武王の門〈下〉 (新潮文庫)

  • 299人登録
  • 4.00評価
    • (39)
    • (31)
    • (35)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 北方謙三
  • 新潮社 (1993年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101464053

武王の門〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歴史は決まっているから、菊地武光の最期の場面は、しょうがないとはいえ、戦い抜けなかったものかと。
    九州を拠点に朝鮮、中国まで広がる国。夢があっていいですね。

  • 上巻の中盤までは、人物や地理、背景を追うのに懸命で、ななか入っていけませんでしたが、上巻後半から下巻は、ぐいぐい話しに引き込まれました。
    大きな夢を抱く懐良親王、その夢にかける菊池武光。
    他、月王丸や今川了俊なども、皆それぞれ魅力がありました。
    ラストは本当に切なかったですが、熱い夢を共に見させて貰った気持ちです。

  • とても面白かった。戦法、領地経営もよく書けていた。

  • 破軍の星 と比べると、やや劣るかな、とも思うがそこは好みの問題だろう
    物語の迫力、重厚感、そして疾走感
    読むのではなく、読ませられる内容
    引き込まれて、惹きつけられて…
    大満足

  • 時代小説。
    北方謙三さんというだけで手に。

    南北朝時代って知識としてほとんど知らなかった。昔学校でやっているはずなんだけど・・・。
    なので新鮮でした。もちろん面白かった。

    ただ、ひと言いわせていただきたい・・・・・・、

    人名の漢字が読めね~~!!!

    水滸伝みたいに巻頭に、人物紹介がほしかったな~と。
    自分の頭の悪さを棚に上げて思ったりしました(笑)

  • やっぱり今まで読んだ他の北方太平記の方が熱かった気がする。もっと友情とか親子とか合戦とか怒涛の様に畳み掛けて欲しかった。もっとクサイぐらいが自分は好き。 征西府側は懐良と菊池武光、幕府側は今川了俊の三者の視点から書かれてるので状況は分かり易い気がするけど、これが熱の冷める原因かも知れない。 賀々丸の今後が楽しみ。続編に登場するんかなぁ?

  • あとひと押しという所で大将急死。
    勝利目前で退却。そして瓦解。
    最後50ページまさに急転直下。
    小説の終わり方って難しい。でも潔さと清々しさが残った。

  • ハードボイルド。九州に独立国家を目指した2人が挫折するまでを描いた。男たちの悲哀がいい。

  • 最後の100ページがすごかった…電車の中じゃなかったら号泣してた。

  • 「少弐家は、風そのものでございましょう。草の靡きの武士とは違います」南北朝時代における僅かな期間の九州統一。

全24件中 1 - 10件を表示

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

武王の門〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

武王の門〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

武王の門〈下〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする