発掘捏造 (新潮文庫)

  • 78人登録
  • 3.63評価
    • (4)
    • (10)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 新潮社 (2003年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101468235

発掘捏造 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「考古学崩壊」を読んだので当時の書籍を読んでみた。
    「考古学崩壊」で書かれていた毎日新聞側とのやりとりとか、こちらの本から引っ張られている箇所が多々あったので重複した感じになってしまいましたが。
    他の遺跡発掘のことやこの件をうけて起きてしまった件についてもふれられていて、あらためて影響の大きさを知った。

  • 4101468230 306p 2003・6・1 

  • 岡村道雄『旧石器遺跡「捏造事件」』を読む前に一般的なことを知っとかなきゃと思って読んだ。
    今普通に考えれば、「神の手」とか「奇跡」とか言われていたこと自体、胡散臭いと思われていたってことなんじゃないの?(だって、世界一有名な「神の手」だってインチキゴールのことだもんね)、みんな眉唾って思ってたんじゃないの? と思うが、どうなんだ? そのへんはこの本では不明。
    考古学の事件を追うというより、いかにこのスクープをなしとげたか、というドキュメンタリで、確証が得られぬまま取材が長期化していったとき、「必ず当たると信じてパチンコのデジタルを回し続けているようなものだ。大当たりが来なかったら、痛手は深い」と言っているように血眼になっていて、一歩間違うと「捏造事件」と同じ道にハマリそうな危うさを感じさせる。
    げんに、このすぐあとに、聖嶽人報道被害事件というのを文藝春秋社が起こしてしまったしね。
    スクープ誕生ドキュメンタリなので、発覚後間もない刊行ということもあり、捏造というかヤラセ(自分で仕込んどいたものを掘り出して見せるという)という感じの藤村の行為の背景や動機は全然掘り下げられておらず、もどかしさが晴れなかった。

  • おじに薦められ、読む。事実は小説より奇なり。
    すごい面白かった。ジャーナリストの必要性を感じた。

  • 取材を重ねて真実を追求していく過程が面白くて、下手な推理小説よりわくわくする。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    「あっ、埋めている!」二〇〇〇年十月二十二日早朝、ひとけのない宮城県上高森遺跡の発掘現場で撮影された驚愕ビデオ。考古学界はもとより、日本中の話題をさらったこのスクープはいかにして生まれたのか。「神の手」と呼ばれた男「F」の疑惑を追って極秘取材が始まる。張り込み、隠し撮り、また張り込み。粘り強い記者たちの執念と息詰まる取材現場のすべてをお届けする―。

  • 以前買って途中で読むのをやめた本。今回読み直して,なぜ途中で読むのをやめたのか思い出しました。なんと,奥付から最後の30ページくらいがダブっている上に,ダブっている部分が逆さまに綴じられていたのです。ダブっているページの分,本来のページが綴じられていないので,読むのをやめたのでした。なので,今回もその部分は読めませんでした。内容は,神の手を持つと言われた大学に所属しない考古学者が,自ら埋めた石器などを掘り出していたことをスクープした毎日新聞が,スクープに至る経緯やその後について,書いた本です。普通には面白いですし,なにやら報道の意義について語っていますが,結局のところ,スクープの自慢に終わっています(落丁部分に書いてあるかもしれませんが)。わざわざ本を出版する必要があるのか疑問です。私としては,このような落丁をしている文庫本が珍本としての価値があるかという方が気になります。

  • すごいよね。
    これで法的な罪にならんのよ。
    ミレニアムな歴史まで騙したかったんだね、この人。

  • 旧石器時代の歴史が変わったスクープを
    生んだ記者達の現場の全て

全10件中 1 - 10件を表示

毎日新聞旧石器遺跡取材班の作品

発掘捏造 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

発掘捏造 (新潮文庫)の単行本

ツイートする