楽毅〈1〉 (新潮文庫)

  • 834人登録
  • 4.00評価
    • (144)
    • (99)
    • (137)
    • (3)
    • (0)
  • 81レビュー
著者 : 宮城谷昌光
  • 新潮社 (2002年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101444277

楽毅〈1〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中国の楽毅という武将のお話。男らしく賢く生きるエッセンスみたいなものを感じる作品。楽毅の言葉がカッコイイ。

  • 諸葛亮孔明をして、軍略の天才と言わしめた中国春秋戦国時代の名将・楽毅の生涯を描いた大作。1巻から4巻まであるが、若者としての楽毅が苦境を乗り越えて中国史に残る偉業を達成するまでの過程が、個人としての成長とリンクして非常に清々しい。

    戦国時代、趙や斉、魏といった大国に囲まれた中山という小国の宰相の子として生まれた楽毅は若くして斉の首都に留学し、孫子の兵法を学ぶ。だがそれ以上に彼にとって財産となったのは、戦国四君にも数えられる当代一の英雄・孟嘗君との交流であった。

    大望を胸に抱きながらも主君に恵まれず、隣国趙の侵攻から太子を守りながら奮闘する若き楽毅の姿に、ページを捲るのももどかしいほどに感情移入した。それとなく処世術とも言うべきエッセンスが加えられており、とくに若い人にとって読んでもらいたい内容である。

  • 楽毅は趙、斉、燕に囲まれた中山の宰相の子として生まれる。敵国斉に身分を隠して留学、見聞を広める。3年後自国に戻り攻めてくる趙と戦う。中山が生き残るには斉との国交を復活させるしかない?!

    宮城谷氏の作品は、序盤の説明が長いものが多いように感じていたが、これはさらっと始まり、その後のテンポもいい。宮城谷入門書としてオススメの一冊。

  • 祖国中山国を趙国との争いにより追われるも、燕国で仕え連合軍の指揮官となり秦国や斉国と奮戦。中国史のなかでも最も尊敬する人物。

  • どんなに頑張っても、上の人に恵まれなければ
    本当の安心は得られないのだなと思いながらも、こういう状況で逆境だからこそ、信念がしっかりとあって向かっていくのかもしれないと、真面目に考えつつも、文章がしっかり読ませてくれるのでそちらを大いに楽しませてもらいました。

  • 中国の歴史は古い。そして、重厚な文化。今の中国には無い良さを感じる事ができる。仁や義という文字は中国から入ってきたもの。既に中国は失ってしまったけど、それにはそれで理由があるのだろう。
    非常に読んでいて印象的なのは、楽毅の人柄だ。信義にあつく、人よりもちょっとだけ遠くを見ている気がする。自分もしっかりと生きたいものだ。

    「孫氏は必勝の法をさずけてはくれているのだが、楽毅はむしろ、その法にこだわると負けるのではないか、と思った。兵法とは戦いの原則にすぎない。が、実践はその原則の下にあるわけではなく、上において展開される。」
    「目配りは自分にも行わなければならない。」

  • 高校時代だろうか「孫子の兵法」を読んだ事がある。殆ど内容は覚えていないのだが、なんとなく想像していた「寡兵をもって大軍を征する」的な戦術論ではなく、至極あたり前といえる「味方が敵より少なければ戦うな」とか「相手が攻めて来ようと思はないほどの強兵を養うのが上将軍」といった記述が多かった。
    ところが将軍・楽毅は常に敵より少ない兵力で、強敵を打ち破る戦いをしており、ある意味で義経を見るような気がする。最後の斉都侵略はいわゆる「中入り」戦術の最たるもので、寡兵をもって敵の本拠を一気に急襲し、これを落としてしまう(もちろんその前に戦略=外交戦を十分やっているのだが)。
    しかし、この外交戦はわかりにくいですね。とにかく各国が節操無く連合したり、敵対したり。著者のせいではないのですが、昨日の敵は今日の友。ぐちゃぐちゃです。関連する人の名前も多く、私みたいな速読派には向いていない。戦術的シーンはなかなか面白いのですが

  • 楽毅という人物は、この作品に出合うまでは全く知らず。そして、中山国という国も知らず。
    楽毅の今後の活躍が楽しみである。

  • 愚昧なる君主の中山国。聡明なる太子に仕へし楽毅は中山国宰相の嫡男にして、孫臏の孫弟子にあたる。斉に留学中、孟嘗君に知己を得るが如く、ありがたき逸材なり。第一巻は趙の武霊王との戦ひに終始したるが、孫臏の孫弟子は若輩ながら、戦上手たり。弱小国の負けざる戦法は、弱小会社の生き残り策を練る我が身に有用たり。第二巻に続く。

  • 漫画キングダムから派生して、一世代前の大将軍楽穀の物語を堪能できました。

    1巻では武霊王の故服騎射がよく分かります。

全81件中 1 - 10件を表示

宮城谷昌光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮城谷 昌光
有効な右矢印 無効な右矢印

楽毅〈1〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

楽毅〈1〉 (新潮文庫)に関連するまとめ

楽毅〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

楽毅〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楽毅〈1〉 (新潮文庫)のKindle版

楽毅〈1〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする