浪漫的恋愛 (新潮文庫)

  • 178人登録
  • 3.51評価
    • (14)
    • (18)
    • (50)
    • (3)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 小池真理子
  • 新潮社 (2003年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (505ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101440170

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

浪漫的恋愛 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり重い小池さん。連続して何冊も読めないなあ。月に1冊かな。それにしても、会った瞬間に同時に相手に恋をするとは!なんて確率だろうか。日本だけでも1億人以上の人が生きているので、そんな幸せな出会いもどこかにあるんだろが。この作品の場合幸せと言えるのかは本人しだい。ラストは失楽園のように単純じゃなく、現実的だったのがgood。

  • 時代による倫ならぬ恋愛の結末の相違が面白い。月の魔物、母の幻想から逃れて、生きることを選んだ千津は潔くて格好いい。

    恋は魔物。いくつになっても結婚してようが子供がいようが恋は落ちるもの。落ちたら最後後戻りできない情熱的な狂気の世界が待っている。でも理性的な大人の恋の結末を迎えなさいと、小池真理子は言っているのかな?

    前半はまどろっこしいが、作中作の「月狂ひ」が幻想的で小説のスパイスとなっており、後半は千津の心の揺らぎが手に取るように分かって面白かった。

  • 主人公、千津の恋。千津の母の恋。作中作の中の恋愛。
    …全て既婚者の恋愛です。故に少しくどく、メインの千津の恋愛が割と淡々と描写されている事もあり、途中飽きてきたりもしました。作中作は少し異色ですが、一番雰囲気があります。雰囲気といえば、旧題の『月狂ひ』のままの方がが良かったかも。

    作中の以下の文章、

    「生涯にたった一人だけの異性を愛し、結婚して、その異性しか見ないで死んでいくことがあり得ますか?(中略)それはかえって不純なことですね。」
    小池さんはこれを日本の女性に伝えたくて、たくさん既婚者の恋愛小説を書き続けているのかな?という気がします。  【2009年4月6日】

  • 02.04.09読了。片岡千津は葛城瑞穂の”月狂ひ”を編集中のアンソロジーに載せるために継承者を探す、継承者は葛城瑞穂の息子、倉田シュウ介。契約を交わすために千尋とシュウスケはシュウスケの建設事務所で初めて会ったときから二人は惹かれあう。禁断の恋に落ち自殺していまう母親と”月狂ひ”とをリンクする千津。母のようには絶対ならないように生きてきた千津。

  •  作中小説の世界をなぞるかのように、狂気にも似た恋へと誘われていく男女の、静謐なる激情の物語。

  • 小池真理子の小説を読んでいると粘度の高い生暖かい水の中に沈み込んでいるような気がしてくる。回りの音が何も聞こえなくてほのかな幸福感に満ちた孤独な暗闇にいるような そんな気がしてくる。そして 息が出来なくなる。互いに家庭を持つ40代半ばの男と女の狂おしいほどの恋。同じように許されない恋に堕ちた結果自らの命を絶った母の物語と、作中小説の『月狂い』と3つの恋が絡み合い美しく静かな官能へと沈み込んでいく。許されない恋の行く末には何が待っているのか。死 か 別れ か月には狂気が隠れているのかもしれない文庫化にあたり改題されているのだけれど 私は元の『月狂い』の方がぴったりくると思う。浪漫的恋愛 には 苦しみが見えない

  • このお話は、月がどのように女の人の体や恋愛に 影響を及ぼしていくのか…という、退廃的な浪漫を題材にした、素敵なお話です。
    もともとは、月狂いという題名だったそう。
    満月の月の光を浴びた男女がたどる、せつない恋のお話。
    小池真理子さんの書く恋愛は、色々な揺らぎがすごくよく表現されていて、うなってしまいます。

  • 小池作品を読んだ事がない人には「なんじゃこれ?」的な作品ではないかと…。40代の激しい恋愛を「月狂い」という小説内小説に絡めて淡々と綴った作品。06.05.25

  • このお話は、月がどのように女の人の体や恋愛に 影響を及ぼしていくのか…という、退廃的な浪漫を題材にした、素敵なお話です。
    もともとは、月狂いという題名だったそう。
    満月の月の光を浴びた男女がたどる、せつない恋のお話。
    小池真理子さんの書く恋愛は、色々な揺らぎがすごくよく表現されていて、うなってしまいます。

  • こんなに激しい恋愛は出来そうもないよ…。けど、考えさせられる。

全28件中 1 - 10件を表示

浪漫的恋愛 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

浪漫的恋愛 (新潮文庫)はこんな本です

浪漫的恋愛 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする