星新一〈上〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)

  • 300人登録
  • 3.94評価
    • (17)
    • (27)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 最相葉月
  • 新潮社 (2010年3月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (404ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101482255

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
ジェイムズ・P・...
冲方 丁
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

星新一〈上〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハードカバーで出たのは知っていてずっと読みたいな~と思っておりました。でも文庫になるまで待とう!と思っていたので発売されてすぐに購入しました。

    自分と星新一氏のショートショートの出会いは中学生の頃でした。著者は高校時代に星新一氏の作品をむさぼるように読み、殆ど忘れてしまった、と後書きにありました。私も全てを覚えているわけではありませんが何作かはあまりに衝撃を受けたのでいまだにきちんと覚えております。
    人間が宇宙に進出して今の人類と同じように発展した惑星にたどり着く。文化レベルも人類のそれと比較してもほぼ同じか上ぐらいなのになぜ宇宙に進出しなかったのか?疑問に思った人類が尋ねるとその惑星の人達は砂漠化を止めたり、災害や飢餓対策をしていたらとても宇宙に進出する余裕はなかった、と答える。
    このお話は読んだときから忘れられません。

    星新一氏のお父さんが星製薬と言う会社を運営していた、と言う話は以前星氏の著作を読んだ時知りました。それにしても星一と言う方は壮絶な人生を歩まれた方だなと思いました。時代もあるのでしょうがなんというのか明治・大正・昭和初期の頃に生きていた人達は一人一人が一冊ぐらい本になりそうなドラマを持っている気がします。

    星新一氏に経営能力があったら今のショートショートは、SFはどうなっていたのでしょう?星氏の作品を熱中して読んだことのある読者はこれだけの作品を残してくれたことを感謝するでしょうが著者ご本人はどう思っていたのか。

    それにしても今は直木賞も芥川賞もぽんぽん色々な人にあげているよなあ~、だったら星氏にあげてもよかったじゃない?なんて読み終わった後悔しく思いました。

  • ショートショートの大作家、星新一の評伝。
    生い立ち・・・父・・・倒産・・・等々、
    彼の根本には人間不信があったのか!?

  • 最相葉月の本を読みたくて調べたときにこの本の存在を知り、購入した。
    星新一のショートショートは読んだことがある。その星新一は星製薬を創業した星一の息子であり、森鴎外の妹の孫である。
    そして星新一自身も東大の大学院まで出た秀才である。
    やはり新しいものを生み出す人は、膨大な知識があり、努力している。
    そして、時をつかんでいる。
    星新一の場合は、米ソを中心とした核開発と宇宙開発が世界的に起こり始めたタイミングであり、SF小説が日本に起こり始めた時期である。
    時をつかめるかどうかは運の問題だが、時をつかんだ人しか、大きな仕事はできない。

  • 星新一の偉大さは言うまでもないけど、同時代的には文壇的価値観に受け入れられなかったことに苦しんだりもしてて、後世から見ると無駄なことをと思うんだけど、とにかくそれに苦しめられておったのだなあ…

  • 帯文(裏表紙):”知られざる小説家以前の姿を浮かび上がらせる。”

    目次:序章 帽子、第1章 パッカードと骸骨、第2章 溶けた鉄 澄んだ空、第3章 解放の時代、第4章 空白の6年間、第5章 円盤と宝石、第6章 ボッコちゃん、参考文献、年譜、人名索引

  • 伝記分析より読んだ一冊。彼の作品を全て読み終わった後にもう一度読みたい。作品の見方が少し変わったかな。

  • あれだけ有名なのに意外と賞などからは縁遠かったとは知らなかった。

  • 星製薬なる会社が、そんなに有名だとは知らなかった。
    父親である星一という人物は大変魅力的である。

    ぼっちゃん、という人柄なのか。
    デビューするまでの軌跡にさほど悲壮感はない。

  • 「ボッコちゃん」「マイ国家」など数多のショートショートを生み出し、今なお愛される星新一。森鴎外の血縁にあたり、大企業の御曹司として生まれた少年はいかなる人生を歩んだのか。星製薬社長となった空白の六年間と封印された負の遺産、昭和の借金王と呼ばれた父との関係、作家の片鱗をみせた青年時代、後の盟友たちとの出会い―知られざる小説家以前の姿を浮かび上がらせる。

    星新一が森鴎外の血縁であることも大企業の御曹司だったことは知らなかった。
    最相さんが遺族協力のもとで膨大な数の資料整理および関係者への取材を行ったことに対しては称賛に値すると思う。徹頭徹尾客観的に述べようとする姿勢にも好感が持てた。
    上巻では星新一のデビューまでの話。

  • 3-1 文学理論・文芸論

全24件中 1 - 10件を表示

星新一〈上〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星新一〈上〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星新一〈上〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

星新一〈上〉―一〇〇一話をつくった人 (新潮文庫)の作品紹介

「ボッコちゃん」「マイ国家」など数多のショートショートを生み出し、今なお愛される星新一。森鴎外の血縁にあたり、大企業の御曹司として生まれた少年はいかなる人生を歩んだのか。星製薬社長となった空白の六年間と封印された負の遺産、昭和の借金王と呼ばれた父との関係、作家の片鱗をみせた青年時代、後の盟友たちとの出会い-知られざる小説家以前の姿を浮かび上がらせる。

ツイートする