female(フィーメイル) (新潮文庫)

  • 380人登録
  • 2.98評価
    • (6)
    • (19)
    • (156)
    • (21)
    • (7)
  • 53レビュー
  • 新潮社 (2004年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101440194

female(フィーメイル) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔、雑誌で紹介されててそれ以来気になっていた本。
    5人の女流作家の短編集。
    官能小説・・・とはちょっと思えなかったかな。
    唯川恵の物語に出てきた香炉、ちょっと使いたいと思った。
    姫野カオルコの「桃」はなんか深いと思った。あたしもきっと桃を食べてしまうでしょう。
    乃南アサの奈月のお母さんは「女」の匂いがプンプンした。ずるいね。
    すっごいオススメなわけじゃないけど、この人たちを知るのに読んでみるのもありな作品。

  • いいのから普通のまで。
    って幅の広い感じでした。

    姫野カオルコの「桃」はかなり良かった。

    描き始めからグッときた。
    もどかしい。
    はやく続きを。
    はやく読みたい。
    はやく脱がせてしまって。
    はやくかじってしまいたい。
    皮をむいたら。
    手が汚れた。

    桃ってきっとおんなのひとには特別なんだ。
    って思った。
    そんで、少し安心した。

  • 女性用のちょっとソフトな官能小説て感じでしょうか
    電車の中で読んでて、そんなページになったら隣の人に見られへんように少しページを閉じ気味にしてしまいました

    若い頃のセックスってこんな感じやったっけ?って記憶の糸を辿ったけれど、記憶の糸すら途中で切れていました。

  •  5人の女性作家が書いた5篇の官能小説、女性好みの官能小説を有名どころの作家さんが描くとこうなる。

  •  小池真理子、唯川恵、姫野カオルコらによる「女」を題材にしたオムニバス短編作品。◆「僕が受験に成功したわけ」の男子小学生のおどおど・どきどき感はよくわかる。そこには、少年の屈折した女性への関心があり、初心であるがゆえにうまく対応できないのだ。そのあたりをうまく描写しているように思う。

  • う~ん・・・。
    映像で観たらいいのかなぁ??
    官能さもあまり感じられず。

  • 室井佑月さん、 姫野カオルコさん、 乃南アサさんの文章を初めて読んだ一冊です。で、この後、彼女たちの本を手にするかは、私のテイストとしては・・・ちょっと考えるかな。

  • 思っていたよりさらっと読めました。こういったテーマの作品は難しいなあと思いました。

  • #bookoff

  •  確か映画もありましたが、本も出てるんですねえ。なんだか、男の私には分かりにくい世界がそこにあります。

全53件中 1 - 10件を表示

小池真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
小池 真理子
有効な右矢印 無効な右矢印

female(フィーメイル) (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

female(フィーメイル) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

female(フィーメイル) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする