武装島田倉庫 (新潮文庫)

  • 323人登録
  • 3.60評価
    • (29)
    • (34)
    • (75)
    • (4)
    • (1)
  • 30レビュー
著者 : 椎名誠
  • 新潮社 (1993年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101448114

武装島田倉庫 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 椎名誠SF三大作の一つ、と。
    おもしろいんだよ。何が、って言われると困る。
    油を降らせる、なんてゾッとする発想。
    やっぱりすごい世界観。

  • 名作「アドバード」それに「水域」とおそらく同時期の世界(北政府との最終戦争が終わった後の荒廃した世界)を継承するいわゆるシーナワールドSF三部作のひとつ。
    その中でも私が最も気に入っているのが、コレ。

    シーナマコト氏が紡ぎだす摩訶不思議な言霊に思いっきり酔いしれることができる人ならお薦め(そういう人は既に読んでいるだろうけど)
    ただし一見さんお断り。
    好き嫌いがハッキリと分かれます。

  • 椎名誠のSF小説。短編調になっており、比較的読みやすい。椎名誠独特の地名や乗り物、生物が出てくるが、なぜか懐かしく、薄ぼんやり情景が浮かんでくる。

  • 大変面白かった。奇妙だけど我々の日常感覚の延長で捉えられる平易な叙述の範囲内で描かれているように見えて、やっぱりぶっ飛んで奇妙な最終戦争後の世界。最終戦争の後も人が生きていき、くだらない争いを続けたり、日々の飯に汲々としたり、フクシュウに命を懸けたりする。
    「アド・バード」を読んだのは高校生のときだったろうか。アウトドアのエッセイや「岳物語」を読んでいると、同じ人がこんなふうにもう一つの世界を構築する力を持っているとはなかなか思えない。作家椎名誠、すごい。SF三部作といわれるもう一つ「水域」も読んでみたい。島田倉庫の余韻でしばらくおなかいっぱいなので、また思い出した頃に。

  • 素晴らしいシーナワールド。
    日本語の機能(漢字ふりがな擬態語など)駆使しまくる。
    素直に関心。
    しかも使い方上手だから違和感なく入ってくるし。
    たまに読むと自分のバランスがとれる気がする椎名誠。

  • 椎名誠SF三部作の三作目、最近コミカライズもあり興味があったので。
    今回は群像劇で、戦後荒廃した世界でサバイバルする主人公らの旅を描く。
    登場する異形の生物や装甲貨物車といった機械などの世界観設定に沿ったネーミングがどれも語感をくすぐるものばかりで新しい固有名詞が出るたびにわくわくした。

  • 読むのは中学生のとき以来か。

    いやー、やっぱり面白いなー。
    固有名詞の一つ一つがいい。

    脂まみれの世界観に得体の知れない生き物たち。

    アドバードも久し振りに読み返してみよう。

  • あぁ、ああの世界だ。シーナワールドだ。面白かったーーーー!始終きたない油でドロドロってどんな気持ちなんだろうか。北政府の世界は、こんなに化学兵器の影響を受けていないんだろうか。想像が膨らむ。ネーミングも個性的で良かった。

  • やはり椎名SFではこれが一番。

全30件中 1 - 10件を表示

椎名誠の作品

武装島田倉庫 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武装島田倉庫 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

武装島田倉庫 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

武装島田倉庫 (新潮文庫)の単行本

ツイートする