天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)

  • 870人登録
  • 3.78評価
    • (51)
    • (141)
    • (98)
    • (7)
    • (2)
  • 134レビュー
著者 : 知念実希人
制作 : いとう のいぢ 
  • 新潮社 (2014年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800103

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直なところ、読み始めからかなり読み進むまでは、主人公である天久鷹央や研修医の鴻ノ池が好きになれませんでした。
    反面、鷹央の部下であり彼女に振り回されっぱなしの小鳥遊優には必要以上に感情移入して読んでいましたね。
    ただ、ストーリーの面白さとそのリーダビリティは最初から最後まで変わらずにありました。
    本書はプロローグとエピローグに挟まれた4つの事件からなる短編集なのですが、最初の2編である「泡」と「人魂の原料」は日常の謎風の物語の中に、医学ミステリーらしく病気のことがしっかりと盛り込まれていて唸らされます。
    後半の「不可視の胎児」と「オーダーメイドの毒薬」は、それぞれとある患者の病気は何かを探り出すことがテーマのややシリアスな展開となっており、特に「オーダーメイドの毒薬」は、タイムリミットまで設けられていて、サスペンスとしての要素も楽しめます。
    この後半にいたって、ようやく鷹央や鴻ノ池というキャラクターも受け入れられるようになりました。
    あと、お医者さんっていうのは、実は常に患者さんの症状から病気を推理する探偵なんやなっていうようなことを、読み終えてふと思いました。

  • いい意味で裏切られました。
    可愛い表紙とライトノベルということであまり期待していたなかったのですが、おもしろかったです。
    統括診断部(各科で診断出来なかった患者を診る総合診療科)の部長で頭脳明晰、博覧強記の天才女医・天久鷹央と小鳥と呼ばれる小鳥遊優が、持ち込まれる医療ミステリーを解き明かす話です。
    難しいかと思いきや、そこはライトノベルなのでほどよく力が抜けた、でも医療知識を生かした謎でした。
    キャラ設定自体はコミュニケーション能力に問題がある探偵とそれをフォローする助手、とありがちですが、ストーリーはよく作られています。
    あと二冊出ているみたいなので、また買って読もうと思います。

  • 天医会総合病院の総括診断部の部長、天久鷹央(あめくたかお)。
    外科医だったが、内科医を志し大学病院からこの病院へ派遣された小鳥遊優(たかなしゆう)。
    このふたりが様々な“謎”に挑んでいく。

    Karte.01 泡
    小学生が目撃したのは本当に“河童”なのかを探る。
    バラバラに見えていた事象が最後に繋がっていく。
    その流れの見事さに思わず声が漏れました。

    Karte.02 人魂の原料
    新人看護師が夜勤の見回り中に“人魂”を見る。
    勘違いと思い込みから起きた騒動。
    ちょっと難しかった。

    Karte.03 不可視の胎児
    中絶したはずの女子高生のお腹の中に赤ちゃんが…。
    たぶんアレだなと予想してましたが、そう簡単ではなかった。
    そんなことあるのかと驚愕のラストでした。

    Karte.04 オーダーメイドの毒薬
    鷹央が診た子供の親に訴えられる。
    総括診断部、存続の危機…。
    診断に間違いはなかったが、鷹央たちは他の疾患の可能性を探る。

    ホームズとワトソンの関係性に似ていた。
    社会的なものが欠落していることを自覚し、劣等感を抱いてる天久鷹央。
    超人的な頭脳を持つ鷹央をサポートする小鳥遊優。
    ふたりの今後が気になるな~と思ってたら、シリーズ化してました。

  • 初めての著者の作品だったが島田荘司選考のばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞という期待もありシリーズ1作目から読んでみた。非常に読みやすく医療ネタも説得力があって面白かった。印象としては東川篤哉(特に平塚ライオン)と最近読破した脳噛ネウロ(コミック)を足したような感じ(ちょっと違うかな...)。ミステリとしてはキャラ寄りなところが若干心配だが次作以降も出てるので読んでみたい。大掛かりな長編も読みたいところ。

  • 「お前の病気(なぞ)、私が診断してやろう。」

  • 仮面病棟 の 知念実希人さんだったので読んでみた。
    素人のわたしには全く推理できないような症例ばかりだったが解説もされていて 勉強になってよかった!!

    小鳥遊先生は 初めは不憫な感じだけど だんだん 天久先生との信頼関係が築かれていってる気がして 見守りたくなった。

    天久先生は自分をしっかり分かっていて とても好きなキャラクター!

    絵もとても綺麗で好きな絵風だった!

  • 読了。ミステリを謳ってはいるがかなりライトノベルよりの内容。推理もハウダニットものだが、専門知識を知ってるか知らないかという問題なので解けやしない。
    というかミステリとして読むことが間違っている。

    ライトノベルと思って読むのが吉。
    キャラクター同士の掛け合いなんかはよくあるやつと遜色ないぐらい面白い。

    とは言え、同レーベルで売上トップというバイアスがあったせいか、妙に期待してしまって中途半端な作風という印象を拭いきれなかった。

  • 医療の現場では、すべてに綺麗な病名がつくわけではない。どれだけ検査をしても原因がわからないものもある。わずかな兆候から手がかりを得て診断をつけていく、医師の仕事とは探偵がする推理のようなものなのかもしれない。
    専門的な内容も含まれるが読みやすく、鷹央と小鳥の関係性も良い。実際こんな医師がいたらいいなと思うような、思わないような…

  • やっと一巻を読むことにしました。
    入口が続巻だったため、大体の内容は把握していたのですが、統括診断部が自由すぎる。

  • 題名にもなっている天久先生が謎を解き明かしていく医療ミステリーだが、先生のキャラクターが好きになれるかどうかで大分印象が変わってきそうだ。自分はあまり好きになれない方だった。
    とはいえ、よくある安楽椅子探偵的なものかと思いきや、先生意外と行動的で動きがあるタイプのミステリーだったし、最後の謎解きは完全にしてやられた。ストーリーとしてはなかなか秀逸だと思う。

全134件中 1 - 10件を表示

知念実希人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)に関連するまとめ

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)の作品紹介

お前の病気(ナゾ)、私が診断してやろう。統括診断部。天医会総合病院に設立されたこの特別部門には、各科で「診断困難」と判断された患者が集められる。河童に会った、と語る少年。人魂を見た、と怯える看護士。突然赤ちゃんを身篭った、と叫ぶ女子高生。だが、そんな摩訶不思議な“事件”には思いもよらぬ“病”が隠されていた……? 頭脳明晰、博覧強記の天才女医・天久鷹央(あめくたかお)が解き明かす新感覚メディカル・ミステリー。

天久鷹央の推理カルテ (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする