ゆんでめて (新潮文庫)

  • 1684人登録
  • 3.89評価
    • (127)
    • (229)
    • (167)
    • (10)
    • (0)
  • 167レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2012年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461298

ゆんでめて (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は、一冊まるまるある大がかりな仕掛けがあります。
    確かにSFの世界ではよく見る仕掛けだけど、
    まさかしゃばけでそれを体験する事になろうとは…(笑)

    もしあの日、別の道を選んでいたら…
    というのは、人間だれしも経験することですね。
    何気ない選択が、人生を一変させることになる。

    人間、人生のやり直しはできません。
    でも若だんなには神様がいる。妖たちもいる。
    せめてこの世界だけでは、皆が幸せになって欲しいです。

  • シリーズ9作目。パラレルワールド。左の道を行くはずだったのに、右の道に行ってしまったために変わってしまった未来。屏風のぞきがいないと寂しいなぁ。河童の禰々子が出てきたのが嬉しい!あの佐助を子分のように扱うなんて、さすが河童の親分!パラレルワールドの中だけと言わず、また登場して欲しいなぁ!

  • しゃばけシリーズ第9弾。今までの巻とは趣が異なり、話の流れがなかなかつかめない。その理由は最終話にしっかり収まるので不思議です。著者の力量ですねきっと。最初の話を読み進めたときに、あれ?読み飛ばした巻があったかな?と不安になるようなタイムスリップが味わえます。
    たら・れば、の話は、普段の生活の中ではまずかんがえませんが、こういう物語の中だと生き生きとしてくるからなお不思議です。
    今回の話に出てきた妖がこのあとの巻でどういう風に出てくるのでしょうか?

  • なんと、しゃばけシリーズも、9作目です。
    相変わらず、若だんなは優しくて、虚弱^^;
    そして、家鳴りは可愛いし、兄やたちはかっこいいです。

    タイトルの、『ゆんでめて』とは、弓手(ゆんで)と馬手(めて)、左と右のことを指します。
    若旦那が、弓手の方に進むはずだったのに、なぜか馬手に駆けて行ってしまいます。

    あの日、あの時、もう一つの道を選んでいたら…。
    今回は、そんな後悔もありつつ、5つのお話が絡んでいつもの騒動になっていきます。

    ちょっとした江戸版、タイムトラベル?
    どうやら、次作にも関わってくるそうです。楽しみに待ちましょう

  • 弓手(左、馬手(右、あるはずのない未来に行ってしまいました
    みんなで花見、楽しそうです;-)

  • 畠中さんには、失礼ですが
    「いつかネタ切れしてしまうのかなぁ…」
    と思っていました。

    しゃばけシリーズは本当に大好きなので、終わってしまったら今回の一太郎のようになってしまいそうです。

    ですが、前回のころころろから、ゆんでめてまで度肝を抜かれるような展開が起きて、それが先のストーリーまで繋がっているようなので
    「まだまだ先は長そう!」
    と思えて、わくわくです。

    現実からファンタジーへ連れていってくれるしゃばけシリーズが本当に好きだと再認識。

  • 短編がいくつか合わさって1つの大きな物語になってる構成がすごく好きなので、最初の展開ですごく落ち込んでいたのもあいまって、読み終わって、ああ、やられた! と思うと同時にすごくすっきりしました。
    どうしてもやり直せないことがある、というのも事実ですが、不思議に囲まれた一太郎にはこういうことがあっても良いんじゃないかと。そして、こういうふうに恵まれているのは日頃の一太郎の思いやりのおかげなんだと思うとすごくほっこりします。

  • なんとなく惰性のような気持ちで買ってしまう若だんなシリーズですが、毎回安定した面白さですよね。今回は特に凝った構成になっていて、かなり楽しませてもらいました。変わらない日々が嬉しい限り。

  • 割と最初の方で全体の展開は予想できたんだけど、それでも選ばなかった道の哀しさはより強くなったような気がします。
    運命の分かれ道って、別れをもたらすんだなあ。

  • 2012.160

全167件中 1 - 10件を表示

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆんでめて (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゆんでめて (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゆんでめて (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゆんでめて (新潮文庫)の作品紹介

屏風のぞきが行方不明になり、悲嘆にくれる若だんな。もしあの日、別の道を選んでいたら、こんな未来は訪れなかった? 上方から来た娘への淡い恋心も、妖たちの化け合戦で盛り上がる豪華なお花見も、雨の日に現れた強くて格好良い謎のおなごの存在も、すべて運命のいたずらが導いたことなのか――。一太郎が迷い込む、ちょっと不思議なもう一つの物語。「しゃばけ」シリーズ第9作。

ゆんでめて (新潮文庫)の単行本

ツイートする