殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)

  • 1057人登録
  • 4.31評価
    • (171)
    • (122)
    • (40)
    • (7)
    • (4)
  • 138レビュー
著者 : 清水潔
  • 新潮社 (2016年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101492223

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
ピエール ルメー...
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)の感想・レビュー・書評

  • 一気に読んだ。真犯人に辿り着けそうで辿り着けないもどかしさ。自分の子どもの身に起きたらと想像するだけでゾッとした。

  •  北関東で起こった「連続」少女誘拐殺人事件。著者は徹底した調査から同一犯による「連続」事件、そして真犯人までたどり着き、それを様々なメディアで報道する。一方警察は、「連続」事件とは認めず、「足利事件」のみで一人の男を逮捕、無期懲役の確定判決。他の事件は未解決。著者の調査のなかで、証言や証拠のでっち上げ、不利な証言や証拠の無視や、意図的な曲解などが明らかになり、結局冤罪であることについては認めざるを得なくなり、再審無罪。しかし、それでも警察は著者が真犯人にたどり着いた過程を無視し、真犯人を逮捕することはなかった。
     その過程を追認することは、警察のこれまでの捜査を否定することであり、そうすることで過去の幾つもの事件が実は冤罪(その中にはすでに死刑が執行されたものも)であったことが明らかになってしまう。真実よりも警察を守ること、ひいては「体制」を守ることが優先される。
     権力の本質をここに見る。おそろしい。

  • 書店で置かれるときの異様な表紙に興味を惹かれ買ったけど、読み終わってみてこの売り方が正しかったと痛感。引き込まれて、読める隙間を探しながらむさぼり読んだ。

  • かなり衝撃的でした。
    何を信用してよいのか。
    でも、読んでよかったです。

  • 面白いというよりも、読んだ充足感が物凄い。
    タイトルを隠して販売した書店員の情熱がよく分かる。
    たしかに途中読むのが面倒になるような部分もあり、プロの小説家は凄いなと思える面もあるけれど、大事なものは熱量だということが文面からひしひしと感じた。

  • 文庫Xとして手に取った。
    確かに小説がメインだから、Xでなければ絶対に読まなかったであろう本。
    DNA型鑑定って言うのが初めてだったことも知らなかったし、正直、あの冤罪が、少女連続殺人だったことも知らなかった。
    この現代で、痴漢以外にまさか殺人事件で冤罪がありえるなんて、衝撃。
    被害者家族を慮ると、当時の警察、検察、科警研…そして私もしてたかもしれない「何でパチンコに子供を」って言う気軽な被害者家族批判…
    遣る瀬無い気持ちに…

  • 足利事件を取材した日本テレビのディレクターのノンフィクション。こういったテレビの記者がこんなに取材し結果的に足利事件を冤罪まで持ち込んだ。すごい取材力だと思うしこういった方がもっと増えて欲しいと思った。

    しかし、ものを書く人でないためか説明があちらこちらに飛び必要のないカメラマンの詳細な説明などにはうんざりして流し読みになってしまった。

    小説家は改めてすごいと思った

  • Focusとかバンキシャ!とか、なんか全然自分的にはジャーナリズムの範疇に入れてなかった媒体でも(っていうか、たぶんだからこそ?)こんなに魂のこもった取材ができるんだなあ、と自分の視野の狭さを反省した。まあ魂こもりまくっているだけに、客観性とかの確保はその分難しくなる面はあるんだろうけど、それでも凄い。桶川の方も読んでみたい。

  • 筆者のものすごいエネルギーが伝わってくる。
    事件に関わる内容や人物や経緯や結果そして現実に。
    日本の司法や警察と報道の事の興味深い内容に引き込まれた。
    現実はきびしい。
    でも、著者のような記者が必要だと。

  • 2017/4/29読了。
    ドキュメンタリー系の小説は初めて読んだが、取材を重ねる中の苦悩や運命を追体験でき、非常に面白いと思った。
    また、マスメディアのダメな部分ばかりが目につく昨今だが、冤罪を暴き、国家権力を動かしたところは胸が熱くなった。ジャーナリズムが正しく機能すれば国も動くのだと。
    これでマスコミが正義で警察が悪だと思ってしまったらこの本から何も読み取れてないと思う。やはり、どちらの意見もきちんと聞いた上で公平な判断をすべきなのだ。

  • Twitterでよく目にし、政治や社会問題に対しての発言が「とても信頼の出来そうな人だ」という印象を受けていたある記者が、「文庫X」の著者だと知り、しかもその内容があの足利事件に迫ったものだと知り、絶対読んでみようと思った。

    読んでみて、この国はこんな理不尽なことがまかり通っているのかと本当にがっかりしたし、自分の住む界隈の事件なのに何も知らずに生きてきたことへの焦りを感じたのと同時に、自分がどんな立場になろうと小さい声に寄り添うことを第一に真相へとせまっていく覚悟のあるこの記者に心底敬服した。Twitterで受けた印象は間違っていなかった。

    実際に「ルパン」は捕まっていないし、飯塚事件は死刑執行されてしまっている。だけど、この清水記者の血のにじむような調査報道は、こうやって日本中に広まっているわけで、何かしら影響を与えていくに違いないと信じたい。

    そして何よりこの本を読む一番のきっかけとなった「文庫X」の発案者の書店員さん、すごい。大成功ですね。

  • 北関東連続幼女誘拐殺人事件。
    栃木県警、群馬県警、検察庁、科警研、そしてマスコミ。
    難しくて大変だった。が読まなければと思わせられて読み切った。世の中がいかにマスコミに操られているか被害者、加害者家族あんなに追い回してと思いながら見てしまう自分がいる。そして真実が操られる怖さがひしひしと伝わってきた。
    出会えてよかった一冊。

  • 桶川ストーカー事件よりも清水さんの胸中に何度も触れる描写が少し余計に感じましたが遺族の声にこんなに寄り添うことができるこの方はすごいと思います。それと共に細やかで我慢強い捜査を一番は警察にしてほしかったと感じます。気持ちが塞ぐ時期に読み始めたので感想が難しいですが、子供たちの写真を見る度に切なさでいっぱいになります。親御さんの気持ちを思うともっとつらい。この本が真犯人を追い詰めるきっかけになればいいと思うのは夢物語でしょうか。

  • スゴイ本でした。
    これがジャーナリズムであり、これこそがジャーナリストなんですね。
    しかし、政府や警察、検察、司法の対応の不味さや杜撰さ、組織の対面が優先する隠蔽体質の怖さをまじまじと感じました。彼らにすれば日々巻き起こる無数の事件の1つでしかないのかもしれませんが、事件の当事者になるかも知れない我ら一人一人からすれば人生を左右する一大事なんだから、国家権力側は国民の安全を守るために徹底的な捜査や調査を遂行し、正義を執行してくれるはず…と考えちゃいますよ。それが裏切られるなんて信じたくはありませんよね。それにいい加減な判断や偏向した対応が明らかになった上での見苦しい逃げ口上なんて聞きたくありませんよね〜

    しかし、執念を持ってこんな大変な調査をやり遂げてしまう熱意というか、思い込んだら一途に前進し続けられる不屈さってどこから湧き上がってくるんですかねぇ〜ほんと少しでもいいから見習いたいものです。
    今度は作者の「南京事件…」を読んでみようと思います。
    素晴らしい作品でした。

  • 「真実」
    殺された一人の少女の名前。
    獄中で菅家さんが信じ続けてきたもの。
    筆者が探し求めたもの。
    被害者家族を苦しめているもの。
    当局が隠しているかもしれないもの。
    私たちが知らなくてはいけないもの。

  • 近年、情報社会を生き抜くための教育方針として、「情報を整理して比較検討する」とか、「主体的に対象を調査する姿勢を持つ」といったことが掲げられ、実際にそういう内容の教材が小・中学校では用いられている。が、実は、教える側の「大人」の方が、出来上がった価値観や社会システムにとらわれていて、しかもそのことに気がついていないことが多いのかもしれない。

    例えば、テレビCMに出てくる「家族」はいつでもお父さん、お母さん、息子、娘(そこに犬が加わることもある)。実際の「家族」の形はもっと多様だ。だが、そのCMを作る側の大人は、それが「スタンダード」で「理想」の形だと信じている。そして、それを見る側は、その形こそが「正しい形」なのだと無意識のうちに刷り込まれる。メディアの力は諸刃の剣だ。だからこそ、発信する側には「社会の基盤を支えている」というまっすぐな正義感と使命感がなければならない(と、思う)。

    しかし、メディアの側にいる人間もまさに「人間」であるがゆえに、力の強いもの、大きなものに「巻かれる」方が楽だという判断をくだす時がある。それが、社会にどのような影響を与えるかということは差し置いて。その場合は、「一般市民」には二重の罠が仕掛けられていることになる。「大きな権力」がついた嘘と、「メディア」の責任放棄だ。この二重のトラップを見抜くことは難しい。市民の側もまた、疑問を持ったり自ら調査・判断することより「受動的に信じる」ことの方が楽であるし、そもそも、そのような「大きな権力」についての真偽をどこでどうやって調べればよいのかなど皆目見当がつかない。

    しかし、我々の「平穏な生活」の背後には、そういう「闇」が確実に存在している。臭いものに蓋をして、普段は見ないようにしているだけだ。気がつかないようにしていることの幸福を知っているからだ。「死刑」の世界なんて知りたくない。自分とは関係のない世界であってほしい。「殺人犯」なんてニュースや映画の世界での話だ。「犯罪」なんて、日々をつつましく健全に生きている自分には関係がない…。

    そうではない、ということを、事例とともに、そして著者の熱い使命感とともに、ハッキリと読者に伝えてくれるのがこの本の最大の長所であり意義だと思う。「思考停止」に陥ってはいけない。楽な方に流されてはいけない。一方的に発信される情報を鵜呑みにしてはいけない。そういった、「これから」を生きる上で必要な根本的姿勢に気づかせてくれる。(小・中学生は学校で教えてくれる部分もあるけれど、既に出来上がってしまった「大人」は自分でそのことに気づくしかない。また、それに気づいていない大人が子どもを育てると、その子もまた思考停止に陥る。)

    文章は読みやすく、難解な語句も筆者が嚙み砕いて説明してくれているので、内容に置いて行かれるということはない。また、記者ならではというか、魅せ方がうまく、話の展開や説明の順序に良い意味での巧さを感じた。

    「世界の闇につながる一筋の割れ目」に、必ず気づくことは無理でも、少なくとも、今までよりは注意して見るようになるだろうし、そういう割れ目がある、ということそのものに考えが及ぶようになる、よいきっかけとなる一冊だった。

  • 菅谷さんのことはやんわり知っていたけど初めて知る事実ばかりでした。そして読み終わって一週間のこのタイミングで我孫子市の殺人事件。心がざわついています。今回の事件とは関係ないとしてもこの本を読む前と読んだ後で見方や捉え方が変わった気がします。

  • 私は人を信じやすいところがある。むしろそれを美点と思ってきたフシさえある。一々疑うより素直に見えるから。でも違った。疑うより信じる方がラクなだけだ。
    マスコミはおろか司法の判断までもが正しくないことがあり得るという事実。情報を鵜呑みにするのではなく疑ってかかるのでもなく自分なりに判断すること。そのためには、判断基準となる心のものさしを磨くことと情報データの収集分析が重要だと学んだ。
    筆者は言った。報道の意義はただ一点、再発防止だと。国家も個人もミスがあればそれを認めて謝る。過去の失敗を教訓に変えて未来に生かす。そういう世の中になってほしいし、それを対岸から祈るだけの大人にならないようにしたいと思う。

  • 当時冤罪で釈放されたニュースは見た気がするけど事件の内容については全然知らなかった。

    『あなたがス ーパ ーに行くとする 。後部座席ではいつの間にか子供がぐっすりと寝入っている 。起こすのもかわいそうだと思う 。エアコンはセットされている 。すぐに戻るからねとそっと車を離れるが 、あいにく店は混んでおり 、買い物は思ったようなスピ ードで進まない 。目を覚ました子供はあなたの姿を捜し 、泣きながら車内を移動する 。外に出ようとあちこち触り 、やがてエアコンのスイッチを切ったり 、エンジンキ ーそのものを廻してしまう 。そして車内温度は春先でも五〇度を超える … … 。』

    私もずっともし子供がパチンコ店で攫われたらどうして子供をパチンコ店で一人にしたのかって思ったし、車中で熱中症になったらどうして子供を車中に放置したのかって疑問だった。
    だけどそれには理由があるかもしれないし、結果だけを非難してもきっと再発防止にはならない。
    そこがたまたまパチンコ店だっただけで、同じ事件はスーパーでも公園でも図書館でも起こり得る。パチンコ店だからではなく、子供から目を離してはいけないんだと思う。

    真犯人の存在についても示唆しているのに今なお犯人が捕まっていないのが恐ろしい。ルパンが連れていた女の子が誰なのか気になる。

  •  横山秀夫の処女作「ルパンの消息」を思い出した。
     試験前のテスト用紙を盗もうとする計画が、三億円事件に絡んでくるという警察小説だ。

     しかし、本作は小説ではない。ノンフィクションだ。
     しかも筆者の調査によって北関東で起きた五件の幼女連続誘拐殺人事件として浮かび上がり、そのうちの一件の足利事件では無期懲役囚が冤罪だったことが判明した。

     報道の在り方とは何かを問う。
     ぶら下がり記事はスクープなのか。

     日本を動かす。
     日本テレビの企画に乗った筆者が選んだ未解決事件の誘拐事件を丹念に調査すると、半径20KM圏内で同様の手口、被害者は幼女という事件が五件浮かび上がった。

     そのうちの一件は、足利事件として知られ、すでに容疑者は逮捕され無期懲役の刑が下されている。
     しかし、容疑者逮捕後にも同様の誘拐事件が発生している。
     
     明らかに、おかしい。
     被害者家族、事件の目撃者、遺体発見現場、度重なる調査上に見えてきたのは、完全に別の容疑者だった。

     ヒョろっとした体格の、足取りが軽い男はまるで、ルパン三世のルパンのようだった。
     そのルパンを筆者は突き止める。奴が殺人犯だと確信するに足る証拠も掴んでいる。

     しかし、警察は、検察は、日本は、動かない。
     殺人犯はそこにいるのだ。

     北関東連続幼女誘拐事件という事件の存在を、そして今なお、のうのうと逃げおおせている殺人犯の存在を知らしめる作者渾身の作。

  • 読んで知ってよかったなって感じ。知ることって大事なんやなって思った。ドラマみたいな悪がほんまにあるんやなって驚いた。隠蔽したり嘘ついたりした警察や裁判官に良心はないの?

  • 普段はミステリしか読まないのです。
    本格が良くて、できれば探偵が居て、一番の好みは大学生や大人のミス研サークルとかで
    密室があったり、アリバイトリックがあったり、叙述だったり……

    そんなミステリが大好物で、ミステリしか読まないのですが……
    たまたま立ち寄った近所の本屋さん(小)でとても推してたのですよね

    この書店で300冊以上売れました!みたいなポップと、何やら文字コピーのあらすじカバーと。
    思わず手に取ると、横のレジのおにーさんの視線が。
    「面白いですよー是非どうぞ!TVでもこの前ここに取材が来てやってたんですよー」
    と、めちゃめちゃ売り込み
    ポップには内容と言うよりも、売り込みの文句
    コピーされたブックカバーで文庫の帯も、背表紙も、とにかくあらすじ的なものは何も分からなくて、取り敢えずタイトルと、作者と、誘拐事件の本だと言う事が分かっただけだったのでした。

    一瞬迷ったのですけど購入。
    きっとフィクションのドキュメントミステリ?と勝手に推測して、文庫にしては高いなーとか思いつつ読むことにしたのでした。

    記者のインタビューストーリーかな?と読むまでは予想していたのです。
    『白ゆき姫殺人事件』みたいな感じなら、読みやすそうなのですよね

    実際に本を開いてみて、押しも押されぬノンフィクションにビックリ。
    まるで密着24時的なドキュメントを見ているかのようだったのです
    と言うか、その手の番組がそのまま出てきたり。

    著者は所謂ジャーナリスト。
    記者・カメラマン・リポーター・マスコミ……その手の単語を思い浮かべて良いイメージは実はあまりないのです。
    週刊誌やワイドショーを見ても、閉口することはとても多いし
    インタビュー記事を読んでも「上手くカットされてて、本当はこういうことを話したんじゃない」みたいな事を聞いたり見たりすることってきっと皆あると思うのです

    本当に、本当にこんな風に一番小さい声を大事にして、事実の究明に貪欲で
    それを如何に正しく世に知らしめるか

    そう言うジャーナリストも居るのかどうか。
    しーなには分からないのですが「居ると良いな。フィクションとしても、居ると良いな……」と思わずにはいられなかったのです

    ノンフィクションのドキュメントミステリではなく、告発、或いは警告本だったとしーなは思うのです

    聞いたことのあるニュースや名前。事件。
    この事件、あったなー……と思い起こしたり、こういうことがあったんだ……と背筋が寒くなったり。

    被害者とその家族と犯人。そして捜査する機関、組織、国。
    と、随分話は大きくなっていくのですが
    流石記者。文章がとても読みやすく、それでいて読み応えが大。

    事実と、心情と、出来事、そして聳える現実が文面から生々しく伝わってきたのです
    これがノンフィクション?
    これがドキュメント?
    しーなはこの手の本を初めて読んだので分からないのですが
    社会現象になってもおかしくない位の実録本なのでは……?と
    もしかしてもの凄く重要な本を読んでいるのでは……?と
    読み始めてもうすぐに途中でやめられなくなり、一気に読んだのでした。

    ミステリには、警察も検事も弁護士も、犯人も被害者も出てくるのですけど
    実際はこうやって戦っているんだ……と、真実はこうやって導き出されているんだと
    切実に伝わってきたのでした。

    正義とか、真実とか、現実とか……何て書けばいいんだろう。
    普段の守られている生活や、守られるべき命とか……色んな事を心に刻む本だったのです。

  •  小説のような文章です。読みやすさはあります。ただ、なんというか自分の功績を自慢しているだけのような。

     警察のねつ造、でも、メディアのねつ造もありますよね。どちらも話半分という気持ちで、疑って掛かれって事ですね。

  • 久々にこれは一気読みでした。読みだしたら止まらない。
    北関東で起きた連続幼女誘拐殺人事件、横山ゆかりちゃんの報道はよくTVで見ていました。
    足利事件の菅家さんが釈放された場面もなぜか鮮明に覚えていました。知らずにそれだけ興味があったのだと今更確認。
    警察のDNA鑑定は絶対のものだという認識も確かにあったのでどれほど杜撰で意図的に操作されたものかと驚きあきれた。これで死刑とはたまったもんじゃない。本人もだけど家族も。
    そして、読んでいてもしかしたら自分も被害者になっていた可能性に気が付き、ぞっとした。
    被害者の少女と同じくらいの年の時に隣接する市のパチンコ店に連れていかれていたような(汗)
    真犯人にこれほど迫っていながらも野放しになっている恐怖。
    警察検察のプライドなんてどうでもいいからとにかく真犯人を確保して再発防止に努め、ゆかりちゃんの行方を1日でも早く探してあげてほしい、と願うばかりです。
    何とかならないのかな、この事件。

全138件中 1 - 25件を表示

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)を本棚に登録しているひと

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)を本棚に「積読」で登録しているひと

殺人犯はそこにいる (新潮文庫 し 53-2)の単行本

ツイートする