随想 春夏秋冬 (新潮文庫)

  • 20人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 宮城谷昌光
  • 新潮社 (2017年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101444604

随想 春夏秋冬 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 随筆集。過去に出された物と内容的に重複してる部分もあったりしますが、これはこれで楽しく読みました。個人的には奥様とのお見合い場面の話が好き。

全1件中 1 - 1件を表示

宮城谷昌光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

随想 春夏秋冬 (新潮文庫)の作品紹介

音楽の道をあきらめ、文学を志した十代。大学では英文科に籍を置くもののフランスの詩に心惹かれた。稲垣達郎、小沼丹、新庄嘉章 ……錚々たる師の学恩に導かれるも道は険しく遠い。雑誌記者を経て、競馬で食いつなぎ、結婚後は、英語の私塾で糊口をしのぐ。クラシック音楽、古典文学、写真、陶器、書と様々な学びを得て二十数年、曙光が漸く身を照らし出した。著者の文学的軌跡を刻む傑作随想。

ツイートする