私の嫌いな10の人びと (新潮文庫)

  • 687人登録
  • 3.48評価
    • (44)
    • (54)
    • (80)
    • (18)
    • (12)
  • 69レビュー
著者 : 中島義道
  • 新潮社 (2008年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101467269

私の嫌いな10の人びと (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人によっては毒にも薬にもなる「戦う哲学者」中島義道

    すべてとは言えないがかなり共感できる。
    中島義道が、10のタイプの「善人」をバッサリと斬る。
    一部だが共感できる題材とその理由を簡素にまとめてみた。

    ★「『おれ、バカだから』と言う人」
    実は本当にバカなのです。
    (これ笑えました。)

    ★「笑顔の絶えない人」
    結局自分の利益になるからこのルールに従っているだけではないか。

    ★「常に感謝の気持ちを忘れない人」
    日本の社会はこの気持ちが欠如している人を吊るし上げるように出来ている。

    ★「みんなの喜ぶ顔が見たい人」
    自分のまわりの環境を自分に好ましいように整えたいからであって、エゴイズムなのです。

    ★「いつも前向きに生きている人」
    この信念を周囲の者たちに「布教」しようとする。

    ★「『けじめ』を大切にする人」
    一見筋が通っているように見えてなんだかんだで社会を利用して自分に従わせようとする。

    ★「物事をはっきり言わない人」
    責任逃れの上に無意味に過剰な演出を仕掛ける。

    いや~つまんない授業の道徳話よりずっと頷ける。

    なにに戦っているのか知らないが、
    この「戦う哲学者」中島義道・・・
    面白い。

  • “いい人”が嫌いというのは全面的に同意!
    いい人が好き、という人は、いい人に甘やかされている自分、決して自分を責めないいい人が好きなわけで、結局自分が好きなだけだよね。
    あと、いい人って話していてつまらない。
    やっぱり私は皮肉の1つでも言ってくれる人の方が好きかな。

    疑問に思う点は、こういう本の存在意義。
    こういう本を読んで、ふんふんなるほどと思ったところで、結局それは共感を得たいだけで、哲学の道からは外れているよね。
    そんな本に何の意義があるのか?

  • 20171108読了
    2006年発行。
    1.笑顔の絶えない人 
    2.常に感謝の気持ちを忘れない人
     p.27感謝の気持ちを他人に要求する人
     p.57卒業生へのはなむけの言葉 
    3.みんなの喜ぶ顔が見たい人
     p.70自分のことをいつも後回しにする人 
    4.いつも前向きに生きている人 
    5.自分の仕事に「誇り」をもっている人 
    6.「けじめ」を大切にする人 
    7.喧嘩が起こるとすぐ止めようとする人 
    8.物事をはっきり言わない人
     p.184ニュースはすぐに伝えるべきだ
     p.195ああ、会議! 
    9.「おれ、バカだから」と言う人 
    10.「わが人生に悔いはない」と思っている人

  • 中島先生は繊細でとても優しくて魅力的。でも、中島先生の考え方に染まってしまうと、自分のことを親切だと信じている鈍感で頭の悪い人達と付き合えなくなってしまうし、世の中生きにくくなってしまうので、なんとも難しい。

  • 偏屈?とういか実は皆心の中に多かれ少なかれ持っているけど、今の風潮には合わないので、何と無く声に出さなかったうちに、自分でもそんな気持ちに蓋をしていたことに気づかせてくれる本。
    オレンジ色の東京タワーが綺麗って、普通の感覚で逆に新鮮だった。

  • んー、まあ奇を衒った題名ではあるけど内容は普通。納得いかないところもなくはないけど、基本は合理的で論理的、理が通らないことが嫌い、というのの極端な形。自分もそういうところがあってさらに歳と共にそれが強まってきている気がするので、反面教師にしないといけないと思う、所詮自分は寂しがりやで孤独にはおそらく耐えられないし。

  • 9割同意した。
    この本は、何度も読み直す予定。

  • この本は,あの林修先生もオススメしていたので,ご存知の方も多いと思います。中島さんの嫌いなタイプである「笑顔が絶えない人」や「常に感謝の気持を忘れない人」などが紹介?されており,その中で「いつも前向きにいきている人」というのがあり,私もなんとなく「わかる!わかる!」と頷いてしまいました。ただ,あまり共感しすぎると自分も偏屈な人間になった感じがしてなんとも言えない気持ちにもなります。なお,姉妹本?で「私の嫌いな10の言葉」という本もありますので,そちらもオススメです。
    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50106562&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 私もポジティブな人とかポジティブに生きるべきだと思ってる人は嫌いです。共感できる。

  • 笑顔の絶えない人
    常に感謝の気持ちを忘れない人
    みんなの喜ぶ顔が見たい人
    いつも前向きに生きている人
    自分の仕事に「誇り」を持っている人
    「けじめ」を大切にする人
    喧嘩を止めようとする人
    物事をはっきり言わない人
    「おれ、バカだから」と言う人
    「わが人生に悔いはない」と思っている人

    上のような人は、
    いい人で、幸せな人、
    と思いきや、
    著者は、嫌いな人という。

    その理由が、こまごま例を交えて書かれている内容は、
    頗るおもしろかったです。

    「懸命な読者の皆様も、ご自分の所属する組織の中で勇気をもって実践してみることをお薦めします(もっとも、まかりまちがって追放されるかもしれませんが)。」

    実践とは、物事をはっきり言うことである。
    私の場合は、大喧嘩になって、追放の憂き目にあうだろうな、やっぱり(笑)

全69件中 1 - 10件を表示

中島義道の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
フランツ・カフカ
村上 春樹
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

私の嫌いな10の人びと (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私の嫌いな10の人びと (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私の嫌いな10の人びと (新潮文庫)の作品紹介

「笑顔の絶えない人」「みんなの喜ぶ顔が見たい人」…そんな「いい人」に出会うと、不愉快でたまらない!共通するのは、自分の頭で考えず、世間の考え方に無批判に従う怠惰な姿勢だ。多数派の価値観を振りかざし、少数派の感受性を踏みにじる鈍感さだ。そんなすべてが嫌なのだ!「戦う哲学者」中島義道が10のタイプの「善人」をバッサリと斬る。日本的常識への勇気ある抗議の書。

私の嫌いな10の人びと (新潮文庫)のKindle版

ツイートする