革命のリベリオン: 第I部 いつわりの世界 (新潮文庫nex)

  • 316人登録
  • 3.69評価
    • (16)
    • (31)
    • (34)
    • (4)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 神永学
制作 : 土林 誠 
  • 新潮社 (2014年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800035

革命のリベリオン: 第I部 いつわりの世界 (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは面白い!!!

    ガンダム世代にはたまらない内容かな!

    早く続編が読みたい!!!!

  • 【内容紹介】
    ――こんな世界でも、生きたいと願うか――?

    津波に襲われ、国家崩壊の危機に瀕した日本。その復興後に到来したのは、科学技術により解析されたDNAランクで人生が決められてしまう絶望的な格差社会だった。最低ランクの少年コウは、黄金の瞳をした少女イヴに窮地を救われ、白い長髪の男イザナギの許(もと)へ導かれる。与えられた世界の欺瞞に少年が気付く時、人間の可能性を信じる叛逆者(リベリオン)たちの壮大な革命の物語が幕を開ける!

    神永学:カミナガ・マナブ
    1974(昭和49)年山梨県生れ。日本映画学校卒。2004(平成16)年『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』でプロデビュー。「心霊探偵八雲」シリーズとして続々新刊を発表、エンタテイメント性の高いストーリーと、スピード感のある映像的な文章で圧倒的な支持を集める。小説の他、舞台脚本の執筆なども手がけている。他の作品に「怪盗探偵山猫」シリーズ、『確率捜査官 御子柴岳人 密室のゲーム』、『コンダクター』『イノセントブルー 記憶の旅人』『殺生伝 疾風の少年』、また「天命探偵」シリーズとして『タイム・ラッシュ』『スナイパーズ・アイ』『ファントム・ペイン』『フラッシュ・ポイント』『クロノス』がある。

  • 震災をもてあそんでいる感があるけど、でも作家なら考えるよねきっと
    ミラがほんとはランク低かったら面白いなあ

  • 池永学氏は文章が読みやすいので、一気読み。
    ただ書き下ろしの割には文章の重複(心象描写の重複)が目立つし、そもそも物語の設定もキャラも今までどこかで見たような(読んだような)感じ。
    内容も軽い設定でYA小説ような感じか。
    日本物で行くと「機龍警察」や「パトレイバー」などのメカ設定だし、この2極化世界も「ソイレントグリーン」にはじまり「トータルリコール」「トゥモローワールド」などとダブる。
    まだキャラがやっと出揃ったという感じなので今後の展開に期待かな?
    ラスト近く出てくる学校の先生が月村リョウコというのが笑える!

  • アニメっぽい。ロボットに乗って戦う系。さくさく読める。

  • どこかで読んだような未来社会で,少しがっかりしながら読んでいたが,ラストの数ページ,俄然面白くなって,次巻が楽しみだ.

  • おもしろかった!!もう二巻でてるんだよなぁ~
    買いたい…けど金欠.....w

    なんとなくNo.6に似てるかなぁーなんて思う。
    でも、やっぱり神永さんの文章力には凄いの一言しか出てこない。

    …早く二巻が!( ゚д゚)ホスィ…

  • 大震災に襲われた以降の東京を舞台にDNAで全ての優劣を判断する世界に対抗する青年及びその仲間の物語。第1部。(新潮文庫の百冊)第2部も読みたいと思わせる。
    (新潮文庫100冊)

  • DNAから適性を解析、それによるランクによる管理社会、近未来日本。
    最低ランクの少年。コウの世界はある日一変する。

    王道を行くディストピアもの。
    でもロボットとかでてきちゃう!
    まだまだ序盤かなーという印象。

  • 神永流の読みやすい文章で結構一気読み
    内容的にはそこそこオーソドックス
    先にサイコパスとかハーモニーを読んでいたので、かなりスンナリ世界観は入り込めたので、実は第1章だったってことにチョット物足りなさが…
    早よ続きが読みたいなも

全30件中 1 - 10件を表示

神永学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

革命のリベリオン: 第I部 いつわりの世界 (新潮文庫nex)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

革命のリベリオン: 第I部 いつわりの世界 (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

革命のリベリオン: 第I部 いつわりの世界 (新潮文庫nex)の作品紹介

津波に襲われ、国家崩壊の危機に瀕した日本。そこから復興後に到来したのは、科学技術により解析されたDNAランクで人生が決められてしまう絶望的な格差社会だった。最低ランクの少年コウは、黄金の瞳をした少女イヴに危機を救われ、白髪の男イザナギの元へ導かれる。与えられた世界の欺瞞に少年が気付く時、人間の可能性を信じる反逆者(リベリオン)たちの壮大な革命の物語が幕を開ける!!

革命のリベリオン: 第I部 いつわりの世界 (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする