仏典をよむ: 死からはじまる仏教史 (新潮文庫)

  • 39人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 末木文美士
  • 新潮社 (2014年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101489131

仏典をよむ: 死からはじまる仏教史 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 図書館で借りた。スッキリとおちてくる

  • 仏、菩薩、如来の区別もつかず、大乗=他力本願と誤解しているものには、読みすすめるのになかなか力が必要でした。

    そんな仏教をよく知ってはいない、自分の中にある「自然のままに」という意識は、仏教の他力本願の考え方が根本にあることも意識させられ、かつて一向宗の国であった土地に生まれた環境が身にしみていると感じさせられた。

    もう一度、自分を見直すきっかけになりそう。時間を空けてもう一度読んでみよう。

全2件中 1 - 2件を表示

仏典をよむ: 死からはじまる仏教史 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仏典をよむ: 死からはじまる仏教史 (新潮文庫)の作品紹介

原始仏教、大乗仏教から日本仏教へ。「法華経」「般若心経」「正法眼蔵」等々、主要な仏典から立ち上る叡智の数々。他者と死者、「空」の哲学、即身成仏、悉有仏性……。仏典を読み解いていくと、多くの高僧英才の手によって仏教は広がり、多様化したことが見えてくる。それはそのまま人類の崇高な精神のスリリングなうねりである。斯界の第一人者に導かれて、広大無辺の思索の大海へ。

仏典をよむ: 死からはじまる仏教史 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする