さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)

  • 498人登録
  • 3.48評価
    • (41)
    • (42)
    • (140)
    • (9)
    • (1)
  • 45レビュー
著者 : 椎名誠
  • 新潮社 (1996年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101448176

さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どうでもいいことを延々と書いている。昭和軽薄体?なんだそれという感じ。
    同時代で読んでもやっぱりイマイチだったと思う。

  • 「つべたビール」とか独特の言い回しで、おもしろく読めた。

  • 『わしらは…』をかじってやめてしまっていたけど、これ面白かった。

  • 何処にでもいる小市民の嘆きと愚痴。この雑文に出てくる岡留安則さんは那覇でスナックをやっている。こんなことってコンプライスに引っかからないのでしょうか。オババは直接実害をを受けることが無くなったので懐かしく正しい人となったのである。センチは道を殺める。

  • めちゃくちゃおもしろくて驚いた。

  • 中学生の頃、ラジオドラマ化されたこのスーパーエッセイを聴き、原作を手に取ったことが読書大好き人間となるきっかけだった。
    人生に本は欠かせない。

  • 文章がくどかった。
    国分寺書店についてがメインだと思って購入したが、残念。
    初めてエッセイで挫折するかと思った。

    本の雑誌血風録が楽しく読めただけに期待してしまったのが仇となってしまった。

  • 名作なのは間違いない。

  • 1996年12月21日読了。

  • 2012/06/13読み始め

全45件中 1 - 10件を表示

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)の新書

さらば国分寺書店のオババ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする