わしらは怪しい雑魚釣り隊 (新潮文庫)

  • 168人登録
  • 3.65評価
    • (7)
    • (19)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 椎名誠
  • 新潮社 (2009年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101448329

わしらは怪しい雑魚釣り隊 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつもの椎名旅レポートといった感じで
    期待を裏切らないドタバタ旅紀行なんであーる。

    椎名本の凄いところは、3年もすると中身を全部忘れているので
    3年毎に新刊扱いで読めるトコであろうか。
    じっさいこの本ウチに2冊あるし、買ったことさえ忘れていた。

    取り敢えず暇つぶしにはもってこいの一冊。

  • 懐かしい!昔椎名さんの怪しい探検隊シリーズには慰められた事数えきれず。寂しい時にあの軽薄文体に触れると心和みました。自分もドレイとして参加しているような気分になったものです。
    10年前くらいにこんな感じの雑魚釣り小旅行に友人たちと沢山行った事を思い出します。釣れてもそんなに価値がある魚じゃないんですが、掛かってビビビッと引いたときは何回釣っても胸踊るんですよね。なんだか懐かしい気持ちになりました。
    椎名さんももう70歳かあ。早いものです。

  • 平成17年から19年まで「つり丸」に連載された雑魚釣り隊シリーズ第一弾。実は4年前にマガジン・マガジン社より刊行された単行本の方を読んでいた。今回のはこれに大幅加筆修正が加えられた文庫本バージョン。とはいっっても、4年前に読んだ内容はほとんど記憶にないので、どこがどういうふうに変化したのかはまったくわからない。読み比べをすれば一目瞭然だが、多にも読みたい本が山ほど控えているので、おそらくそれはやらないだろう。『新宿遊牧民』の登場人物の多くが写真入りで載っているので、両方セットで読むのがオススメ。20倍楽しめることでしょう。とにかくビールをグイグイ飲みながら新鮮なお魚を食べたくなってしょうがなくなる一冊なので、ダイエット中とか病気で食事制限が課せられている人は身悶えしてしまうことでありましょう。

  • オモシロイ。貝がパッカンとあいてタコが現れる所では、いい歳して笑ってしまった。文化人じゃないシーナマコトに久しぶりに会った気がしました。

  • この、いい歳をした大人達のグダグダぶりがとても好きです。特に雑魚釣り隊のメンバーの。

  • 先に第3版を読んでしまったのですが、また元に戻って、第一弾の雑魚釣り隊を読みました。
    私は椎名さんの考え方に賛成で釣りは食べれてナンボだと思っています。
    まぁ、刺身じゃなくても、だしになってくれれば充分だと言うことを、このシリーズで学びました。
    第3弾に比べるとまだ新しい試み感がある文調で、初々しい感じがするところがありました。
    ぜひ、釣具も借りられるところでハゼ釣りなんかしてみたいなぁと思います。

  • 釣りと言っても、釣れない感じのエッセイ。
    ほんとあんまりつれていない感じ。
    でも、楽しそうで、どちらかというと
    料理、酒などが楽しめる。

  • あやしい探検隊の流れをくむ釣りエッセイ。
    シーナさんと怪しい仲間たちが、関東近郊を中心に雑魚釣りして回ります。
    伝統のドレイ制度も健在です。
    例によって当然キャンプが多いので、喰える魚は全て喰う。
    途中でアウトドア料理名人リンさんが、腰痛でリタイアしちゃったのがイタかったね。
    怪しい探検隊の皆さんもええトシじゃからのう……いや充分お元気ですけどねw

  • 怪しい探検隊シリーズ、10年ぶりの新作。最初の『わしらは怪しい探検隊』は30年前かぁ。リアルタイムで読んでいるワシにとっては感慨深いな…

    …と手放しに喜びたいところだが、初期の怪しい探検隊のような面白さを感じない。白々しさを感ずるような冷めた読了感。俺も歳を取ったのだろうか、世間の荒波に揉まれ過ぎたのだろうか。

    怪しい探検隊シリーズを素直に楽しめたあの頃に戻りたいヽ(´o`;

  • めっさ笑ったぁ。
    いいなぁ、釣りキャンプ。
    料理長の林さんが欲しい・・・。
    テツのねぶた仲間とだぶった所もあって、すんごい想像してしまった。
    隊長サイコーですっ!

全23件中 1 - 10件を表示

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

わしらは怪しい雑魚釣り隊 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わしらは怪しい雑魚釣り隊 (新潮文庫)の単行本

ツイートする