ドグマ・マ=グロ (新潮文庫)

  • 127人登録
  • 2.92評価
    • (3)
    • (10)
    • (33)
    • (13)
    • (4)
  • 18レビュー
著者 : 梶尾真治
  • 新潮社 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (503ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101490052

ドグマ・マ=グロ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 気持ち悪かったー。
    起きている状況をリアルに想像すると相当な気色悪さなのに、出てくる人達が滑稽だったりして、なんとも不思議な読後感。
    小学生くらいの頃に江戸川乱歩を読んだ時と似たような感じ。

    ただ、ほかの作品と同じで、粘っこくないんだよな。

  • SFホラーなんだろうけど、カジシンさん詰め込みすぎ。他作品の推理、怪奇、SFの要素を無理なく少しでも盛り込もうとの努力は分りますが、結局はしらけさせる部分あり。特にラスト付近のパラレルワールドに至ってはぶち壊しの苦笑しかない。大筋の展開はホラー映画の定番に近いのでキャラの問題になるが、人命に対して無感動に近くなってるし・・楽しんだのは作者だけかも(笑)

  • タイトルからも分かるように、夢野久作の小説のオマージュです。
    夢野久作作品を読んでいる途中で3度も寝落ちして、結局最後まで読めていないわたしが、オマージュを読む…(汗)

    書き出しと、オノマトペと、病院という設定と…。
    まあ、ちらほら夢野の影がうかがえます。

    でも内容は、SF??ホラー??
    ストーリーや趣旨は、夢野とは違いますよね…。
    怖いというより、気色悪かったです。
    とりあえず、得体の知れない触手系ばけもの、超能力者ネタなどが苦手な方は避けた方が無難かも…。

    わたしは上記の触手系、超能力者ネタはあんまり好みじゃないので、なんとも…。
    それに、登場人物がごちゃごちゃしすぎて、最後は誰が誰だか分からないし、もう誰がどんなだなんてどうでもよくなっちゃって…。
    暇つぶしにはいいと思います。

  • 何となく荒削り感があり、非現実的なストーリーゆえ描写から一瞬場面がどのようになっているか少々分かりづらかった。どうせなら映像で見てみたいかな。

  • 幽霊がでてきたり、マッドサイエンティストと
    ヌルヌルクリーチャーのホラー・オカルト?
    謎の組織と不気味な男たちはサスペンス?
    次元の違う世界とパラレルワールド、超能力を持つ老婆
    のSF味付け。
    年上の女性への淡い恋心、あの人とこの人の過去の関係
    シリアス・ドタバタ・コミカルなやり取りの二人の男女
    認知症の人々のドラマを交えて、たくさんの人が
    非業の死を遂げる。けど、グロくなく、特に怖くなく
    あまり悲しくもない。ごちゃ混ぜ娯楽作。

    ただ、ショロホスクという名前(地名)と
    最終盤現れるもう一つのショロホスク体の名前(おしい?)
    それにオチを読み終わると、
    私たちが見ていた世界が何だったのかなんだか分かる。
    (小説だから当然といえば当然)

    とりあえずタイトルの元になった「ドグラ・マグラ」を読む。

  • 夢野久作とラヴクラフトになんと
    あんな共通点が!!!!

  • 触手のおぞましいバケモノが看護婦を深夜の病棟で襲う話…かと思いきや、パラレルワールド的なSF要素も。

  • とにかくショロホフスク体が気持ち悪すぎる。

  • 雑誌に発表されたときに、途中までしか読んでいなかったので、10年以上たってようやく最後まで読んだ。
    まぁ、連載されていたのが獅子王だけに、そのオマージュとなっているドグラ・マグラよりはやや軽めのタッチではあるが。
    最後はちょっとやられた。

