やなりいなり (新潮文庫)

  • 1148人登録
  • 3.65評価
    • (58)
    • (126)
    • (142)
    • (19)
    • (0)
  • 104レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2013年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461304

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

やなりいなり (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 空腹になれるという、
    幸福。

  • しゃばけシリーズの続き。
    各編の最初に長崎屋でのお料理のレシピが。
    若旦那は相変わらずのお人好し&病弱ぶり。
    久しぶりに読んだけど、描写が丁寧で好きだ。
    ゆっくり江戸の町を想像しながら読んだら、意外と時間が経っていた。

    こいしくて…小豆粥
    恋の病が猛威をふるう通町界隈での話。
    若旦那、胸がチクリとする。

    やなりいなり…やなり稲荷
    妖怪でなく幽霊あらわる。

    からかみなり…栄吉の揚げあげ出しいも
    雷がひどい日から3日間、若旦那の父行方不明となる。

    長崎屋のたまご…ゆでたまご
    不思議な青い玉を拾うが、それを家鳴りが遊んで外に飛ばしてしまう。取り戻そうとする家鳴りの冒険。

    あいしょう…味噌漬け豆腐
    幼馴染みの栄吉が最近忙しく、中々話すことも出来ない。そんな時、配達先でもめる男二人も幼馴染みらしく、それぞれの友情について話を聞くことに。

  • 2013年12月2日購入。
    2016年5月8日読了。

  •  久々に読んだ、しゃばけシリーズ第10作。前作『ゆんでめて』、前々作『ころころろ』は、全編を通した仕掛けが施されていたが、通常のフォーマットに戻っただろうか。

     「こいしくて」。ただでさえ病弱な一太郎なのに、長崎屋がある通町界隈には厄病神が溢れる。その原因とは…おいおい。知られざる江戸の防衛システム。神様も人間と同じということですか。後始末をどうするのか、気になる。

     「やなりいなり」。長崎屋の離れに現れた奇妙な霊。一方、日限の親分はある事件を追っていた。最後にどう繋がるかや、霊の正体など、意外性があって面白い1編。あまりにも相手が悪かったねえ。そして、「彼」の運命は。

     「からかみなり」。一太郎の父、藤兵衛が長崎屋に帰らない。事件に巻き込まれたのか? しかし、佐助や仁吉は一太郎を外に出してくれない。しかたなく離れで推理する…という、安楽椅子探偵的な1編。前にもこんなパターンがあったような。

     「長崎屋のたまご」。空から降ってきた謎の玉子。鳴家(やなり)たちがいたずらして、玉子はどこかへ行ってしまった。深刻な事態の割には、ドタバタ劇のような乗りで、楽しい1編。それにしても、100人(?)もいるとは。どんな姿形なのだろう。

     「あましょう」。外出もままならない一太郎が、久々に栄吉と話したいと懇願する。ところが、行ってみると店先では男2人が揉めている…。一太郎が首突っ込む理由はないだろうという突っ込みはさておき、男ってやつは…。最後の真相に驚く。

     シリーズ第10作ともなると、かなり安定期に入った感があるかな。各編冒頭に、江戸時代のレシピが掲載されているのが、目新しいといえば目新しいが、料理をネタにした話は過去にもあったはずで、さほどレシピに意味がないような…。

     固定ファンにはこのままでいいのかもしれないが、畠中恵さんは、この物語にどう区切りをつけるのだろう。一太郎はいつまで経っても病弱なままで、長崎屋を継ぐことはあるまい。熱心なファンではない僕だが、読み進めるほど一太郎の将来が気になる。

  • 七福神がひょっこりと顔を出す短編が。
    有名どころの神様が
    あまり登場しなかっただけに、
    今後、ひょっとしたら長編か何かで
    有名な神様が若だんなをドタバタ劇に
    巻き込むきっかけをつくるのでは?と
    ワクワクしつつ…
    若だんなも栄吉も安定のだめっぷり。

  • 久し振りに「しゃばけ」。元々特徴のある文体で、このシリーズに関してはそれが心地よかったのだが、どうも今回は読みづらかった。書き方が変化したのか、読み手であるこちらのせいかは分からない。
    料理のレシピは面白いが、あんまり興味ないので飛ばした(本編に関わりないし)。
    短編集なのだが、どれも後ちょっと、という感じ。うーん。期待度高すぎた?

  • ホント、ようやく久しぶりに本が読めた…。で、選んだのは大好きな「しゃばけ」シリーズの文庫最新刊。

    心が温かくなりつつもちょっと切ない、お江戸ファンタジーの世界。今回も楽しませて頂きました。

    個人的な話で恐縮ですが、私が仕事で忙しくしていた間にいつの間にやら息子(小5)も「しゃばけ」にはまったようで、私の本棚から勝手に持って行っているようです。父さん大事にしてんだから、ちゃんと返せよ(笑)!

  • 今回はレシピ本(江戸料理)を兼ねるという新趣向。
    でもでも、「弱い」っていうことを知っているという誰も触れられないほどの「強さ」を持つ若旦那は病弱ながらも健在です。
    でも、成長してるんですよね、女性の美しさに魅かれたり、友達との距離に右往左往したり・・・。
    いつのまにか仁吉や佐助その他の妖面々のように若旦那にはずっとずっと今のように居て欲しいと願っています。

  • 「しゃばけ」から、シリーズ10作目になるんですねぇ。
    「しゃばけ」の時から、文庫本でずーっと読んでます。
    最近は読み始めると、なんだか懐かしい友達の家に
    遊びに行ったような気持ちになります。

  • しゃばけシリーズ10冊目の文庫。たぶんこのシリーズは長編と短編集が交互にきてたと思うので、今回は短編集。基本的には楽しく読めたんですが、今回ネタが「かぶってる」と思う作品が1冊の中に複数あって、そこはちょっと微妙だったかな。天から何かが落ちてくる「からかみなり」と「長崎屋のたまご」が続いたり、「やなりいなり」と「あましょう」のオチ(生霊)がかぶってたり・・・。

    あといつもハッピーエンドで終わるわけじゃないよという短編がたまに紛れているのは個人的に好きなんですが、今回「こいしくて」もスッキリせず、「あましょう」もスッキリせず、だったので、なんだか単に似たような終わり方・・・という印象になってしまったのが残念。

    まああまり深く考えず、鳴家かわいい、仁吉さんかっこいい、とミーハー気分でお気楽に読む分には良い息抜きになりました。

  • 本シリーズの続編を楽しみにしていた……のだが、各話の冒頭に料理のレシピが書かれているのが、著者のエッセイを思い出して引いてしまった。そして「こいしくて」が期待を下回るオチで、この後に読んでいくのが辛く感じた。最後の「あましょう」でようやくホロリとできた。さて、これからどうしよう?

  • 読むと幸せな気持ちになるしゃばけシリーズ。今回はいつも以上ににぎやかでレシピ付きなのが妙にうれしい。狐好きなのでたくさん出てきてくれたしお手製のお稲荷さんがおいしそうでよりうれしい。妖だけじゃないもののかかわり方がなんとなくリンクしているようなお話があってなんだか切なかった。
    久しぶりに栄吉さんと若旦那が並んでる姿も見れたし鳴家の大冒険は見ものだったし心がウキウキします。

  •  私の場合ですが、私はあんまり食に興味がないので、食に絡めた今回の話はあんまり合わなかったかな。
     でも傑作の前巻の「ゆんでめて」をところどころ引きずっているのは相当面白かったです。

  • 江戸風の総菜のレシピを冒頭に載せたしりーず。
    やなりいなりも鳴家の顔を模した稲荷ずしの作り方。
    橋姫の恋物語から、生霊となったものの話。
    生霊系の話が二つ入ってましたね。
    雷神や雲の上の神様たちの話など、妖怪だけに収まらないスケールになってきてます。

  • 江戸のグルメをお題にして落としたような、短編集でした。今回は空が落ちてきたりファンタジー要素が強く、畠中さんの描写の上手さが際立つようでした。
    最後のあましょうの掛け合いが絶妙。響きました

  • れしぴもついて、ますます絶好調!

    鳴家がますますかわいい「しゃばけ」シリーズ第十作。さりげなく前作『ゆんでめて』を引きずっているのがまたなんとも。本当に屏風のぞきが復活(?)してよかった。

  • 2016/03/30 読了

    しゃばけシリーズ 10作目
    レシピ付き

    こいしくて
    やなりいなり
    からかみなり
    長崎屋のたまご
    あましょう

    やなりいなりの やなり稲荷 がとてもおいしそう。

    10冊目になるとちょっとお話が似てくるのは仕方ないのかな。
    今一気に読んでいるので、もしかしたら新刊を待って読む気持ちと異なるかも。

  • 最後の話。終わり方。ああ悲しいなあ。

  • 畠中さんのしゃばけシリーズ10作品目。

    今回は食がキーワードになり、食が必ず関わった話が出てる。

    それぞれの章の冒頭にレシピがでていて、これがまたおいしそう!

  • 恋の病が流行!

  • 相変わらず可愛い。家鳴りたちの個性は巻が進むにつれ少しずつ鮮明になりいとおしくなります。
    最後は泣かされました。

  • 【読了メモ】(150411 18:31) 畠中恵『やなりいなり』/新潮文庫/2013 Dec 1st/長崎屋のたいまぁ、又の名を鳴家/うっかり読み通してしまい、最後に落涙。豆腐百珍で持ち直した。

  • 料理をテーマにした短編5編。
    それぞれの冒頭にレシピつき。
    やなりいなりは鳴家の顔つきいなり寿司・・キャラ寿司!
    ちょっと作ってみたいけど、誰もわかってくれないだろうなあ

全104件中 1 - 25件を表示

やなりいなり (新潮文庫)に関連する談話室の質問

やなりいなり (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

やなりいなり (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やなりいなり (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やなりいなり (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

やなりいなり (新潮文庫)の作品紹介

偶然みかけた美しい娘に、いつになく心をときめかせる若だんな。近頃通町では、恋の病が流行しているらしい。異変はそれだけに止まらず、禍をもたらす神々が連日長崎屋を訪れるようになって……。恋をめぐる不思議な騒動のほか、藤兵衛旦那の行方不明事件など、五つの物語を収録。妖たちが大好きな食べものの“れしぴ”も付いて、美味しく愉快な「しゃばけ」シリーズ第10作!

やなりいなり (新潮文庫)の単行本

やなりいなり (新潮文庫)の単行本

ツイートする