仮想儀礼〈下〉 (新潮文庫)

  • 289人登録
  • 3.85評価
    • (27)
    • (49)
    • (35)
    • (3)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 篠田節子
  • 新潮社 (2011年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (601ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101484174

仮想儀礼〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夢物語に終わったファンタジーゲームブックで創作した秘法が、宗教という衣をまとってまたたくまに拡がった・・・と思ったら、予想通り、本下巻は転落の道。しかも転落の道を引っ張るのは、予想外の敵ばかり。自業自得と言ってしまっては気の毒というくらいに、だんだん教祖に同情というか共感じみた感情も芽生えてくる。

    現代のモンスター、「宗教」の虚実・・・という売り文句でしたが、最近は「洗脳」というくくりでしょうかね。


    (2012/5/9)

  • 2017.07.02

  • 2017.2.1(水)¥250(-2割引き)+税。
    2017.4.4(火)。

  • この引き込まれて逃げられない展開。読まずにはいられない展開。想定しているより悲惨な境遇に一段一段落ちていく。目をそらしたいけれど指の隙間から見てしまうような、そんなストーリーでした。人間描写がすごい。
    どこかしらに、らもさんのガダラの豚を思い出させるそんな雰囲気があった。
    いやぁ、作り話にしてもなんとも恐ろしい話だ。ずーんときた。

  • このミスベスト10、2010年版7位。こりゃ、長すぎるでしょ。下巻なんて、生理的嫌悪感を感じる描写が徐々にエスカレートしながら延々とつづくし、冗長。上巻はまだ、この作者の客観的で感情を抑えた表現が妙に男性的で好感持てたんですが。で、他の人の評価みたらやたら高くてビックリした。確かに他の本ではめずらしいぐらいの苦行を強いられるし、単に難解で悶絶するのとは違って、ほんとやな感じ。それがこれでもかと繰り返されるので、読んでる人がトランス状態い入って、超常現象を体験したみたいに高評価つけちゃうんでは。ボクの場合は最後まで、主人公のように冷静さを保ったまま、何これグダグダやんと思ったりしました。

  • 上巻と下巻の趣きが全く違っていた。下巻の展開は全く予想がつかずとても切なく面白く読めた。

  • 上巻は正直言ってダラダラとめりはりがなく、何度か脱落しそうになった。しかし下巻では篠田節子の面目躍如。引きずり込まれるように読んだ。発端は食い詰めたふたりの中年男が、手っ取り早く大金を手にする手段として宗教教団を立ち上げた。教祖になった正彦が書いたゲームのストーリーブックから抜き出した教義で。信者は順調に増えていき、パトロンとなる企業もついた。とは言うものの正彦は常識人。新興宗教のガツガツさも、カルト教団の排他性もなく、教えと言えば常識の範囲内の穏やかな心の安定を得るための生き方だけ。しかし脱税、パトロン企業の奸計にひっかかり、評判は地に落ち、カルト教団の烙印を押されてしまう。女性信者が次々に持ち込む家庭不和、肉親による性的虐待など問題は山積。教祖が尻拭いをして回る羽目に。マスコミ、世論、娘を取り戻そうとする家族が仕掛ける数々の暴力事件に堪えている。嘘からでたエセ宗教が暴走し、女性信者が肉付けをし、もう教祖でさえとめることができない。篠田作品には珍しく男性が主人公なのだが、後半は5人の女性信者の狂気が描かれており、秀逸。

  •  エセ宗教家の末路がこれでよいのか、あの法の華三法行の福永法源などは娑婆に出てきて、性懲りもなく活動再開しているらしいし、大悪人の麻原なんて刑務所で日々脱糞しながら瞑想(迷走)している・・・小説に登場するエセ宗教家は悪人になり切れず、かといって自分がつくった宗教から逃げ出すことができずに自滅するのだが、何やら不思議なラストであった。この話の続きがあるとしたなら彼はもう一度、宗教家としてやり直しが出来るのかもしれない。

  • 140530

  • サービス業として「宗教」という商売を始める...という発想に深く興味をそそられてワクワクしなたら読み進めた。「心身のケアをサービスとして売る」ある意味正当な職業だ。それが宗教という枠に入った場合、世間との兼ね合いはどうなるのか。まともな職業でいられるわけがない。そういう事を念頭に置いて、どの様に、この物語は進んでいくか、ワクワクしながら読めた。

    上巻を読んだとき、そのうちに来るであろう崩壊が読めた。よくあるマスコミの餌食にされてボロボロになるというパターンを想定した。けれども、この小説はそこから先があった。それが異常に面白かった。

    エセ宗教から本物の信仰を見出した信者達。深い信仰を持った信者とエセ教祖様の立場の逆転。どんどん落ちていきつつも、エセ教祖が最後の最後で信者たちを守る姿に、教祖なのか、父性愛なのか分からないが、導こうとする人の信念を感じることができた。

    かなり面白い小説でした。

全36件中 1 - 10件を表示

篠田節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

仮想儀礼〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仮想儀礼〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仮想儀礼〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

仮想儀礼〈下〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする