歴史をかえた誤訳 (新潮文庫)

  • 251人登録
  • 3.28評価
    • (1)
    • (31)
    • (47)
    • (3)
    • (3)
  • 32レビュー
著者 : 鳥飼玖美子
  • 新潮社 (2004年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101459219

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
宮部 みゆき
遠藤 周作
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

歴史をかえた誤訳 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「言葉は文化である。」この言葉をまさに実感できた本。
    どんなものをとっても、100パーセントの意味を持って訳すことはできないようです。an orange cat って、何色の猫だと思いますか?

  • もともとは『ことばが招く国際摩擦』

    というタイトルで発売されていた本の文庫版。

    もともとのタイトルの方が本の内容を正確に伝えているように思います。



    通訳者、翻訳者の話を聞いたり、本を読んだりすると、

    英語にしろエスペラントにしろ、国際語っていう考え方に潜んでいる

    本質的な問題点が見えてくるような気がする。


    大変勉強になりましたが、

    ひとつひとつの事例をもうちょっと踏み込んで書いて欲しいなぁ

    って思うところが多かったので、星4つです。

  • ニュースの同時通訳や新聞等にある専門用語の日本語訳に興味や違和感を持ったことがある人にはオススメ。
    通訳・翻訳の違い、言葉だけでなく文化背景(諺・例え等)を如何に訳すか?言葉にならない「間」さえもが政治・国際関係を動かすものとなるなかで、その存在を消し影にさえならない通訳者たちの仕事を歴史的に分析している。
    ジョーン・バエズの件は、政治と音楽、プロとアマチュアの入り交ざった例として大変おもしろい。

  • 私は、特に第5章「文化はどこまで訳せるか」の内容に強く惹かれた。ある文化の中に存在する事柄をもう1つの文化の中に訳するという事はどこまで可能なのだろうか。「言語の通訳」についてしか考えた事のなかった私にとって、この「文化の通訳」という言葉は非常に衝撃的だった。通訳者達はその文化のギャップをどのように埋めてコミュニケーションを図るのか、彼らの奮闘ぶりに読者である私達の脳もストーミングさせられる、パワフルな内容。1つ1つの事例が詳しく取り上げられており、通訳に関する知識があまりない私のような人間にとっても面白く読みやすく書かれているのが嬉しい。通訳という仕事には興味がなくても、英語に何らかの形で興味を持っておられる方には是非一度読んで頂きたい。また、その1つ1つの事例に対する見解もしっかりポイントを突いていて、素晴らしい通訳論の1冊だと思う。

  • NHK教育テレビの「ニュースで英会話」でもお馴染み、通訳者にして英語教育者の鳥飼氏の著書。通訳や翻訳の苦労、誤訳をの原因となるカルチュラル・ギャップ等が綴られていて、面白かった。そういえば、通訳の人が、自分の発言を自分の日本語の発言よりエレガントな言葉に訳しているのを聞いて、なるほど、と感動したことがあったっけ。日々の努力の賜物なのかもしれないが、プロの通訳の知識や理解力の高さは尋常でない気がする。

  •  
    ── 鳥飼 玖美子《歴史をかえた誤訳 20040328 新潮文庫》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4101459215
     
    …… 外交上の誤訳とされるもの、コミュニケーションの失敗例とされ
    るものはいくつかあるが、その中で最たるものは、ポツダム宣言に対す
    る日本側の回答で「黙殺」とあるのをignoreと英訳したことであろう。
    (p.24)
    http://www.poc39.com/archives/2007
     
    http://q.hatena.ne.jp/1368203672#a1200956(No.4 20130513 21:23:28)
     敗北記 ~ ポツダム宣言の黙殺から受諾、玉音放送から降伏調印 ~
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19510908 十一人の恐れる男
     
    (20160729)
     

  • 原爆投下は、たった一語の誤訳が原因だった―。突きつけられたポツダム宣言に対し、熟慮の末に鈴木貫太郎首相が会見で発した「黙殺」という言葉。この日本語は、はたして何と英訳されたのか。ignore(無視する)、それともreject()拒否するだったのか? 佐藤・ニクソン会談での「善処します」や、中曽根「不沈空母」発言など。世界の歴史をかえてしまった誤訳の真相に迫る!(引用)

  • 通訳と翻訳の世界(浦安キャンパス公開講座)
    「訳者の役割 ――透明な存在か、文化の仲介か」鳥飼玖美子
    「言葉の魔法 ――ハリー・ポッターの翻訳者として」松岡ハリス佑子
    「通訳・翻訳の諸相 ――理論と実践の出会い」
    パネリスト=松岡ハリス佑子、鳥飼玖美子、山岸勝榮教授、小林裕子准教授。進行=石黒武人講師。総合司会=山下早代子教授
    開催日時 2013年10月19日(土) 13:00~15:30
    受   付 12:00から開始
    開催場所 明海大学浦安キャンパス 2206大講義室
    定   員 350名
    参 加 費  無料
    事前申込 必要(定員になり次第、締め切らせていただきます。)
    申込方法 申込書をダウンロードしFAXまたはE-mailで送信してください。
            (お電話でも申込みできます。)
    問合わせ 明海大学浦安キャンパス庶務課 
    TEL:047-350-4990 FAX:047-355-5420
            E-mail:mu-info@meikai.ac.jp
    後   援 浦安市教育委員会
    http://www.meikai.ac.jp/04kyouiku/2012-0623-1830-1.html

    新潮社のPR
    「原爆投下を招いた、たった一語の誤訳とは!

    原爆投下は、たった一語の誤訳が原因だった──。突き付けられたポツダム宣言に対し、熟慮の末に鈴木貫太郎首相が会見で発した「黙殺」という言葉。この日本語は、はたして何と英訳されたのか。ignore(無視する)、それともreject(拒否する)だったのか? 佐藤・ニクソン会談での「善処します」や、中曽根「不沈空母」発言など。世界の歴史をかえてしまった誤訳の真相に迫る!」

  • 読み応えのある翻訳論だった。

    第一章、第二章などは、太平洋戦争中、そしてその後の政治の場面の中での誤訳が扱われている。
    その辺りは政治状況についての知識や、興味があまりなかったので、少々つらかった。

    後半は、翻訳がどこまで可能なのかという話が中心。
    こちらの方は、かなり読みやすい。
    芭蕉の古池の句をどう訳すかという話は、非常に面白かった。
    言葉を単純に置き換えるレベルなら、いかようにも訳すことはできるけれども、「かはず」を「frog」と訳して済ましてよいのか、とのこと。
    英語圏でいう「frog」は、侘びさびどころか、出てくるだけで噴出してしまうような、あまり情緒的にみられることのない生き物だからだそうだ。

    それ以外にも、通訳は沈黙を訳すことはできない、論理構成まで訳すことはできないという指摘も興味深かった。
    通訳を使う人が、通訳の限界を知っておくべきだとも。

    私の目には通訳にしても、翻訳にしても神業にしか見えないが・・・。
    通訳者を養成するメソッドの開発が急務だという話も巻末にあった。
    通訳論や翻訳論が、まだそういう状況なのだということも、ちょっと驚いたことだった。

  • 通訳関連で、近場にあったので。

    つまるところ、米原万里の『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』ということになるんだろうけど、お互いの文化や背景なんかが違うと、不実であろうと貞淑であろうと、美女であろうと醜女であろうと、完全に伝わるっていうことはほぼありえないんでしょうかね。

    まったくもって難しい世界。

  • 英語の素養があれば尚面白かっただろう・・・。

  • 通訳翻訳にまつわる誤訳と呼ばれる訳を考察する。
    外国語能力の欠落によって引き起こされた誤訳は誤訳以外の何物でもないが、一般的に誤訳と呼ばれているものの中には、それらとは異なる種類のものがあるという。
    例えば、文化の違いから引き起こされる誤訳は、文字面はきちんと対応しているのに、日本語と外国語でその言わんとしていることが異なる場合があるという。
    さらに具体的には、orange catという例が挙げられている。これは、直訳すれば、「オレンジ色の猫」ということになるが、英語と日本語では同じ色でも色彩分類が異なるので、日本語でいう「茶色い猫」に当たるのだという。
    この他にも、文化の違いだけではなく、外交などの政治がからむ局面においては、二か国間での利益の違いから、通訳者や翻訳者に圧力がかかり、故意に誤訳を行わなければならない場合もあるという。

  • 通訳、翻訳の有り方を模索することを目的に歴史的な訳を分析した本。
    ポツダム宣言等、国際間のやり取りに登場した訳が紹介されており、勉強になります。発言内容の背景にはその国の文化や歴史があるため、完璧な訳ってのは大変難しいことがよく分かります。

  • 通訳・翻訳という観点から異文化コミュニケーションを論じた一冊。前半は誤訳・ミスコミュニケーションにまつわるエピソード集という色彩が強いが、後半ではそもそも他国の文化そのものを訳すことができるのかという点を考察しており、非常に興味深い。単に外国語を知っているというだけではなく、外国の文化を理解していないと異なる言語での相互理解はできないという見解には説得力がある。

