仮想儀礼〈上〉 (新潮文庫)

  • 356人登録
  • 3.78評価
    • (20)
    • (70)
    • (45)
    • (3)
    • (0)
  • 43レビュー
著者 : 篠田節子
  • 新潮社 (2011年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (623ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101484167

仮想儀礼〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゲーム作家に憧れて職を失った男が金儲け目当てに教団を創設。インターネットを足掛かりにしてトントン拍子で組織を大きくしていく。

    金儲け目当てだったんだが、信者の暴力事件、殺人などのトラブルで悪に徹しきれないまま組織はどんどん大きくなる。巨額の金銭も動くようになり、宗教法人を隠れ蓑にした巨悪も忍び寄る。

    トントン拍子に進みすぎて、いくら何でもあり得んだろう・・・って箇所が多すぎる。当然、ハッピーエンドの結末は予想されないが、どんな落とし所になるのかが、さっぱり読めない。下巻も読むしかないか・・・

    (2012/4/21)

  • 『聖域』『ゴサインタン』『弥勒』の宗教三部作に続く第四弾!ゴサイ~が僻村に嫁入りしたネパール人妻が神懸り状態になり自然発生的に教団が形成される過程を描いたのに対し、本作では失業中の男二人がほどほどの金儲けを目的に似非教団を作る。ところが思惑を越え信者の数は増え続け、やがて二人は現代日本の宗教を取り巻く大きなうねりの中に呑み込まれて行く。教祖役は元都庁職員であり、詐欺師にも拘わらず社会常識に長けた堅実な人物として描かれており、物語の目撃者の役割を果たしている。終盤、宗教を食い物にする怪人物登場。読み応え有。


    荻原 浩の『砂の王国』が似たような設定らしい。φ(.. )

  • 諸事情により職を失った二人の男が、たまたまニュースで目にした9.11事件に光景に感化されて、事業としての宗教を始めるという話。

    個人的には面白い、というか興味深い本だったけど、あまり人にはお勧め出来ないと思ってしまった。篠田節子の小説は何かひとつ伝えたい主題もないし、感動があるわけでもなく、いま自分たちが暮らしている日常の中で起こりうる、あり得る世界を提示するものだと思っている。宗教的な超常現象を絡めながらもそこに恐ろしくリアリティを感じさせてしまうのがこの著者の凄いところ。宗教が人間を象徴するものであるというのもあるけれど、今回もかなり引き込まれてしまった。

    ちなみに、この後は平野敬一郎の『決壊』を読もうと思っていたけど、本作がかなり重たかったのでしばらく時間を置いてから読もうと思う。。

  • 教祖視点の信者に対するつっこみが面白い。
    救いようの無い話し。

  • 2017.06.28

  • 2017.2.1(水)¥250(-2割引き)+税。
    2017.4.3(月)。

  • とにかく長い。上下巻をあわせると1200ページを超える長編である。
    長いの飽きさせない。ページ数の多さに負けない中身の濃い物語だった。
    失業しこれといった夢もなくなった二人の男が軽い気持ちで立ち上げた「宗教」。
    教義のもとになったのは、正彦が書いていたゲームブック。
    その場しのぎの対応を続けた結果、いくつものトラブルに巻き込まれることになる。
    宗教にハマったことがないので、雅子たちが暴走していく心情がよくわからなかった。
    それなりの理由はもちろん理解できるのだけれど。
    何でも一番いいのは「ほどほど」なのかもしれない。
    絶対的な存在としての「教義」。
    雅子たちの狂気は、やがて偽宗教家の正彦をも喰らいつくしていく。
    もしも彼女たちのお祈りの場に居合わせたとしたら、何かわからないけれど不健康で不穏で歪な空気を感じて逃げ出してしまいそうだ。
    宗教によって心の平穏を得る者。
    宗教によって心を狂わせていく者。
    正反対に見える両者の違いはそれほど大きなものなのだろうか。
    自分と向き合い自分と対話する。
    簡単なようで難しいはずだ。
    繰り返される祈りの言葉、単調なリズムが生み出すトランス状態。
    徐々に変貌していく内側にある信仰心。
    教団に対するマスコミのスキャンダラスな扱い。
    編集され、真意のカケラも伝わりようのない映像。
    たび重なる嫌がらせ、直接的な暴行、拉致。
    弾圧を受けていると感じたときから、正彦たちは自ら被害者となる。
    自分たちこそが被害者なんだと。
    自分たちは何も悪いことはしていないと。
    孤立していくことを怖れなくなる一方で、正義は自分にあると思い込む。
    宗教が絡む事件がたびたび起きる。
    そのたびに不思議な・・・不気味な思いを感じていた。
    「洗脳」という都合のいい言葉が登場したときには、すべてこの言葉で辻褄があうとでもいうようにあちこちで「洗脳」という言葉が飛び交っていた。
    なぜ宗教を求めるのか。
    教えの中に何を見出すのか。
    宗教が何を与え何を奪っていくのか、関心すらもなかった自分にはわからない。
    教祖面しているというくだらない理由で教祖になった正彦。
    怒鳴りたくなる場面でも教祖として我慢をし、面倒臭い放り出したいと思いながらも、結局ずるずると引きずられていく。
    なぜ宗教を求めるのか。
    ひとつの答えがこの物語の中にあったように感じた。

  • なにこれ!面白い。一気読み。
    旅のお供に借りたのに出発前に下巻も読み終わりそう。

  • 文章は淡々としているが、冷徹さと熱っぽさが共存していて心地よい。 テンポよく話もすすみ、久々の期待どおりの作品になった。続きが楽しみである。

  • 映研オススメ

全43件中 1 - 10件を表示

篠田節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

仮想儀礼〈上〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

仮想儀礼〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仮想儀礼〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仮想儀礼〈上〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする