この人の閾 (新潮文庫)

  • 360人登録
  • 3.47評価
    • (20)
    • (46)
    • (91)
    • (7)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 保坂和志
  • 新潮社 (1998年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101449227

この人の閾 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人の評論は間違いない、と大学時代の恩師に言われ、何度か読んだが難しすぎて分からなかった。でもかろうじて理解できる部分に、間違ったことは書いてなかったと思う。
    この人の閾、新しい小説の一つとして、悪くない読書時間だった。ちょいちょい出てくる考察がいらない、いっそそういうものすらなくした小説が読みたい、読者に対するヒントなしの。この地に足がついた文章は読んでいて心地よい。
    芥川賞の選評見ても、まぁどの芥川賞も大抵そうだけど、賛否両論。技術的な部分やまとまりはともかく、みんなそれぞれ独自の小説観を持っていて、それはプロの作家であるのに、賞レースにおいても一定の評価基準がないのは、芸術であるがゆえ。一つの小説で色んな読み方が、楽しみ方、うまい部分、表現があると思うけど、たぶんいい読み手はそれをなるべく多く汲み取れるし、いい作品はそれが多くて質も高いんだと思う。
    シンプルなゆえに味わい深く、そういうことを考えた。

  • 1995年上半期芥川賞受賞作。仕事先の小田原でぽっかりと空いてしまった3~4時間を、大学の同級生真紀さんと、ちょっとビールを飲んだり、庭の草むしりをしながら語りあう―プロットを語ればこんなものだ。そこにはおよそ事件も、物語的な展開も何もない。語り手の「ぼく」は37歳、真紀さんは38歳なのだが、学生時代くらいまでは「現在」だけが凄まじいスピードで過ぎて行くが、ここにある時間は過去を持つ重層的なそれであり、流れもゆるやかだ。また、「動かされない駒」でありたいと願う「ぼく」には、すでに諦念のようなものさえ漂う。

  •  季節の記憶を読んで以来、保坂和志が気になって気になってしょうがない。これはBOOKOFFで100円で買ったやつで読むのは二作目。
     この作品は芥川賞を受賞しており、近年(といっても10年以上前だが)芥川賞を受賞した作品の中でも個人的に納得のいくものである。

     主人公ぼくは小田原に到着するが、待ち合わせをした人とすれ違いに。その人を待っている間、ぼくはサークルの先輩だったある女性のところにお邪魔するが、、、
     この人の小説はデビュー作から全然変わってない、淡々とした日常の中での自身の考察、特に言葉への、を描いている。でもこの考察って言うのが、どーしてどーしてすごく鋭くてまあ退屈にならない。
     「閾」っていうのは、久しぶりに出会ったその女性の生き方、生活みたいなものを他人の視点から言葉にしたものなんでは。

     ストーリーや登場人物を持ち上げることで面白い話を作ってないとこに、今の文学にはないものがある、そして平凡な日常、性を感じさせない男女の関係が文学に成り得た事を私達に教えてくれる。

  • 一言で言ってしまえば「なんかすごい」(笑)
    何も起きない静かな日常を、これ以上ない位平明に
    淡々と語る書き口。
    其処まで考えて、でもって書き残すんだねーと云う感じ。
    情景だけでなく、心象、その他諸々を、風景と登場人物の目を通じて多角的に描く事でその瞬間をあぶりだしていく様な手段、というか。
    急に始まり急に終わる感じすらするのですが、
    それが何とも心地よく、良い物を読んだな、
    と云う感想が残るのも、著者の技術なのか、魔術なのか。

  • 「この人の閾」
    大学時代、同じ映画サークルに属していた男女が
    旧交を温める話
    しかしヒューマニズムをめぐる微妙な考え方の齟齬ができてて
    少し戸惑ってみたりもするのだった
    バブルの余韻がぎりぎり残ってた時代の、長閑さが充満した作品

    「東京画」
    バブル時代の開発ブームで、東京の古い風景が更新されていく
    上書きされて消えたデータは
    人々の集合無意識に蓄積されているのだ
    …ホントに?

    「夢のあと」
    あらゆる事物の消費財化と、ポストモダンの浸食を受けて
    社会はぐずぐずになりつつあった
    内需拡大を煽るそれら物語が、貿易摩擦解消の必要悪だったとはいえ
    未来をみずから食いつぶすよう、人々に促したことも
    やはり確かなことであろう
    収録作品のなかで実はいちばん古い(平成二年)

  • 正直あんまりおもしろくなかった。一読してよくわからん。二回読んで、こういうことが言いたいのかな?というのがやっと分かるレベル。文章は読みやすいし雰囲気があるんだけど、書いてあることがとても普通で、見逃しそうになることを書き留めてあるような感じです。言ってることが哲学になりきれず飲み屋の絡み酒レベルなのも妙にそれっぽいです。で、一生忘れないことはそうそうないけど、この女性との間にはそれなりにあったということが言いたいのかなと思った。
    まとめるとそれだけだと思う。
    この作者さんの文章は1文が長くてわりとどうでもいいことを描写するのが多くて、なんかあんまり合わない。たぶん自然な空気をつくろうとしてるんだろうけどただただ冗長な文章が続いてるようで、つまらなく感じた。

  • 第113回(平成7年度上半期) 芥川賞受賞作「この人の閾 」収録。表題作が取り立ててすばらしい!なんて、これっぽっちも思わなくて、個人的には収録されている中では「東京画」・「夢のあと」の方が記憶に残っているし、『季節の記憶』の方が好きだなあと思った。どれもこれも、しばらくしたら中身忘れちゃいそうだけど、やっぱ、保坂さんの小説は会話がいいよなあ。

  • 短編集。ほわんとしていていい感じ。

  • 良品

  • 保坂和志って、基本的に全然意味が分かんないw。でも、不思議とほんのり、針の穴を通すような、ものすごく微妙な感情が伝わってくる。こういうかたちでしか伝えられないエッセンス何だと思う。「この人の閾」が一番好きだな。

全36件中 1 - 10件を表示

保坂和志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

この人の閾 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この人の閾 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この人の閾 (新潮文庫)の作品紹介

「汚くしてるけどおいでよ、おいでよ」というので、およそ十年ぶりに会ったこの人は、すっかり「おばさん」の主婦になっていた。でも、家族が構成する「家庭」という空間の、言わば隙間みたいな場所にこの人はいて、そのままで、しっくりとこの人なのだった…。芥川賞を受賞した表題作をはじめ、木漏れ日にも似たタッチで「日常」の「深遠」へと誘う、おとなのための四つの物語-。

この人の閾 (新潮文庫)の単行本

ツイートする