牛への道 (新潮文庫)

  • 742人登録
  • 3.66評価
    • (88)
    • (81)
    • (169)
    • (13)
    • (4)
  • 97レビュー
著者 : 宮沢章夫
  • 新潮社 (1997年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101463216

牛への道 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あかんで。これは電車の中で読んだらあかんで。あかんかったで私は。向かいのお兄さんの目線がちらっとこっち向いてまた降りた。なんだその所在無げな目線は。他人の所在ない目線ほど人を不安にさせるものはありません。
    なにごともない出来事を所在ない目線で物事をみつめる人はたくさんいるけれど、この人はガン見しているタイプの人だ。だから犬も見るし牛にもなれるんだな。この本を読んでいる間だけじゃなく、私も自力でガン見しつづけたいな。

  • この本は、「グフッ」と声に出して笑ってしまい、バカじゃないかと思われる本です。古い旅館にでも泊まって独りで読むべき。著者の他の本も読みましたが、よっぽどバカじゃないかと思われるのが嫌なんでしょうね。今年読んだ本の中で 最高の本です。

  • みやざわさんの本はほんとシュールで笑えます。

    どれを買っても笑えますが、装丁がイイ
    新潮文庫3部作からどうですか?

    立ち読みや電車内はまったくもっておすすめしません。
    吹いてる姿をあえて見られたいM系ならどうぞ。

  • ちゃんと面白い。人に薦められる。

  • だからこの人の本は電車ではダメだって。

  • 冒頭が大好き!自販機の話。前書きから面白い!!

  • あんをほんげれの項を黙って読んで下さい。
    きっと、好きになる。
    でも、電車の中とか、公共の場所で読むのは避けた方がよい

  • 最高です。

  • 日常のスキマをつく可笑しさ。言葉が生み出す世界は無限なんだなあ。ただ、描かれている90年代は歴史の一部になってしまった気がする。映画帰りの本屋もまいと〜くも懐かしいけど哀しい。ついこないだだと思ってたのに。

  • まずは 目の付け所が 普通の人と違う。目付けした おかしさを 言語に 変換する力が 素晴らしい

全97件中 1 - 10件を表示

宮沢章夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮沢 章夫
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

牛への道 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

牛への道 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

牛への道 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

牛への道 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

牛への道 (新潮文庫)の単行本

ツイートする