つくも神さん、お茶ください (新潮文庫)

  • 258人登録
  • 2.85評価
    • (0)
    • (14)
    • (28)
    • (11)
    • (6)
  • 24レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2012年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461816

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

つくも神さん、お茶ください (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『しゃばけ』シリーズの畠中さんのエッセイ集、
    長らく積読状態でしたが『本の運命』に引き寄せられるように。

    ただひたすらに、「本が好きなんだなぁ」と、
    そんな想いが伝わってきて、楽しくさらっと読めました。

     “首までどっぷりと“ヨム”にはまりたい”

    本を読むために半ドンになんて、羨ましい。
    なかなかそういった時間を作ることは少ないので、今度試してみよう。。

    そうそう「本」の中に出てくる料理を再現とは、、凄いですね。
    久々に『鬼平犯科帳』を読みたくなってまいりました。。

  • 大好きな作家さんのエッセイということで、楽しく読ませていただきました。
    日々の生活から鳴家達と暮らしているようで羨ましく思いました。私も逢ってみたいです。
    と、羨ましく思うと同時に、失礼かもしれませんが、すごく身近に畠屋さんを感じることができたのもよかったです。
    私の好きな森見登美彦さんのことも書かれてて、なんかニヤニヤしてしまいました。

  • 畠屋さんのエッセイ集。畠中恵さんらしいと感じがあって、物語から想像していた作家さんの印象とそれほどの差はありませんでした。
    さてさて 今度のお話は??(^^♪

  • 蒔絵シールプレゼント←気になる(オマケや動くモノに釣られる猫でした)

    新潮社のPR
    「シリーズ誕生秘話、読書の楽しみ、知られざる趣味……初めてのエッセイ集。超人気「しゃばけ」シリーズの生みの親って、どんな人? 柴田ゆう絵師の書籍未収録イラストも満載!

    大人気「しゃばけ」シリーズの戯作者、畠中恵さんって、こんな人なんです! 遅咲きだったデビュー秘話、妖たちとの初めての出合い。愛する本や映画のこと、創作における苦労。今は亡き小説の師匠の思い出。隠しておきたい弱点や、とっておきのストレス対処法……。お江戸の世界と日常を自由自在に行き来しながら、愛すべき小説を生み出す作家の素顔とは。もりだくさんの初エッセイ集。」

  • う~ん、初エッセイで力が入り過ぎましたかねー「本の道」が特に空回りしてたかな。無理に現代語を江戸言葉風に書かなくても良かったのでは(^^;)「読んだ観た聴いた」が良かったですね。鬼平の料理を再現する話が良いですな。

  • 小説は無難に面白いのに、エッセイがこんなにつまらないとは…。中国まで西太后の朝食を食べに行く話なんかつまらなく書きようがないと思うのに、結局料理が旨かったのかどうかすらよく分からないぼんやりとした書き口。不思議な人だなーと思いながら謎の義務感で読了。

  • 「しゃばけ」シリーズで有名な畠中先生のエッセイ集。先生おすすめの江戸時代の妖怪本の紹介や江戸川乱歩や森見登美彦などの本が紹介されている。
    表現がこっている文章があって何が言いたいかわからないエッセイがあった。

  • エッセイ集と知らないで買っちゃったんですが、エッセイというより、過去の書き物の寄せ集めで、他の作品のあとがきとか解説とか、それだけここにみせられても・・・というか、こんなんで金とるのかよっていう。
    買ったことを後悔。
    ていうかよくこんなもの販売しようと思ったよね。
    作者も編集者も。

  • 2012年11月30日購入。
    2015年6月1日読了。

  • しゃばけシリーズでお馴染みの、畠中さんの短文集。
    最初の方はちょっと文章が硬いかな?
    様々な雑誌に乗せられたコラムは、エッセイというより、もっとぎゅっと濃縮された感じがします。
    何に掲載されていたのかを見ると、ふむふむなるほど、と思える。
    日常のことや、青春時代のことなど、年代が近いので、しみじみ読ませていただきました。
    「あじゃれ よみうり」からの抜粋も面白い。

  • 「しゃばけ」の作者:畠中さんのエッセイ集。お江戸にちなんだ文体がなんとも言えず、“妙”な雰囲気を醸し出していて読んでて面白かったです。
    しゃばけシリーズを読んでて思った、とっても食事のシーンが魅力的(食欲をそそる)だなぁという原因は、やはり作者の趣向なんだとはっきりわかりました。ぜひ続けていただきたい。。。豆大福が食べたくなりました。

  • 最初の章は読みにくかったけれど、後半に行けは行くほど面白かった。

  • 料理の描写がイケてない理由が少しわかった気がする。

  • お江戸的エッセイ。しゃばけ気分で現代を感じられる。文章が独特で噺家さんみたいな書き方と思った。やなりは家に一人ほしいなあと思った次第。

  • ちょっと読みにくい部分もあり、読みやすい部分や興味深い部分だけさらりと読んでみました。
    著者の「食」に関する興味や、その丈夫な胃袋には感服。中国爆食ツアーのお話はおもしろかったです。

  • 畠中作品はどれもすきなので、エッセイにも手を出してみた。ただ、最初の方のお話の書き方が僕に合わずとても読みにくかった。途中から普通の文体になりそこからは問題なかったのだけど。
    作者の考えが語られる部分も少なく、あまり読んでいて面白くなかった。

  • う~ん、この人エッセイは苦手なのかな?
    それとも編集がまずいのか。
    とりとめもない文章がとりとめもなく続く。
    そんな感じ。
    一言でいえば「雑」

    しゃばけの作者じゃなければ最後まで読んでないと思う。

  • 『しゃばけ』シリーズで、歴史小説とファンタジーとの取り合わせという新しい世界を提示してくれた、畠中恵。
    その初となるエッセー集が文庫本になっていたので、読んでみることにしました。
    作家デビュー以降に、著者が雑誌等に寄稿した文章が、集められています。
    身辺雑記的なものも多いのですが、特に中核となっているのが、「読書」に関する記述です。
    「思い出の本」や、文章を書く立場となって気をつけていることなどが、畠中恵らしい独特の文章で書かれています。
    長編小説が終盤に差し掛かった時の感覚などは、自分が感じていることにとても似ていて、親近感が持てました。
    その他、著者が本を楽しむポイントというのが、著者自身の作品にも、特徴として表れているなあと、感じました。
    一遍の長さは数ページ程度なので、畠中恵の小説世界に親しんでいる読者には、気軽に読める一冊だと思います。

  • 宝泉堂の黒豆。宝戒寺のしだれ梅。

  • 残念ながら、エッセイはあまり慣れていないようですね。

  • 「しゃばけシリーズ」のファンなので、作品裏話などを読みたくて購入。
    最後まで飽きずに読み終えましたが、相性とか好みによるのでしょう、
    この作者の文章は、エッセイよりも小説のほうが私は面白いと感じました。

  • 長き世の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな,と同様ゆったりのんびり,というスタンスが心地好い.

  • 畠中さんのエッセイということで興味が湧きました。作家になる前の畠中さんが三枚おろしにされてたり、携帯で市外局番入れ忘れたり(実は私も経験あり)何気ない日常に色んなことが溢れているんですね。

  • この人のエッセイをもう1冊読みたくなるか、と言われたら微妙。
    読んでもいない小説の解説部分だけが続くあたりは正直しんどかった。
    どんな人から「しゃばけ」が生まれてきたか、ということを知るには有益だけれど、ウェブ連載の再録は言葉遣いが読みづらい。
    雑誌の短いエッセイの再録部分はおもしろく読めた。

全24件中 1 - 24件を表示

つくも神さん、お茶ください (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

つくも神さん、お茶ください (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つくも神さん、お茶ください (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つくも神さん、お茶ください (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

つくも神さん、お茶ください (新潮文庫)の作品紹介

大人気「しゃばけ」シリーズの戯作者、畠中恵さんって、こんな人なんです。遅咲きだったデビュー秘話、妖たちとの初めての出合い。愛する本や映画のこと、創作における苦労。今は亡き小説の師匠の思い出。隠しておきたい弱点や、とっておきのストレス対処法…。お江戸の世界と日常を自由自在に行き来しながら、愛すべき小説を生み出す作家の素顔とは。もりだくさんの初エッセイ集。

つくも神さん、お茶ください (新潮文庫)の単行本

ツイートする