リンダリンダラバーソール (新潮文庫)

  • 695人登録
  • 3.68評価
    • (72)
    • (65)
    • (149)
    • (6)
    • (2)
  • 77レビュー
著者 : 大槻ケンヂ
  • 新潮社 (2006年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101429274

リンダリンダラバーソール (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ところどころでクスクス笑わせ、最後で泣かせる。


     大槻ケンヂは昔から文章が巧いと思っていたが、
     この小説で彼の文才を確認。


     (どうみてもエッセイだと思うんだが、
     巻末の文庫版あとがきで「小説」としていたのでこう呼ぶ)



     欲をいえば、10代の頃に読みたかった。
     発行年を見る限り、それは不可能なことなのだけれども。


     バンドブームについて知りたい方におすすめ。

  • 90年代におけるバンドブームの真っ最中、の様子を振り返る、実録エッセイ的な部分とヒロイン「コマコ」が登場する小説パートが交錯する。
    当時のバンドブームがいかに急速に訪れ、様々なバンドが個性を打ち出すことに奮闘し、そして翻弄されていったのか。当たり前だけどただただリアル。他のバンドの様子と比べて行くとオーケンのスタイルが独特だったんだなあというのもよくわかる。

    芸能活動、創作活動に何らかの形で携わっている人は読んで損はないと思う

  • おもしろかった。エッセイのような小説のような。あの頃を過ごしたものにとっては懐かしさ満載、そして「へー、そうだったんだ!」というようなことも。
    「リンダリンダ」と「ラバーソール」あの頃の象徴、そしてコマコの象徴。

    コレクターズ武道館の前に読んだのもタイミングとしてよかった。バンドが生き残っていくことがいかに大変なことか。ふだん池24で冗談めかして語られていることの、もう少しタフでシビアな感じ。30周年の重みがあらためて感じられる。
    コレクターズは87年、筋少は88年デビューなのでほぼ同期というのも知らなかった。

    最終章とあとがきが熱くてちょっと感動。

  • 風呂本として。
    いろいろ興味深いエピソードがつづられている。
    あまり関係ないが奥田民生の章で描かれた井上陽水の話がおもしろい。

    コマコという女の子が、美甘子の原型として、そしてバンドブームが終わったあとの女性として現れるが、
    彼女はいつも子供のような存在で、かわいい。

  • 若い。
    勢いが凄い。
    いくつになっても若さと勢いは忘れたくないものです。

  • バンドブームの当事者が、それまでモテなかった大学生が一夜にして売れたら、熱狂的なファンに追いかけられたり街中で知らない人に声かけられたり、批評やビジネスの勧誘など、「心の許容量を越えた情報にもみくちゃにされる」のが辛かったと振り返る。

  • 著者は筋肉少女帯という奇妙なバンドのリーダーであった人。自伝的小説で、祭のようなバンドブームを振り返ったものである。
    洗練された文章ではないが、一つ一つの文がキラキラ光っている感じであった。
    以前、女学生に勧められて読んでいたのだが、再読してみて、青春時代の恥ずかしい部分や、不安な部分をさらけ出した名作ではなかろうかと改めて思った。
    最後、恋人だった人と再会する場面はジーンとくる。
    バブルの頃を知らない今の若者にも読んでほしい。
    「いつまでも青春!」

  • おもしろかった。ラバーソール。

  • バンドブームの狂騒を描いた自伝小説。軽快で読みやすい文章も良かった。身も蓋もない文庫本あとがきも面白い。

  • 大槻ケンヂさんのことはあまり知らなかったのですが、何か持ってる人の所にはなにかすごいことがたくさん起こるんだな、と思いました。破天荒過ぎる彼の今後にも期待です。

全77件中 1 - 10件を表示

大槻ケンヂの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

リンダリンダラバーソール (新潮文庫)に関連する談話室の質問

リンダリンダラバーソール (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

リンダリンダラバーソール (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

リンダリンダラバーソール (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする