中国の鳥人 (新潮文庫)

  • 157人登録
  • 3.11評価
    • (1)
    • (6)
    • (46)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 椎名誠
  • 新潮社 (1996年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101448190

中国の鳥人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2015/7/21読了


    どの作品もシーナさんらしい文章や会話文もあるが、それがまたいい。 ジャンルとしてはSFであり、SFではない。少しずつ日常から非日常へシフトしていき、その世界に気がつけば引き込まれている。

  • う〜ん、椎名さんは、やはりエッセイや、自伝、放浪もののが良いですね

  • 映画 中国の鳥人 とストーリーは
    同じようだが・・・テイストがかなり違う。

    おどろおどろしい 雰囲気が小説の中にある。
    「照葉樹林」文化が そこに深く横たわる。

    水木しげる風の怪しさ・・・
    が満ち溢れる。
    椎名誠って こういう作品を
    書くヒトだったのだろうか?

    中国の鳥人では・・・
    東京から昆明に来るのに・・・
    成都から 成昆鉄道にのって 
    昆明にくることになっている。
    わざわざ汽車に乗らなくても 飛行機で来ればいいことだ。

    この中では 便所のウジムシ事件が 
    成昆鉄道の途中の駅で発生する。
    ある意味では それを書きたかったのだろう。
    でも やはり 話の整合性は ちょっとなくなる。
    宝石の出る村に行く途中の出来事として
    組み入れればよかったと思う。

    それにしても 椎名誠は 擬声語がうまい

    ぬらびらぞらぞり
    ぬらりじゃらじょり
    じょりざらじょりざら
    もりもりもらもら

    ウジムシの這う音である・・
    この想像力が なんともいえない 怪しさを生み出している。

    通訳の 沈さん がおもしろいのは
    『貴様』ということだ。
    これは 軍隊映画 に影響されているのだろうか。
    そういえば 水戸黄門 が好きだという
    日本語のできる中国人にあったことがあるが・・・
    その人も おかしな日本語を使っていたなぁ。

    ござりまする。
    とんでもねぇ。
    おたすけください。

    それが 水戸黄門から来たのかよくわからないが
    時代劇風の 
    言葉を使うというキャラクターもおもしろい。

    鳥人になるためには
    1 人間も空を飛べるということを信じること
    2 特別の訓練と特別の食事
      飛ぶために最も効果的な身体を作る。
    3 自分にあった揚力と浮力効率の高い
      鳳羽根 をつくる。

    鳥人料理がいい
    どろりとした汁のなかに 小さな穀物のようなものが
    はいっている、噛むと小さなくせにきしきしとした
    鋭い歯ごたえがあり 一粒一粒が 破裂する・・・蚊の目玉汁。
    作り方は 蚊を沢山食べるコウモリの糞を
    沢山集めて 煮て漉す。・・・それが ドロリとさせるのだろう。

    アヒルの水かきのうま煮。
    アヒルを生きたまま 鉄板の上に乗せて・・・
    熱くて 沢山 はねると おいしくできる。

    この 鳥人料理を 考えると
    もっとおもしろい・・・

    これは 実際に飛ぼうとするが・・
    そうではなくて 幻覚症状として飛ぶ
    という方法も 考えられる・・・
    でも けしなどの覚醒作用だけではねぇ。
    ちょっと 物語としては 貧困かな。

  • (メモ:高等部1年のときに読了。)

  • この作品は、ジャンル的には「SF小説」という括りでいいんでしょうね。奇妙な地名や、お得意の造語がたくさん出てきて、まさしくシーナ・ワールドが展開されています。読んでいるうちに、名作「アド・バード」を思い出しました。

  • 椎名誠のSF。不思議な味わい。特に、スキヤキがせつない。

  • ちょっとブラックな短編集。御伽噺のような・・・。

全7件中 1 - 7件を表示

中国の鳥人 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中国の鳥人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中国の鳥人 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

中国の鳥人 (新潮文庫)はこんな本です

中国の鳥人 (新潮文庫)の単行本

ツイートする