イスタンブール、時はゆるやかに (新潮文庫)

  • 91人登録
  • 3.61評価
    • (11)
    • (8)
    • (17)
    • (5)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 渋沢幸子
  • 新潮社 (1997年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101458212

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
フランツ・カフカ
村上 春樹
三浦 しをん
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

イスタンブール、時はゆるやかに (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読んでいて気がついたのだが、高橋由佳利『トルコで私も考えた』に出て来るアルパッサン・ハッサン兄弟って、澁澤幸子の本に出てくるアルパッサン・ハッサン兄弟と同じ人たちなんだね、たぶん。最初は、ハッサンとかアルパッサンってトルコじゃメジャーな名前だしなあ、と思ってたのだが、長男がマイク、次男がアルパッサン、三男がハッサンで、絨毯屋を始め、ホテルも建てて、日本人旅行客のお世話をしているとなると、これはもう同じ人たちとしか思えないじゃん。なるほどー。アルパッサンは1981年に、澁澤幸子が初めてトルコに行ったときに偶然出会い、日本語を習うことにするのだが、それが今、トルコを訪れる他の日本人にも恩恵となっているらしい。地震は大丈夫だったろうか。蛇足ですが澁澤幸子は故澁澤龍彦の妹。トルコを一人でずんずん歩いているところを見ると、ずいぶん行動の人のようだ。澁澤龍彦のようにプラグマチックなことは全然ダメな人の妹をやっていると、必然でこうなるのかしら。

  • うまいしおもしろかったけどこれ普通の人が真似しちゃダメなやつだ。

  • トルコを旅行者の目で観察しつづける。
    あくまでも、旅行者という立ち場をぬけない。
    1981年から、トルコを訪問した。
    その頃、日本人がトルコを訪問することがめずらしく
    まして、女性が一人旅することもめずらしかった。
    そんな著者を、トルコの人たちが、やさしく迎えてくれる。
    トルコ人のホスピタリティの良さをくり返し、
    書かれている。
    トルコ人の生活の中にはいながらも、その中に
    入り込まない、そして 踏み込まない著者がいる。

    イスタンブールのアジアとヨーロッパの融合。
    ギリシャとトルコの関係。
    トルコ人の多様性。タタール、アルメニア、ジプシー。
    その多様性を 描き出そうとして 描ききれない。
    歴史的なストーリーを持ち出して、わずかな接点を見出す。
    たぶん、この人は 想像力が欠如しているのかもしれない。
    観察力の貧弱さが、ゆるやかに感じさせている。

  • 30年近く前に女性がトルコを1人旅した話。
    トルコ行く前に読めて良かった。
    自身もバスで周遊する予定なのだが予定通りに周遊できるのだろーか…
    まー何かしら起こるのも旅の味わいやねんけどね(^^)

  • どれだけ自分がトルコで特別扱いされたについての詳細を記したノンフィクション。ちょっと大げさかな。

    歴史に関しての記述が長いので、歴史好きの人には面白いのかも。

  • イスタンブール。旅行にいくときはこのくらいその土地に知識を持っていたい。アジアとヨーロッパの交差点。この本にもでていた三大陸周遊記をつぎに読まなくては。

  • ブルサ
    エフェス
    ベルガマ


    津田の卒業生のトルコ旅行記
    トルコ語までマスターしちゃうんだからすごいよなー。でも、言葉ができたら格段にたのしくなるんだろうなっていうのが文章の端々からにじみでている。
    トルコ行く時もっかい読みたい!
    旅行ガイドとしても◎
    しかしこの人の人を見る目はすごい。どうしてだまされないんだ。時代?
    たまに図々しすぎて横柄で閉口してしまうところもあるけれど、面白かった!そして、実に津田つだしい!

    276

  • 筆者はトルコ旅行者のパイオニア的存在でしょうか。今でこそトルコ行きのツアーは山ほどあるが、まだ日本人になじみのないトルコをイスタンブールから東の端まで歩いた旅行記。イスタンブールの夕日、おいしそうなケバブ、トルコでの人とのつながりなど、温かい面もシビアな面もトルコへの愛情があふれてる。ものすごくトルコに行きたくなる本!

  • トルコに魅せられた筆者による紀行文。
    イスタンブールの雑踏の中を歩いてみたいと感じた。

  • 澁澤龍彦の妹である澁澤幸子が、イスタンブールをはじめとしたトルコを旅した紀行文。
    まだ日本人旅行者も少なかった1981年当時のトルコの空気が存分に感じられる。
    好奇心と面倒くさがる気持ちのバランスがよくて、澁澤幸子の旅をする感覚が好きだな、と思った。旅慣れていて、でも驕らない感じがする。
    1993年に刊行された本だけれど、古臭い印象はない。
    平易な文章というのは褪せないものなのだとしみじみ思う。
    おぼろげには知っていてもいまいち理解できなかった複雑なトルコの歴史もわかりやすく、とても興味深い。

  • 以前から行ってみたかったイスタンブールに、ますます行ってみたくなってしまった本です。
    ひとつの国に何度も訪れ、じっくり見て感じて周る旅、素敵だと思いました。

  • トルコに行きたくなります。いいなぁ、こんな旅行がしてみたい!

  • トルコにはまり、抜け出せずにいる著者の処女作。
    トルコのよさがよく伝わってきます。

全13件中 1 - 13件を表示

イスタンブール、時はゆるやかに (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イスタンブール、時はゆるやかに (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イスタンブール、時はゆるやかに (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イスタンブール、時はゆるやかに (新潮文庫)はこんな本です

イスタンブール、時はゆるやかに (新潮文庫)の単行本

ツイートする