楽毅〈2〉 (新潮文庫)

  • 576人登録
  • 3.95評価
    • (89)
    • (70)
    • (95)
    • (3)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 宮城谷昌光
  • 新潮社 (2002年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101444284

楽毅〈2〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「楽毅」の2冊目。
    楽毅の中山国は、大国に囲まれた小国だが、趙に攻められて、国土の大半を失ってしまった。

    今後の展開が楽しみである。

  • 中山国没落に幾多の要因あれど、内憂外患に瀕するとき、太子・忠臣の謀殺が一大事と思ひつる亡国の王のゐつづけたるが故なり。準備万端たる趙の武霊王に勝つ見込みは、千に一つもなし。楽毅の昔陽攻略に見所はあれど、哀しき敗戦国の将に哀愁あり。時同じくして、燕に父の奸臣を憎みたる昭王あり。郭隗に諫められしも、義心高じ内乱をなむ起こしける。斉は燕の乱れに乗じ、燕は敗れにけり。先王の恥を雪ぐに、王必ず士を致さんと欲せば、「先従隗始」の言あり。「さすれば、隗より賢き者、千里を遠しとせず」。第三巻に賢者は遠方より来たるか。

  • 漫画キングダムから派生して、一世代前の大将軍楽穀の物語を堪能できました。

    2巻では孫子の兵法がよくでてきます。
    ・人を致して人を致されず。
    ・善く攻める者は、敵、その守る所を知らず、善く守る者は、敵、その攻める所を知らず。

    あと楽穀の名言たち。
    「公子、勇気を持たれることです。勇気とは、人より半歩すすみでることです。人生でも戦場でも、その差が大きいのです。」
    「なにかを信じつづけることはむずかしい。それより、信じつづけたことをやめるほうが、さらにむずかしい。」

  • 中山国滅亡の危機、楽毅の孤軍奮戦。
    第2巻はずっと戦争をしていた印象が強い。

  • 楽毅は中山国のために、知略の限りを用いて趙と闘う。
    しかし、国王が欲望にまみれたとき国は滅んでしまう。

    熱い男たちすぎる。

  • 楽毅は中山(ちゅうざん)の使者として趙へ赴くこととなった。上手く運ばないことはわかっていた。それどころか自分が殺される可能性もあった。楽毅は祖国のために立ち上がった。
    http://sessendo.blogspot.jp/2014/06/blog-post_19.html

  • 時代背景が分かっていた方が読みやすいのですが、それは同時に結末を知ってしまうということですので、読むほどに切ないです。
    七雄に入らない小国の中山が滅びるのは、いくら楽毅が優れていようと上に立つ人がこれでは仕方ないかも……。

  • 感想は第1巻にまとめて

  • 孫子とクラウセヴィッツ(1780-1831)を比較したり共通点を指摘する論考は、政治学や国際関係論の分野ではもはやめずらしくもないが、本書の以下の部分に接して、両者の類似を改めて感じた。

       外交の才は、平和時に必要とされる場合が多いので、甘くぬるいものにおもわれがちであるが、戦時や軍事の才となんらかわりなく、大局をつかみ臨機応変でなければならない。外交の場裡も、戦争の場裡とかわらぬ生死のかかったきびしさにある。(pp. 109-110)

    これは、クラウセヴィッツの有名な格言的原則から発する思想だと考えられる。すなわち、

       戦争とは他の手段によって継続された政治である。(クラウセヴィッツ)

    さらにちなみに(これは自分の忘備のために記録しておくものだが)、このクラウセヴィッツの言はフーコーによって弄ばれてよみがえり、いまも輝き続けている。すなわち、

       政治とは他の手段によって継続された戦争である。(『社会は防衛しなければならない』(冒頭)、『知への意志 性の歴史1』(p. 121))

    ひょっとしたら、孫子はフーコーを理解できたかもしれない。いやそれどころか、自らの幽玄なる戦争論を平時の政治学にもあてはめてみれば、孫子がフーコーにだってなれたかもしれない。などと空想(妄想?)すると止まらないのだが、改めて中国の今のありようは歴史の偶然に他ならないと思い知る。豊かで深邃な思想をつぎつぎと生んだ春秋戦国時代だったが、社会制度の形成に寄与したという点で、生き残ったのは儒教一者に過ぎない。この学問の土壌となった戦乱の時代が、もう少しながく続いてほしかった。

    それにしても、できない上司を持つ苦労は、いつの時代も変わらない。中山王の魯鈍さと度重なる嫌がらせに、楽毅の忠誠心がどんどん下がっていくのが、会社員なら手に取るようによく分かる。むしろ楽毅は耐えていて立派だと思った。

  • いかにして先をよみ、それに手をうつか。
    人生の指針をさり気なくはさんだ、大河小説本領発揮。
    うーん、おっさん好みで日経なんちゃらに出てきそう。

    だんだん話は煮詰まり、いいかんじに面白くなってきた。
    が、話の中は平仮名が多いのだが、人の名前が覚え辛いっす。

全28件中 1 - 10件を表示

宮城谷昌光の作品

楽毅〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

楽毅〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

楽毅〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楽毅〈2〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

楽毅〈2〉 (新潮文庫)の単行本

楽毅〈2〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする