一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)

  • 233人登録
  • 3.77評価
    • (36)
    • (28)
    • (58)
    • (0)
    • (2)
  • 43レビュー
著者 : 久世光彦
  • 新潮社 (1997年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101456218

一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 気の利く美青年がお世話してくれるアールデコまがいのホテルなんて…
    行きたいじゃないか!

  • 読むのに時間が掛かり過ぎて疲労した。耽美も綺談も怪奇も幻想も嗜癖も、その他わからない……熱狂者=マニヤには「妄想」(p.327)が重要な胚子かも知れぬと痛感した。嗚呼。 115

  • 乱歩にそれほど詳しいわけではないのだけれど、これだけファンの多い作家を描いて、時代の匂い、独特な作風を再現するのがすごいことだというのはわかる。山本周五郎賞キャンペーン。

  •  昭和の探偵小説家、江戸川乱歩がスランプを脱すべく、ホテルにこもった数日間を描いた小説。
     美青年の中国人従業員や、探偵小説好きのアメリカ人の人妻に興味を惹かれながらも、乱歩は起死回生となるべき短編『梔子姫(くちなしひめ)』を一心不乱に書き始める。

     作者は徹底的に乱歩の実像に迫り、神経質で小心な中年作家の生態を昭和の調べに乗って赤裸々に描いていく。そして遂にはいかにも乱歩が書きそうな奇譚『梔子姫』まで創造するのだが、徐々に完成していくこの作中作が思いのほか面白く、本編よりも気になって仕方なくなる。
     実際の乱歩の妄想と作中作の描写がシンクロし始め、全体的にモノクロのトーンで進むストーリーはまるで、作者自身が見た夢のようでもあった。

  • 久しぶりにぐいぐいひきこまれる小説を読んだなあと思う。乱歩は短編集1冊しか読んだことのない自分でもとても楽しめた。あまりのおもしろさに友達に勧めまくったけどヘンタイチックな表現が多々あるので、なんだかちょっと気まずいような……笑

  • ☆山本周五郎賞
    1935年(昭和9年)の冬、40歳の江戸川乱歩はマンネリ化した自分の作品に辟易し、連載をほっぽりだして異国情緒漂う麻布の<張ホテル>に逃げ込んだ。 <張ホテル>のボーイである美貌の中国人青年華栄や、滞在中の人妻ミセス・リーなど、乱歩の心を妖しく惑わす人々。その中で乱歩は「梔子姫」を書き始める。それは、久しぶりに乱歩の胸の底から熱く湧き上がってきた物語であった…。
    ここでの乱歩は、その俗人染みた趣味や癖が細やかに書き込まれ、おどろおどろしい探偵小説の売れっ子作家とは程遠い、臆病で自信なげな四十男として描かれている。そして、<張ホテル>という不思議な空間に包まれ生み出される「梔子姫」は、この小説の主筋と絡まり合いながら、濃密で妖しげな物語となっており、久世氏独特の作風が惜しみなく発揮されている(ような気がする)。

  • 謎の美しき中国人青年と、探偵小説マニアの人妻に心乱されっぱなしな乱歩さん。妄想逞しく、変態じみてます(笑)しかし、散りばめられたエッセンスと文章がなんとも耽美で浸れます。

  • 乱歩以上に乱歩ワールド満開!

  • 昭和9年1月。極度のスランプに陥った40歳の江戸川乱歩は麻布の「張ホテル」に身を隠す。迎えたのは中国人の美青年のボーイ。知り合いになった無邪気で可憐で探偵小説に憧憬の深いアメリカ人の人妻。開かずの間のはずだが明かりがつき女の声がする隣の二〇一号室。いつの間にかいる灰色の猫。乱歩のいる部屋宛に届く「永遠の怨み」、「復讐」の花言葉を持つポインセチア。怪奇幻想と夢が入り乱れる中で、乱歩がこのホテルで書く小説内小説『梔子姫』のエロティシズム。所々に滑稽な描写もある謎めいた小説。乱歩作品も数多く引用されている。

  • 乱歩ファンが乱歩を主人公に乱歩作品を書くというすさまじい実験作。特に作中作での描写が妖艶ですごいのだが、乱歩はもちろんポー、クイーン等の解説と、未来からの予言(既に今は過去)の段で幾度と無く現実に引き戻されるのが難点。乱歩作の短編(除く少年探偵団)は9割方読んだよ、と言う人にオススメ。ジャンルむずかしー。

  • 江戸川乱歩――彼の人生は妖氛が漂う艶美なものであった。
    異常と囲繞のはざまでクルリクルリとさかしまに踊る。
    そして蟲が食んだような色硝子と探偵小説に暮れる日々。
    はてさて世界との逆説にいかなる怪奇を送るのだろうか。
    私はそれを彼の死後、いつまでも待ち続けるつもりだ。
    楽しみだ。蒲公英の綿毛のように飛翔するのだろう、きっと。

  • もうこんなペダンティックな文章で書かれた新しい小説は二度と読めないと思うと、残念というより悶え苦しむほど口惜しいのです。

    まさしく自らの嗜好と性癖と偏向に呪縛されたイマジネーションの産物以外の何ものでもない、ピーンと張ったひとすじの妖しい耽美的感覚は、至上の喜びであると同時に戦慄の恐怖でもあるのです。

    5年前の2006年3月2日、久世光彦は心不全で忽然と逝ってしまいました。享年70歳。

    実際にひどいスランプになったことがある江戸川乱歩ですが、はるか80年を経た後年、自分が主人公にされて、環境の変化を求めて麻布の張ホテルで缶詰になり、そこで探偵小説狂いの人妻や謎の中国青年に悩まされつつも幻惑味たっぷりの新しい短編小説『梔子姫』を書く・・・・・などというまことしやかな物語をでっち上げられるとは、まさか夢にも思わなかったことでしょう。

    二度目に読んだ時には久世光彦の息遣いが聞こえてきて、三度目には煙草の匂いがしてきました。そういうふうにして、著者というものは本の世界の中に永遠に生きるものなんだなあ、というより、私って他意識過剰なのかもしれません。

  • 3年も前に買っていた本書を何故今まで読んでいなかったんだろう、私…。
    当時久世氏が亡くなって間もなかったことと、乱歩への思い入れが強いことが理由かとは思うのだが、とにかく読み始めてすぐに何故もっと早く読まなかったんだろうと自分を責める気持ちでいっぱいになりましたね。
    作家・乱歩を描いた作品としても素晴らしいし(自身の年齢や作品に対する鬱屈、周辺作家に対する思いやちょっとした逸話、ポーへの思い、同時代の海外ミステリについて等々、大変に興味深い)、単純に昭和初期の中年ミステリ作家を主人公とした奇妙な小説として読んでも面白いし、乱歩作として書かれる作中作『梔子姫』がまた実にいいのです。

    ああ、でも、ある意味では今読んでよかったかもしれない。乱歩の感じる中年の悲哀みたいなものが、この歳になるとかなりリアルに身に迫ってくるから(^_^;)
    まぁ、本作中の乱歩の年齢である40歳は、1934年当時は今の我々が感じるよりずっと老人に近いイメージだと思われますが。最近は30代を中年というと嫌がられるような世の中で、30~33歳までぐらいはまだ青年として認められるような風潮でありますが、数十年前には29歳でも中年とか表現されていたものですがねぇ…。
    そういえば、『ブラック・ジャック』で、15歳の時に事故に遭って以来55年間意識不明だった男性が、B.Jの手術を受けて見事成功し、意識を回復したとたんに数分の間にみるみる老化し、本来の肉体年齢に達したと同時に老衰で死ぬって話があって、発表から数年だか10数年だか経って読んでたときには何とも思わなかったんですが、文庫になって読んでちょっと驚きました。だって、15+55って70ですよ?今のご時勢で、70歳で老衰で死ぬってリアルに受け止められます???でも、発表当時は全然自然な話だったわけですよね。こういうのを考えると年齢って何なんだという気になってきます。

    ……って、気付けば本題から何億光年か遠ざかってしまいましたね(>_<)
    まぁ、あんまり作品に触れると味わいを損ねるので…という言い訳をしつつ終了(^_^;)
    あ、でも、思い出して追加。
    本作は、どうも乱歩に対して意地悪い見方をして、滑稽に描いている節が見受けられる(といっても決して悪意ではなく、嫌な感じではないのですが)のですが、中でもひどいなと思いつつ、つい笑ってしまったのが、乱歩が同宿のアメリカ美人妻と会話するシーンで、「禿げてるくせに甘えて訊ねてみた」というところ^^; いいじゃないか、禿げてても甘えたって!(笑) てゆーか、禿げで甘えん坊のスケベオヤジって結構ありがちなイメージじゃないか?あ、ここで「スケベ」って形容をつけてしまうのが私の禿げに対する差別意識か?f^_^;) って、ほんとステレオタイプなだけだと思いますがね。髪の薄い皆さん、何かはからずも暴言を吐いてしまって、ごめんなさいm(_ _)m  私自身の好みから言うと、別にハゲでもヅラでも特に思うところはありません。

  • 1934年冬、乱歩が失踪する。失踪先は麻布のホテル。乱歩はそこでエロティシズムにあふれた短編を書き始めていた。と、いう設定で久世光彦が乱歩になりきって描いていく。

  • スランプ気味の乱歩さん、美青年のボーイのいる長期滞在型ホテルに逃げ込んで…えらい妄想にふけりつつ『梔子姫』という小説を書き上げる…という話。
    「禿げてるくせに甘えてみる」とか
    「美青年と一緒に異国の曲を聞く-こんなことなら着替えてくれば良かった」
    「別にやつれていなくたって、伏し目がちでなくたって、人妻というだけでエロティックだ」とか、40歳を目前に人妻と美青年に目がない乱歩さん。
    なんか怪奇小説の巨匠とされているけれど、かなりお茶目というか何というか。
    乱歩の小説を読み込んでいるわけでもない私ですが、久世光彦が乱歩として書いた『梔子姫』だけでも「乱歩っぽいな」とそれとなく浸れました。乱歩ファンの感想を聞きたいです

  • 久世先生は乱歩先生のことが、乱歩先生は美青年のことが好きすぎると思います。諸々から逃げ、妖しいホテルに逗留した乱歩の数日間と、その間に乱歩が執筆する「梔子姫」という小説が交互に描かれる本作。梔子姫に漂うダークなエロティックさとは対照的にまぬけな中年男全開の乱歩先生が愛おしい。解説で井上ひさし氏も書かれているが、文体からその情景や匂いが伝わってくるよう。

  • 描かれているのは久世さんの「昭和」。

  • 除了作者想像力好外没什么好说的。

  • とっても面白かった、いろんな本の話がでてきて興味深い、濃密で妖しい空気に酔った。品切重版未定とは…買っといてよかった、危なかった。

  • 本に読まれて/須賀敦子より

  • 江戸川乱歩を主人公にした小説。
    乱歩の性格描写が良かった。なんだか、憎めないオッサンw
    芸術家ぶってみても結構俗物で、女性に興味があっても手は出せなくて、
    作中オドロオドロしいこと書いても、実際にはかなりビビリで
    気難しく気取ってはみても、甘えん坊。

    作品中に、さらに乱歩が執筆しているという小説が登場するという二重構造も凝ってて読み応えあり。
    これが乱歩が書きそうでいて、多分あの時代には書けなかったであろう性描写満載で、
    著者も楽しみながら書いたんじゃないかなーと、思う。

  • ― 1934年(昭和九年)冬、東京。
     雑誌「新青年」に頼まれた小説の原稿が進まず、衝動的に逃亡を図った江戸川乱歩(40歳・作家)。
     都心のホテルに一時避難し追手からは逃れたものの、このままでは作家の名が廃る。
     何としてもこの「梔子姫(くちなしひめ)」(←タイトルだけは決まってる)、完成させなければ… ―

     (※この作品に登場する「乱歩」はほぼ著者の妄想の結晶に近く、実在する「江戸川乱歩」とは多分に異なる人物である恐れがあります)


    何というか、一言で率直に申せば、萌えました。

    乱歩氏のどこまでも等身大の40歳な感じといい、華栄青年の絶妙な魅力といい、
    昭和初期のやや陰のある独特の雰囲気を醸し出す文章といい、私の心をがっちりホールド。
    物の成り行き的に読み出したはずが読み進むほどにテンションが上がり、読み終わる頃には大好きな一冊となっていました。
    (※)の点さえ大丈夫であれば、全ての乱歩愛好者におすすめしたい小説です。
    また文中に乱歩関連の小ネタが散在しているので、乱歩マニアな方ほど楽しめるはず。

    ちなみにこのどうみても乱歩作品としか思えない作中作「梔子姫」は完全に久世さんのオリジナルだそうです。
    ほんと、久世さんの乱歩に対するありとあらゆる種類の愛が結晶化した作品だと思います。
    (2006年 3月)

  • 主人公は江戸川乱歩。スランプに陥って行方をくらまし、麻布の張ホテルに滞在する4日間を描いたフィクション。妖しくも怪しい登場人物と劇中小説『梔子姫』など様々なものがゆめうつつに溶け合ってて不思議に心地好い。つい中国人の美青年に注目してしまう乱歩さんに妙な親近感を覚えました。『梔子姫』は劇中小説としてではなく、一つの作品として好き。要素が似通っている『孤島の鬼』を読み終わったばかりだからか、無性に読み返したい。

全43件中 1 - 25件を表示

一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)のKindle版

一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)の単行本

一九三四年冬―乱歩 (新潮文庫)の文庫

ツイートする