無辺世界 (新潮文庫)

  • 184人登録
  • 3.28評価
    • (10)
    • (16)
    • (64)
    • (7)
    • (1)
  • 17レビュー
著者 : 銀色夏生
  • 新潮社 (2006年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101434247

無辺世界 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 癒されます。

  • ケチャップが胸のところに
    が面白くて好き(笑)

  • 20年も前に出された作品の文庫化なのですね。銀色ワールド満開!という感じ。きれいでふわふわとした感じの詩たち。イラストには何だか昭和的?な匂いを感じます。つれづれシリーズは現実の生活感に溢れてますが、詩は何だか対極にある感じ。詩集だけ読んだら、この人は一体何を食べて生きてるんだろうという位、現実感がないです。ま、そういうミステリアスな雰囲気もいいのかな…。

  • 幻想的な魅力惜しみなく。

  • 《所持》

  • 銀色夏生の世界。

  • なんだか不思議な世界だった。

  • 08.07.17

  • 詩とか短編とか

  • 昔出た本の文庫化。この方の作品は膨大で、まだまだ追いつかんなぁ・・、と思う今日この頃。まだまだ読み込みが必要。私には一読では理解しきれない部分がありました・・。(2007.10.29)

全17件中 1 - 10件を表示

銀色夏生の作品

無辺世界 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

無辺世界 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無辺世界 (新潮文庫)の単行本

ツイートする