  • 新米看護婦の美果が経験する初めての深夜勤。緊張する彼女の眼前で次々と奇怪なことが起きていく。病院内を徘徊する怪しい人影、右翼メンバー、「マ=グロ」と名乗る黒服の男たち、顔なし軍人の幽霊、不定形の生命体……悪夢のような一夜が明けた末に彼女を待つ信じ難い現実。
    作品自体は10年前に出たものだが、今回は「黄泉がえり」のヒットでこちらも文庫化されたらしい。
    タイトルは夢野久作の一大怪作「ドグラ・マグラ」へのオマージュを装ってはいるが、内容は冒頭の“音”くらいのもの。それでも乱歩や海野十三などかつての怪奇探偵小説、はたまた1940、50年代アメリカのB級怪物ホラーに対しての愛着も垣間見える。このチープさが好きな向きにはオススメできるかも。

    ……ホラーってよりアクション、エンタテインメントって感じだが。

  • 2009/04/11読了
    ただこのタイトルを言いたかっただけちゃうかと。

  • 夢野久作やらなんやらのパロディとかいうから期待したけど…てんでダメ。どこがオマージュなのか…そう言うことが失礼に値しそうなくらい。笑。そもそも文章が下手すぎてどうしていいのやら。星1つもつけたくなかったので「評価しない」です。

  • 夢野久作「ドグラ・マグラ」を明白にもじったパロディタイトルが印象的だが、内実は病院を舞台にした異次元怪物の侵略によって巻き起こされるSFホラー。
    異次元生物を巡って、暗躍を開始する謎の組織「マ=グロ」、真実を隠匿している病院上層部、そして突然の恐怖に巻き込まれたヒロインの看護婦らの視点から繰り広げられる群像劇パニックの快作ではある。
    ホラーというほどスリリングなストーリーに感じないのはコミックテイストを思わずからか、というのは個人的感想。B級SFアクション映画風味な活劇調子かな。
    パロディ元である「ドグラ・マグラ」のような狂的恐怖性格とはまったくの別物と考えるべきである。

  •  旧陸軍病院で次々おこる不思議な出来事、悲惨な姿でいなくなる人々、見たこともない不思議な物体・・・。この病院に隠された秘密とは。新米看護婦、その他メンバーの命は!?

     一言でいえば、SF病院ホラー。途中で説明があったが、培養体やショロホフスク体、ドグマの地下なるものの存在がいまいち理解しきれぬまま。

  • このタイトルをみてすぐ「チャカポコチャカポコ」を連想し、手に取ってみました。
    うーむ。後味が・・なんとも。
    解説が面白かった(夢野久作ってこんな顔していたのか)(2003.5.23)

  • 倍尾総合病院で勤めだして始めての深夜勤務に当たった新人看護士の由井美果。共に一晩働くのは口うるさいと有名な柚婦長。何か失敗でもすれば婦長の格好の餌食となる。そんに緊張した面持ちの中、重病患者の異変と緊急外来の呼び出しが起きる。パニックを起こしかけるも婦長より指示されたとおり外来の対応へと向かう美果。そこで奇妙な小男から「ま・ぐ・ろ」という言葉を聞く。そしてそこに現れる銃を持った男が二人……。何かが病院内で起き始めていた。


    タイトルで一目瞭然ですが、これはオマージュ作品であります。(だからわざと続けて読んだ)
    冒頭の相似にちょっとほくそえんだのは私(笑)とは言うものの、内容は当然ながら違います。
    展開が早いのでサクサクとは読めるが、最終オチは想像出来ました――と言うか、私だったら、個人的にこういう結にするだろーな。と思いその通りだった。が正しいですね。
    舞台が病院。しかも曰くつきなのでホラー風味。でもまぁそれほど怖くは無いでしょう。
    綺麗に纏まってる作品であるとは思います。
    漱彦がどういうポジションに着いたのかが気になるのと、あのお婆さん連中はとても好きです。

全18件中 1 - 18件を表示

ドグマ・マ=グロ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドグマ・マ=グロ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドグマ・マ=グロ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドグマ・マ=グロ (新潮文庫)はこんな本です

ドグマ・マ=グロ (新潮文庫)の新書

ツイートする