黄泉がえり (新潮文庫)

  • 1305人登録
  • 3.42評価
    • (88)
    • (169)
    • (384)
    • (37)
    • (9)
  • 184レビュー
著者 : 梶尾真治
  • 新潮社 (2002年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (476ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101490045

黄泉がえり (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 流行りものだけど、これは泣いた。

  • 「泣けるリアルホラー」と紹介されているが、ホラーなのかファンタジーなのかSFなのか、はたまたヒューマンドラマとして読めばよいのか自分の中で迷っているうちに読了してしまい、感動し損なってしまった感じ。

  • 中学生の時に読んで感動した覚えがあったから再読。 しかし、あれ、あれ…読み進められない。の繰り返しでようやく読み終わった一冊。 死人が黄泉がえって、それに対しての社会の動き、親族の気持ちが淡々と綴られてる。そのためか誰にも感情移入しなかったように思える。 しかし、この作品の良い所は悪い人が誰もいないということ。誰かが誰かを想っているからこそ「彼」は最後に守ろうとしたのかもしれない。

  • こういう人が死んだり生き返ったりする系の題材はちょっとずるくて、「人が死んだよ、さあ当然切ないでしょう!」というノリでも許されたりする。
    この作品はそのノリだけではいけないという問題意識を感じます。
    黄泉がえる理由として、神様のイタズラとか死神の気まぐれとか、使い古された思考停止ネタを持ち出さずに、エイリアンを持ってきたのは偉いと思いました。
    まあ仕組みはふわふわしてる気もするんですが、かなり納得行く状態になっていると思います。「どうしてこうなるんだろう?」「この先どうなるんだろう?」と思えました。

  • SFなのだろうが、それっぽくない。蘇った人が残した人に癒しを与えていく話。熊本地震が描かれているが、実際起こった後で読むとこの小説のとおりになればよかったなと思う。

  • 映画を先に観てから原作を読みましたが、両者のカラーは驚くほど異なっています。起承転結がハッキリしており、伏線も周到に張り巡らせた映画と比べると、原作の筆致は淡々としており、拍子抜け、というのが初読時の率直な感想でした。

    しかしながらこの原作、改めて読み返してみるといい味出しているんですよね。1つ1つの事例ごとに、黄泉がえりが関係者に与えた影響は異なります。そのありようを淡々と、しかし克明に同時並行で描き出す事によって、SF作品であるにもかかわらず奇妙なリアリティが生じているように思います。

    元は地方紙の新聞小説という経緯にも深く納得。時間をかけてじっくりと味わいたい作品です。

  • 熊本県を舞台にした小説を読んでいます

    先日起こった熊本の大地震の後に この小説を読むと、SF以上の メッセージを感じる。今の熊本に マーチンが現れてほしいと願う

  • 映画で観たときの感動が思い出され、小説の黄泉がえりを読むことにしました。ファンタジーの映画と異なりSFタッチの原作は、家族愛や優しさを丁寧に描いています。作者の梶尾さんは、熊本出身の作家で、熊本を舞台にした作品が多いようですが、この黄泉がえりも熊本の地震がエポックになる作品なので、今回の熊本地震をダブらせながら読まざるを得ませんでした。出てくる地名を読みながら、小説の中だけであってほしいと何度も思いました。小説の中でさえ、黄泉がえりの人たちがエネルギーを吸収して、大きな災害を食い止めてくれたのです。早い復興を心から祈ります。

  • 映画の印象が強かっただけに、思ったよりがっつりSFだったことに驚かされた。
    しかも、結構しっかり設定が組まれていて(個人的な感覚だが)「これは無理あるだろー」という感覚もほとんどなく、すんなりストーリーを楽しむことができた。

  • 映画「黄泉がえり」が好きで、やっと原作読めた。蘇って欲しい人がいる、それだけで好きな映画なんだけど、原作はちゃんとしたSFでした。

  • 映画とは違うモノ…

    映画先に見てから読んだみた。
    内容、同じようで違うけど
    根本は同じ。
    「愛する人に対する思い」
    かな。
    「愛とは…」を考えたくなる作品。

    でも、たぶん、映画の方がわかりやすいかも。

  • 映画をみたあとで詳しく内容がしりたくなり読みました。全体的にはさらっとした印象をうけましたが、なにかを大切に思う気持ちは尊いものだと思える作品です。

  • 興味深い深い内容、映画は全然別のストーリーらしい

  • ある日死んだはずの人が還ってくる。

    現象だけ聞くとホラーなんだけど、
    なんだかほっこり温まるストーリー。
    こういう、たくさんの人たちが関わり合いながら作られていく話は好きだな。
    サイドストーリーも読みたい。

  • 35
    熊本で突然死んだ人が戻ってくる現象が多発。続々と黄泉がえる人たちはなぜもう一度生ける人たちのもとに戻ってきたのか。
    物語の設定は奇抜で最後まで的を得ることはなく、ファンタジー。
    正直、最後まで読みやすいが理解しようとしてもできない作品。

  • 熊本県で、死んだ人たちが次々と生き返る不思議な現象が発生。そのとき本人は、家族は、行政は、世の中はどうなるのか?
    全体を通じてしみじみとした雰囲気が漂う。オチがあまりにあっさりしていたのが少し残念。
    この現象の背景とか、もっと深堀されてると面白いだろうなと思った。

  • 【しんみり芋】
    映画化もしたこの作品の舞台は熊本県。
    亡くなった大切なあの人にもう一度会いたいという強い思いが奇跡を生み出していく。

    福岡女子短期大学:M

  • 死んで黄泉の国へ旅立った人が帰ってくるという「想定外」でホラーな現象に戸惑う行政から物語が始まります。『死に別れる』という絶対の別離において、逝った人、残された人それぞれの立場での葛藤を描く事で、「人」の想いや繋がりを描いたファンタジー小説。クライマックスでは『よみがえり』の原因に加え、人間がこの世に『誕生』した起源が描きこまれるSF風味のオチと、まさに「幕の内弁当」状態。そのジャンルは読み手によって色々に解釈できるサービス振りに脱帽!

  • 読後感がよい。命を大切にしたくなるのはもちろん、周りの人も、今の時間も、先祖も。大切な物を気づかせてくれるような本。

  • 児島雅人の家に お父さんが帰ってきた。
    死んだときの年齢で帰ってきたのだから、雅人より年下だった。
    児島雅人のつとめている鮒塚万盛堂の先代の社長も帰ってきた。
    中岡秀治にも 兄である優一が帰ってきた。
    そして、中岡がこがれている相楽玲子母子にも夫が帰ってきた。
    そればかりでなく 熊本市そして周辺の町にも
    人は戻ってきた。

    行政はどう対応するのか?
    死んだものが生き返った場合、受理されれば
    法務省の管轄になり、家庭裁判所の裁定がいる。

    熊本で起こった 不思議な事件。
    大きな生命体である 彼は エネルギーで
    人々の心の中にあるものを よみがえらせた。

    マーチンの物語が じつに よいなぁ。
    yoshinobu というアカペラをきいてみたい気もする。

  • いい意味で、自分の想像と違い、驚いた作品です。

  • しみじみ。

    やっぱり映画化された本は外さないなぁー。

    熊本の自然は良さそうだなぁー。

  • 読んだきっかけ:知人が「映画が面白かった」と言ったから

    かかった時間:12/20-12/23(4日くらい)

    内容: 物語の設定はいいと思うのですが、キャラクターの描き方や文章が少し物足りなく感じた。オチもうーん?って感じ。
    他の作品を読みたいと思わない、残念です。

  • 映画を観たのを覚えてる。竹内結子が髪を切りすぎていた。

  • 一日で読んでしまいました。
    もともと、あまり小説は読まない方ですが、これはとても面白かったです。

全184件中 1 - 25件を表示

黄泉がえり (新潮文庫)に関連するまとめ

黄泉がえり (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黄泉がえり (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄泉がえり (新潮文庫)のKindle版

黄泉がえり (新潮文庫)の単行本

ツイートする