水無月の墓 (新潮文庫)

  • 216人登録
  • 3.29評価
    • (8)
    • (18)
    • (68)
    • (5)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 小池真理子
  • 新潮社 (1999年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101440132

水無月の墓 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ホラーなんだけど、ビビるほど怖くはない。
    むしろ暗いというか、哀れな感じ?
    背景を想像した時に、なんか古いというか埃臭さを感じる。
    ホラー短編の場合、哀しい余韻を引くのが好みなんだけど
    この古いというのを、懐かしいと捉えられるかどうか・・・
    話の途中でオチがわかっても、尚も引っ張ってくれて、
    あぁ~そうなのかぁ~と思わせて欲しかったりする。
    それでも「かみかくし」「流山寺」は予想外だったり、
    普段よく聞く話を逆手に取った感じで面白かったし
    「私の居る場所」・・・こういうのが一番怖いです。

  • 推理小説短編8話。

    ぼんやり
    神かくし
    夜顔
    流山寺
    深雪
    私の居る場所
    水無月の墓

    なぜか暗い。
    時代なのだろうか。
    新人類の旗手の一人であるはずなのに。
    明るくないのは嬉しくない。

    「私の居る場所」のように、なにかもやもやとしたものが残る。
    「カミュ」のように暗いのと同じ文脈なのかと感じる。
    そういう時代だったのだろう。
    とすると、旧人類なのかもしれない。

    ps.
    夜顔は傑作集で既読だった。

  • 小池真理子のホラーは怖い!

    個人的には精神に衝撃が走るホラー作品だと思います。短編集ですがどれもゆっくりとした雰囲気の中に潜む恐ろしさと切なさ、そしてそれを生み出す悲しみ。
    古い映画を見ているような、懐古しているかのような、自分が不思議なまどろみの中にいるような、そんな感情を抱かせる素敵な作品です。
    帯に「妖しくも美しき幻想の扉」とありますが、本当に的を得た表現だなと思います。


  • ぼんやり
    神かくし
    夜顔
    流山寺
    深雪
    私の居る場所
    水無月の墓

  • 不思議な力で思った人を閉じ込める「神かくし」、亡くなった夫が帰ってくる「流山寺」が特に面白かった。

  • 再読。
    編まれた傾向からして、すべての行き着く先が分かっているのだけど、読み進めてしまう筆力はさすが。

  • 何気なく積読の中から手にとって読み始めたけど、とっても面白かった。
    短編なのに上手くまとまってて、それなのに描写がうまいからゾクゾク感がする。
    読んでてだんだん心臓がドキドキバクバクしてきたー。

    どの短編も静けさと漂ってくる怖さがあって良かったけど、
    一番好きなのは『夜顔』
    現実とあの世の狭間を行き交う感じが好き。

    とってもぞくっとさせられた本でした。

  • 初めて小池さんの著作を読みましたが、綺麗な文体で独特の世界が表現されていました。短編じゃない小説も読んでみようと思います。

  • 読んだあとなんともいえない感情が残り、後味がよくない不気味な話が多かったです。神隠しは、初読なのになぜか読んだことがあるような感じがしました。

  • ぞっとするような怖さもなく、物足りない感じだったかな。

全27件中 1 - 10件を表示

小池真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

水無月の墓 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

水無月の墓 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

水無月の墓 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

水無月の墓 (新潮文庫)のKindle版

水無月の墓 (新潮文庫)の単行本

水無月の墓 (新潮文庫)の単行本

ツイートする