夕方らせん (新潮文庫)

  • 573人登録
  • 3.35評価
    • (42)
    • (56)
    • (200)
    • (15)
    • (6)
  • 69レビュー
著者 : 銀色夏生
  • 新潮社 (2001年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101434223

夕方らせん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 16の物語がつまった短編集。

    不思議なお話、ぞっとする話、きれいなお話・・・といろいろ楽しめる短編集でした。

    「夕方らせんに住む人々」が一番好きです。
    銀色さんの物語は静かな気持ちにさせてくれます。

  • 著者が詩集を出しブームになった頃、私はチラっと立ち読みしたけど手を出してはいけない世界だと思った。「ポエム」なんていらん。ペンネーム、「ぼく」という一人称、いちいち少女趣味。あーイヤだ、イヤだ。嫌悪。だからあの頃から一切読んでいなかった。
    そして月日は20年以上。私も変わっちまった。恥ずかしさに耐えられない時私は「僕」と書くようになった。そして著者の本を手に取った。さすがに詩集は気が引けたので短編小説。
    私が妄想する話と根底が同じような気がした。わたしに会った様な気がした。

  • 小学生の頃親戚がくれた段ボールいっぱいの本の中に銀色夏生さんの詩集が入っててかなり影響を受けたものの、時と共に忘れていってウン十年ぶりに手にしたのがこの本でした。

    詩的でゆったりとしたお話がたくさん。
    特に「若草のつむじ」が大好きで、それだけ何度か読み返しました。全然悲しい話じゃないのにツンとくるくらい。
    生き方のヒントさえもらった気がします。

    またすぐ他の作品も読んでみるつもりです。

  • エッセイの多い銀色さんの短編集。
    普通、短編集って幾つかはいまいちかなと思うのがありますが、これは全部好き。
    とくに「天使でなく」と「若草のつむじ」が良いなあと思います。

  • 小説と詩集の中間のような短編集。やわらかくて無味無臭のものを食べた気分。水ゼリーってこんな感じかな。
    「若草のつむじ」が好きかも。

  • 微睡みの中にいるような雰囲気の。

  • 不思議な世界観。「ミタカくんと私」が好きなので手に取ってみた。たとえていうなら、銀色夏生さんの作品は午後の陽だまりのような雰囲気を持っていると思う。ぽかぽかとして、安心する。心の癒しになる文体だ。

  • 銀色夏生さんの本は初めて読みました。
    独特の世界観があって、好きな人は好きなんだろうな。
    短編がたくさん詰まっていて、詩集のような、不思議な話しが多いです。『ハーバービュー』と『若草のつむじ』が好きでした。



    森をぬけたところで
    道はいくつもに分かれた

    いつもこうだ
    いつも目の前には
    いくつもの分かれ道がある

    僕は君の手をつかみ
    どれを選んでも同じだねと言う
    君は小さくうなずいて
    道は関係ないよねと言う

  • とっても大事に書かれたんだなって伝わる一冊。読むと夕方らせんから帰ってこれなくなります。まあそれでもいいかなぁ。夏生さんの小説全部読んでみようと思いました。

  • 全話を通した透明感のようなものは読んでいて心地いいです。

    ねちっこくない淡々とした文体は読みやすく、読み終わるとスッキリするような気持ちにさせてくれました。
    気を張らないで読めました。

全69件中 1 - 10件を表示

銀色夏生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梨木 香歩
吉本 ばなな
よしもと ばなな
江國 香織
森 絵都
有効な右矢印 無効な右矢印

夕方らせん (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夕方らせん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夕方らせん (新潮文庫)のKindle版

夕方らせん (新潮文庫)の単行本

ツイートする