神戸震災日記 (新潮文庫)

  • 68人登録
  • 3.19評価
    • (1)
    • (3)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 田中康夫
  • 新潮社 (1996年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101434087

神戸震災日記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • (2000.12.24読了)(2000.12.20購入)
    【目次】(「BOOK」データベースより)rakuten
    プロローグ ボランティアへ
    ボランティア日誌(1月20日~26日)
    女性記者のボランティア同行日記(1月27日~29日)
    四人への手紙
    ゲンチャリにまたがって
    エピローグ そして、KOBE

    (「BOOK」データベースより)amazon
    「何かしろ、何ができる?」―愛着ある街の悲報に接して、作家は現地に駆け付けた。バイクに跨がり、水、下着、化粧品などを直接手渡す。その中で見えてきたのは、マスコミや企業の偽善、被災者の心を汲みとれない知事や市長の体温の低さだった。その後もテント村や仮設住宅に通い続けて、何ひとつ震災前と変わらぬまま封印されてゆく現代日本の病巣までを焙り出した渾身のレポート。

  • 高校のOBと言うことで前々からきになっていた作家。(というか、政治家?)高校時代の英語の恩師が言うように語感になんとも言い難いものがあった。悪い意味ではなく、純粋な作家ではないのかなぁ、と感じた。

    復興と聞くと初めに思い当たるのがライフラインや交通の復旧なのはマスコミの操作なんだろうと気付かされた。それらは生活を便利にするものであって、生きていくために本当に必要なものではない。そして、本当に必要なものはモノではなくてコミュニティであったり、仕事であったり、ささやかな喜びとか幸せを感じれる瞬間だったりといった直接は手に入らないものなのだというのは事実なんだろうな、と。
    個人じゃなんにもできないと決めつけて見てみぬふりをしてきた自分を見つける機会となった。個人でも出来ること、個人にしか出来ないことを見つけられたのはとりあえずやってみる精神だったのだからその精神を見習いたい。いや、見習う。

  • 東北の震災を受けてこの本と出会ったのは運命というべきだろう。阪神大震災から16年を経ての東北の震災で、何が変わったのか。未だに自然を凌駕出来るとの考えのもとに対策がなされていたのではないか。ニュースなどを見ると、そう思わされるのだ。遠く海外にいる身だからこそ、自分に何が出来るのか、との想いは大きい。

  • 4101434085 244p 1997・1・1 

  • 作家のイメージと政治家としてのイメージが混ざり合った。なかなか読み応えあり。
    日記は良いが、手紙は少し感情過多。

  • ニッチを埋める行政のケアは、災害時に限らない課題…。
    知識ばかり優先する教育のあり方、そこで成功したエリート層など、批判の矛先をそこに向けたい気持ちも、そうした人がいるのだろうという事実もなんとなく察することはできるけれど、それはごく一部の人にすぎない、むしろ筆者がステレオタイプを持っているのでは?とも思えた。

    政治においてもボランティアにおいても、自分が嬉しいことは相手も嬉しいはず、と思い込むのではだめだし、徐々に変化するニーズをヒアリングしていく試みは大切、というのもわかる。
    どうしたら、そういったことが出来るようになるのか。課題は多い。
    だが、諦めずに力になれることを探したいと改めて思った。

全7件中 1 - 7件を表示

神戸震災日記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神戸震災日記 (新潮文庫)の作品紹介

「何かしろ、何ができる?」-愛着ある街の悲報に接して、作家は現地に駆け付けた。バイクに跨がり、水、下着、化粧品などを直接手渡す。その中で見えてきたのは、マスコミや企業の偽善、被災者の心を汲みとれない知事や市長の体温の低さだった。その後もテント村や仮設住宅に通い続けて、何ひとつ震災前と変わらぬまま封印されてゆく現代日本の病巣までを焙り出した渾身のレポート。

神戸震災日記 (新潮文庫)のKindle版

神戸震災日記 (新潮文庫)の単行本

ツイートする