  • 河野一郎氏の『翻訳上達法』で紹介されてゐた事件があります。
    戦後まもなく、ある山村で若い女性が、路上で米兵につかまりジープに乗せられ暴行されたさうです。米兵は軍事裁判にかけられましたが、そこで問題になつたのが、彼女はむりやり乗せられたのか否かといふところ。自発的に乗つたのであれば彼女にも責任があるからです。ところが「助けてください!」といふ彼女の必死の叫びを、通訳が“Would you help me?”と訳した為、裁判官は苦笑し結果米兵は無罪放免となつたのであります。ここでの「~ください」は丁寧な依頼ではなく、女性特有の語尾でせう。それを“Would you~”としたのは誤訳ではないかと河野氏はいひます。ここははつきり“She cried,Help!”と訳すべきであつたと。
    結局この女性は、婚約者がゐたのですが別れる羽目になり、自殺したさうです。誤訳が人の生命を奪つた事例と申せませう。

    さて鳥飼玖美子さんの『歴史をかえた誤訳』では、個人レベルではなく、国家間のやりとり、即ち外交上の誤訳が重大な結果を招いた話が紹介されてゐます。
    ポツダム宣言をめぐつて“ignore”といふ単語を「黙殺」と訳したために起きた悲劇は有名な話。たつた一語の訳をめぐつて、数十万人の生命が左右されたかもしれないのです。

    第五章の「文化はどこまで訳せるか」は、個人的には本書の白眉と感じてゐます。「翻訳の方法には二種類しかない」と語つたドイツの学者がゐたさうです。「著者を読者の方にひっぱってくる訳か、読者を著者の方にひっぱってくる訳かのどちらしかない」(190頁)といふわけです。至言ですなあ。

    本書は元元ジャパンタイムズから『ことばが招く国際摩擦』の書名で出てゐたのを加筆改題したさうです。内容から判断しますと、元の題の方が良かつたと申せませう。邪推するに、改題は版元の意向ではないかと。
    もつとも、本書が瞠目すべき快作であることには変りはありません。通訳を志す人には必読の一冊ではないでせうか。

    http://ameblo.jp/genjigawa/entry-11167891871.html

  • 主題は:通訳者は空気であれ というもの。

    一方で、通訳者は対外折衝において頼りにされ 情報が集まる。
    そのために空気でいることがとても難しい。
    また、文化間で同じ対象を表す表現が異なったり、訳し切れないこともしばしば。

    先日生まれて初めてすこし仕事の場で通訳をしたので読んでみました。
    今後の通訳において参照すべき、示唆に富んだ失敗事例・評価が難しい事例が満載でした。

    「外国語に堪能」であることと、「通訳として有能」なことは全く別物。

  • タイトルから想像していたものとは異なり、文化の違いによって生じる異文化コミュニケーションの齟齬の問題がテーマでした。
    文化的価値観の違いを踏まえ上での翻訳の難しさというのはよく分かりましたが、自身が読みたいと考えていたものとの内容的な開きが正直ありすぎたように思います。

  • BilingulalでありBiculturalでなくてはいけないって本当にそう。
    うなづけすぎて頭痛がする位です。
    基本、国際政治・外交の通訳に触れていることがメインなんですが、ふと外務省にお勤めだった頃の雅子妃が思い出されました。颯爽としてとてもステキだったのに、早くご病状がよくなることを祈ります。

  • “原爆投下はたった一語の誤訳が原因だった”のアオリに警戒しましたが、至極丁寧な通訳/翻訳論でした 翻訳小説を読んでいると、何だか妙な文章に遭遇することがあったと思いますがそんな方にお薦めです。特に『第五章文化はどこまで訳せるか』目から鱗に面白かったです。

  • ポツダム宣言を、日本は「黙殺する」と回答した。これは、徹底抗戦派を抱えつつ終戦を模索していた政府には、ギリギリの回答だった。
    連合国側には、「無視」「拒絶」の意味に訳された。
    そしてまもなく、広島と長崎に原爆が落とされた。

  • 外交上一番の誤訳は、ポツダム宣言に対する日本側の回答「黙殺」の英訳で、これが原爆投下を招いた話から、oakは実は楢であるという話まで、訳に関する興味深い話満載。鳥飼先生ならではの追求された一冊です。

  • 言葉は文化を背景にしているから、簡単には訳せない?

  • 図書館所蔵【801.7TO】

全32件中 1 - 25件を表示

歴史をかえた誤訳 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

歴史をかえた誤訳 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

歴史をかえた誤訳 (新潮文庫)の作品紹介

原爆投下は、たった一語の誤訳が原因だった-。突き付けられたポツダム宣言に対し、熟慮の末に鈴木貫太郎首相が会見で発した「黙殺」という言葉。この日本語は、はたして何と英訳されたのか。ignore(無視する)、それともreject(拒否する)だったのか?佐藤・ニクソン会談での「善処します」や、中曽根「不沈空母」発言など。世界の歴史をかえてしまった誤訳の真相に迫る。

ツイートする