいのだが。

  • 何十年振りの、素子さま!
    高校から専門学校の頃にめっちゃはまりました。あの頃と変わらぬ文体に懐かしさが込み上げます!
    素子文体の星新一風ストーリー。
    楽しく読みました♪

全5件中 1 - 5件を表示

新井素子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)の作品紹介

「ねえ、史子ちゃん、天国って、あると思う?」八十過ぎ、余命数週間の今日子さんは、あたしより三十も年上のお友達。天国では「病気をしていても元気になって、なりたい年齢に若返る」というあたしに、「でも、小さい頃死んじゃった子供は大きくなりたいんじゃないかしら」と妙に理屈っぽい今日子さん。話すたびに、天国はどんどん込み入った事に……。短編10編とエッセイを収録。

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)はこんな本です

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)の単行本

イン・ザ・ヘブン (新潮文庫)のKindle版

ツイートする