香乱記〈4〉 (新潮文庫)

  • 307人登録
  • 3.62評価
    • (29)
    • (26)
    • (63)
    • (5)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 宮城谷昌光
  • 新潮社 (2006年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101444345

香乱記〈4〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 楚漢戦争は劉季の勝利にて畢んぬ。項羽は弑す而已、劉季は騙す而已。田横はその劉季及び韓信、酈食其の幻惑に騙され、斉王・田広、華無傷、田解、許章、田光を失ふ。劉邦が命「漢に抗せし罪を赦す故、都に上るべし」に抗ひ、自刎したるは、野盗上がりの劉季に対し、王族が矜持を見せつけたるが如し。徳を積みたる王が詐謀を続けし野盗に屈するは、理屈通りに行かざる中国史たる所以なるが、斉国に太公望、桓公、管仲・鮑叔師弟、晏弱・晏嬰父子、孟嘗君・田文、田横と輝ける星の天に満つるはあらまほしきことかな。

  • 劉邦が横山光輝版「項羽と劉邦」のときとだいぶ違って悪いイメージ。結局最後まで登場人物(特に田○)の名前がいまいち把握できず。

  • 文庫全四冊の最終巻。楚と漢の二大勢力のぶつかり合いに、中国全土が巻き込まれていく。それを斉の田横が見るという形が、今までに無い楚漢戦争の姿を描く。素晴らしかったです。

  • 戦争はビジネスではない。殺し合いだ。最前線の情報は報告を通して情報量が限定される。一を見て十を知る洞察力が将軍に求められるのは当然である。孫子は戦争の奥深さを知り抜いていたのだろう。作戦は飽くまでも机上のものだ。
    http://sessendo.blogspot.jp/2016/01/blog-post_61.html

  • 秦の始皇帝の時代。秦の悪政下において各地で反乱の火ぶたが切られていき、楚漢戦争が勃発、帝国秦が終焉していくまでの話。各国の将軍たちが登場するなか、主人公は斉の田横。前半は田横の様子がよく描かれていたが、後半は楚の項羽と劉邦や秦の章邯が多く登場し、田横の話というより猛将たちの話という感じだった。立場は違えどどの人物も志高く、熱いなと感じた。

  • 途中から一気に進みました。3巻あたりで挫折しそうでしたが、最後は感涙ものでした。

  • 410144434x 308p 2006・5・1

  • 田横の生涯は宮城谷氏の作品らしい清々しい人物像で描かれているのが、相変わらず読了後の気持ちがいい。
    それに反して、項羽は戦は強いが為政者としては最低、劉邦は人を欺くことを繰り返す不実な人物像。
    いままではこのふたりの視点で見ていた楚漢戦争も、田横の視点から見るとまったく違う歴史が見えてくる作品。

  • ああ

    悲劇なるかな


    しかし、劉邦ほどつかみ所のない人も少ないのぇ

  • 漢にも楚にも属さなかった斉。韓信という人物の真の姿はこのような感じだったのかと思いました。田横の選択と彼を慕う人々の選択。項羽と劉邦という巨大な人物で見えませんでしたが、本書で田横という人物に出会えて本当によかったです。

  • ★2010年46冊目読了『香乱記<4>』宮城谷昌光著 評価B+
    無用の殺戮で、無実の民を殺す項羽と陰謀と変化で各地の群雄を手中に収める劉邦の楚漢戦争は、中国の国土荒廃を招く。その中で、唯一清廉で真っ直ぐな生き方を貫く田横。斉の相国として、短い安寧の時期を送るが、結局、漢の高祖となる劉邦の計略に敗れ、田氏の斉は滅ぶこととなるが、田横は漢に従うことを最後まで良しとせず、潔く自決する道を選ぶ。
    これまでの項羽を悪者、劉邦を良く描く正史の解釈をとらず、両者とも汚辱にまみれた侵略者または征服者として、対極に立つ善政の賢者として田横を描く面白い物語でした。いつもの息切れる宮城谷の物語ではなく、最後まで緊張感のある良い作品であると感じた。

  •  秦の始皇帝の時代から、その崩壊、楚漢戦争、漢の樹立までの「項羽と劉邦」の時代を、項羽にも劉邦にも従わず戦い抜いた、斉の田横を中心に描きます。
     兄弟とともに王となる―という予言を受けた田横。激動の時代に兄弟とともに斉を復興し、項羽の暴虐や劉邦の詐謀のなか、悲哀にまみれながらも斉王を助け、すべてを失った後に斉王となり、予言が果たされる…。
     その悲劇を、運命でなく道なのだ、と受け入れる深さ。そしてその道をすすむ爽やかさに、心を打たれました。

  • 田横かっこよすぎる!最後は涙が止まらなかったです。
    読了後、1週間近く田横のことを考えてます。
    項羽と劉邦についての知識が薄いのもあって、劉邦が大嫌いになりました。。

  • 項羽と劉邦については私も前々から知っていましたが、それは彼らの側から見た歴史を辿る事で彼らの像というものを追ってました。<br>
    これは彼らに屈しなかった人物を中心に据えていて、歴史の中の人物像に新たな印象を与えてくれました。<br>
    途中の戦況の移り変わり等、説明的な部分が多くて(それだけ広域・多方面にわたって注目すべき動向が見られたという事ですけれども)ダレてくる所もあり、女性については首を傾げる事も多々ありましたが(皆高潔過ぎです・・・)、部分部分で考えさせられる所がありました。<br>
    まだ受け止めるには、己の心柱がしっかりしていない気がします。

  • 無辜の民をも殲滅する残虐無比の項羽と、陰謀と変節の梟雄劉邦。中国の人口を半滅させたと言われる楚漢戦争が勃発した。緒戦こそ劉邦は項羽に敗れたものの、劉邦の壮大な包囲網に項羽は追い詰められていく。人民にその高潔英邁を尊崇された不撓の人、田横の正義さえも、漢軍の奔流に呑まれていく。著者をして「理想像」と言わしめた不屈の英雄を描く傑作、明鏡止水の第四巻、完結編。
    (本書。裏表紙より)<著・宮城谷 昌光>

  • 秦の始皇帝はあまりに有名。その後が漢の劉邦だったという、おぼろげな記憶があっただけですが、本書を読んで「陰謀と変節の梟雄劉邦」であったということを知らされました。ただ全編を通して、劉邦の言動を直接描写する場面はほとんどなかったような気がするし、最後に田横と対面を望んだあたりの描写では、そのキャッチコピーには違和感ありでした。<BR>
    それはともかく、この戦乱で、中国の人口が半分になってしまった。。。という記述がどっかにあったと記憶します。そういうことが王や皇帝の考え方ひとつで簡単に起こってしまうところに中国という国の怖さを改めて思い知らされました。<BR>2006/9/8

  • 楚漢戦争。劉邦に包囲され項羽が追い詰められていく。そして自分の正義を貫き通した田横も、巨大な漢の前では無力となっていきます。完結巻。

  • p282。ここだけは読んで欲しい。歴史観が変わりました(^^ 最高に良い。

  • 中国歴史小説には、必ず真実を見ようとしない暗愚な王(帝)と、自分の保身・栄耀・権力のために耳障りのよい言辞で王の眼を曇らせる側近が出てくる。人間の歴史って繰り返すのね・・・。

全23件中 1 - 23件を表示

香乱記〈4〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

香乱記〈4〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

香乱記〈4〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

香乱記〈4〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする