香乱記〈1〉 (新潮文庫)

  • 407人登録
  • 3.55評価
    • (31)
    • (45)
    • (96)
    • (5)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 宮城谷昌光
  • 新潮社 (2006年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101444314

香乱記〈1〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    悪逆苛烈な始皇帝の圧政下、天下第一の人相見である許負は、斉王の末裔、田氏三兄弟を観て、いずれも王となると予言。末弟の田横には、七星を捜しあてよという言葉を残す。秦の中央集権下では、王は存在しえない。始皇帝の身に何かが起こるのか。田横は、県令と郡監の罠を逃れ、始皇帝の太子・扶蘇より厚遇を得るのだが…。楚漢戦争を新たな視点で描く歴史巨編、疾風怒涛の第一巻。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・中国史・歴史小説


    ++++1

  •  これは秦から漢への過渡期に斉王となった田横の物語。田氏というのが斉の王族でありその傍流やら係累やらで田?だの田栄だのやたら田ナントカばかり登場して混乱する。しかも同族の味方ばかりではなく敵対する悪者も田氏だったりするのでよけいややこしい。それはともかく、この著者の選んだ主人公なので人間的に魅力があり、周囲の信望も厚く、楚漢戦争の狭間で亡国の危機の折とはいえ予言者の言葉通り曲がりなりにも王位につくのだから、波乱万丈の歴史人物伝としてはよくできている。ただし時代が秦の始皇帝の終末の乱世での秦軍と陳勝呉広の蜂起軍との戦いから引き続く項羽と劉邦の覇権争いという大きな歴史の転換点であり、その流れが大きすぎていかな名将田横とはいえ片隅のエピソードのひとつくらいにしか見えないのが惜しいところ。田氏の思想には老子の影響が色濃く表れ、各所に名言が引用・吐露されているのも魅力。「玉のような生きかたをすると、わずかな瑕にもおびえねばならない。石のようにごろごろと生きるのがよい」、まるで荘子を思わせる。

  • 時は秦王朝。太公望の斉国は田一族に簒奪され、その田氏の湣王も燕の楽毅軍に滅せられ、生き延びし者の末裔が狄の田氏三兄弟の祖父なり。三兄弟は棟梁の田儋、従兄の田栄・田横兄弟たり。三兄弟はいずれも王になるとの予言ありしも、命を狙はれ、田横は王にはなれず、秦の太子・扶蘇が王女・蘭の護衛兵になりにけり。田横は未だ主役に当たらず、時代の主役たる始皇帝・嬴政は客死せり。宦官・趙高と丞相・李斯、始皇帝が末子・胡亥の腐敗臭漂う密約は司馬遼太郎の『項羽と劉邦』に似て、玄徳多き田横と対極にあり。徳と腐敗臭は中国史に不可欠なり。

  • 1巻の最後で始皇帝が没して、いよいよ動き始める。

  • 楚漢戦争の話だと聞いていましたが、一巻では項羽も劉邦も出ず。斉の王族の末裔・田横を中心とした物語。これはこれで面白いです。続いて二巻へ。

  • 占いは未来への展望である。「未(いま)だ来たらざる」時間を、「将(まさ)に来たる」時間に引き込む営みなのだ。そして占いは「使うもの」であって「縛られるもの」ではない。許氏はそう語ったのだろう。
    http://sessendo.blogspot.jp/2016/01/blog-post.html

  • 秦の始皇帝の時代。秦の悪政下において各地で反乱の火ぶたが切られていき、楚漢戦争が勃発、帝国秦が終焉していくまでの話。各国の将軍たちが登場するなか、主人公は斉の田横。前半は田横の様子がよく描かれていたが、後半は楚の項羽と劉邦や秦の章邯が多く登場し、田横の話というより猛将たちの話という感じだった。立場は違えどどの人物も志高く、熱いなと感じた。

  • この時代の主役は田氏を入れた三人だったのね。いや〜面白い!
    また、 司馬遼太郎の「項羽と劉邦」とは違う劉邦のとらえ方でイイね。
    タイムマシンでどっちが近いか見てみたい!と思うのは私だけでしょうか?
    ま、そこが歴史物の良い点かもね…

  • 終わり頃になって急に面白くなった。

  • 楚漢戦争を斉の国を通して見る宮城谷氏らしい作品。
    主役は斉王の末裔・田横。

全45件中 1 - 10件を表示

宮城谷昌光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮城谷 昌光
有効な右矢印 無効な右矢印

香乱記〈1〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

香乱記〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

香乱記〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

香乱記〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

香乱記〈1〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

香乱記〈1〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする