この世 この生―西行・良寛・明恵・道元 (新潮文庫)

  • 21人登録
  • 3.83評価
    • (2)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 上田三四二
  • 新潮社 (1996年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101462110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

この世 この生―西行・良寛・明恵・道元 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 西行、良寛、道元の評論は類書の多い中で、著者のものが腑に落ちやすい。次は著者の作品で未読の『俗と無常』で兼好法師を。

  • 病と闘いながら、医師として、歌人として、作家として生きた三四二。
    控えめで、でもそれを表現していくことは恐れず、しっかりとした感じを受けていた。本書は、そんな彼の西行観、良寛観、明恵観、道元観を知ることができる。おちついて、しっかりとらえようとする著者の思いが伝わる。
    そんな良書である。

全2件中 1 - 2件を表示

この世 この生―西行・良寛・明恵・道元 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この世 この生―西行・良寛・明恵・道元 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

この世 この生―西行・良寛・明恵・道元 (新潮文庫)の作品紹介

花と月とへの憧憬、子供らとの無垢な戯れ、夢遊の至純、浄身の飽くなき実践。-大患を得て自らの死と対峙し続ける体験を持った一人の文学者が、敬愛する四人の先人の、隠者の系譜につらなる詩歌と思想とに深く分け入り、死生観を味読する。その時、未知の死と不可知の死後とが、今・ここにおける生と相結んで、現世浄土を求める地上一寸の声に結晶してゆく…。読売文学賞受賞。

この世 この生―西行・良寛・明恵・道元 (新潮文庫)はこんな本です

この世 この生―西行・良寛・明恵・道元 (新潮文庫)の単行本

ツイートする