うそうそ (新潮文庫 は 37-5)

  • 3875人登録
  • 3.77評価
    • (306)
    • (580)
    • (546)
    • (39)
    • (8)
  • 341レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2008年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461250

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • しゃばけシリーズ第5弾で長編。病弱な若だんなが初めての旅へ。稲荷様のお告げで箱根へ湯治へ行くことになったのだ。
    ところが常に共にいる手代2人、佐助と仁吉が行方不明に。なんとか宿に着いたと思いきや、人攫いにあい、その道中で天狗に襲われる始末。箱根の山神が起こすと言われる地震も多発し、単なる湯治のはずが、湯にもつかれず災難続き。初旅の若だんなは江戸に無事帰れるのか?

    若だんなが思った以上に動きまわってました(物理的に)。山なんて登れないものだと思っていたのに、案外頑張っています。もちろん作中、最後は体調を崩していましたが。

    山神の娘、お比女ちゃんの悩みに共感しました。
    力ない自分は周りの人の役に立っているのか。迷惑をかけているだけではないのか。
    同じような悩みを持っていた若だんながお比女にかける言葉がグッときます。

  • 2012.50

  • しゃばけシリーズ初の長編。

    若だんな一太郎が箱根に
    湯治の旅に出る訳だが
    旅の初っ端からトラブルに見舞われ
    湯治どころでなくなるドタバタぶり。

    今までと違い外での出来事なだけに
    世界観が一気に広がり、
    野山を駆け回る様が新鮮である。

    様々な問題が発生するも、
    皆が奮闘する様は読んでいても躍動感があり
    先が気になる展開満載だ

  • 「しゃばけ」シリーズ初、若だんなが遠出。

    ひ弱で働くことも出来ない長崎屋の若だんなと、山の神の娘でありながらも自分に自信が持てないお比女ちゃん。共通の悩みにちょっと我が身がダブりました。

    毎度ながら挿画が可愛い。時代モノの中でも取っつき易いお話ちゃうかな~。

  • うう~ん・・・本をあまり読まない人には読みやすくていいかもしれないですね。

  • 若だんな、人生初の旅

    でも、最初から前途洋々と行くはずもなく・・・

    山神様と姫神様が過去に経験したこと

    雲助の頭領格が経験した裏切り

    色んな思いを知って

    さらに優しく、さらに大人へと近づく若だんな

  • テレビドラマ化もしていました。
    病弱な一太郎と妖怪たちがとりなすコメディー!
    妖怪って怖いものだと思われがちですが、ここに出てくる妖怪たちは可愛らしく、魅力溢れるキャラクターたちばかりです。

  • 若旦那が江戸からでるって?最初から、ハプニング続出で、珍しいことに長編。色んな難題を片付けて、なんとか江戸まで帰ってくるよ。若旦那これでまた成長したね

  •  しゃばけシリーズ第5弾です。しゃばけ祭りが続いています。
     本作は1作目のしゃばけ以来の長編作品です。
     畠中さんの作品は、短編と長編だと全然イメージが違うように感じます。長編のほうが妖怪色が強く、ファンタジー感が多いように思います。
     今回は若だんなが旅に出ます。あんなに身体の弱い若だんながかなり無茶をします。「え!ほんとに大丈夫?」ってくらいに無茶をします。
     長編はそこまで謎らしい謎が出ません。でも、頼りになる兄や2人が若だんなの側を離れてしまいます。いざって時には助けに来てくれるのですが、「離れちゃダメでしょ!」とつっこみたくなるくらいにさらっといなくなったりします。
     若だんなのおばあさんに会えるのかなと少し期待したのですが、残念ながら登場はしませんでした。でも、正体について、少し知ることができました。

  • 本のタイトル「うそうそ」、嘘? と思って扉を開いたら意外な意味が……江戸を舟で出立早々に妖の兄や達と離れ離れになり心細い若だんな。そこからジェットコースターストーリーよろしく様々な災厄に巻き込まれていく。夢に現れた女の子の声の主の姫神様、いずれお江戸に遊びに来そうな予感がする。『食べるにも着るにも困らず、人の借金を負わされることもなく、住むところもある。家族もいる。これで文句を言ったら罰があたる。』という件が身につまされた。

全341件中 1 - 10件を表示

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)に関連する談話室の質問

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)に関連するまとめ

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする