未来探偵アドのネジれた事件簿: タイムパラドクスイリ (新潮文庫nex)

  • 138人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (9)
    • (24)
    • (5)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 森川智喜
制作 : きぬてん 
  • 新潮社 (2014年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800134

未来探偵アドのネジれた事件簿: タイムパラドクスイリ (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 〇 概要
     益井探偵事務所に舞い込むさまざまな依頼を,23世紀からやってきた,元タイムパトロール隊員の芽原アドと益井丸太が捜査をする。未来から武村ロミというタイムパトロール員も加わり,未来犯罪者との対決をする。時空間SFミステリ

    〇 総合評価 ★★★☆☆
     タイムパラドックスもののSF。非常に軽い雰囲気の作品である。作中でも言及されているが,まるで1970年代のSFという雰囲気。もしかしたら,古きよき時代のSFをライトノベルという形で復刻させたかったのかもしれないが,古臭い雰囲気は否めない。タイムパラドックスものなんだから,タイムマシンの理屈やタイムパラドックスについての理屈をコチコチと書いてほしかったが,その部分は「気にしなくていい」で済まされている。これも,深く考えずに,気楽にエンターテイメントとして読書を楽しみたいのならいいのかもしれないが,SF好きとしては物足りない。森川智喜らしいロジックがあると思ったのだが,そういった部分はない。バックトゥザフューチャーや夏への扉ばりのアクション部分は,それなりに面白い。トータルで見ると…ぎりぎり★3かな。
    〇 トリックなどのノート
    ● 201X年8月15日
     ペットのアレックスが逃げた事件を解決
     10月26日の飽本の捜査の結果として,タクシーをこの事件に持ってくる。それは歴史の一部だった。
    ● 201X年8月25日
     宝石「天馬の目」が無くなった事件を解決
    ● 201X年9月15日
     高校生の子どものおかしな行動の事件を,なかったことにして解決
     →依頼がない日になる。
    ● 201X年10月21日
     飽本と社長が会っている事件を見て,未来犯罪であることに気付くが,飽本が逃亡
    ● 201X年10月24日
     カンニング疑惑事件を解決
     本がたまたま五十音順に並んでいたというトリック
     芽原アドの説明を,益井がきちんと聞いていなかったことが混乱の原因だった。 
    ● 201X年10月26日
     10月30日の事件の捜査で,飽本と社長がレストランにいることを知ったので,その捜査をする。
    ● 201X年10月30日
     武村ロミが,歴史を変えるために,益井探偵事務所に訪れる。
     ストーカー事件の捜査
     自動販売機のオーナーあ売上げ調査をしていたということがストーカー事件の真相
    ● 224X年5月15日
     芽原アドの企画(中期物理学時代で探偵をする)が,試験段階で終わることが決まる。
    →武村ロミの活躍により未来が変わり,芽原アドの企画が続けられることになる。
    ● 224X年5月16日
     武村ロミが芽原アドの企画が終わるという歴史を変えるために中期物理学時代に行く。

    〇 サプライズ ★☆☆☆☆
     ミステリというよりライトなSF。サプライズは全くない。

    〇 熱中度 ★★★☆☆
     タイムパラドックスものかと思いきや,「因果相転移」,「因果エネルギー」,「中期物理学的に破たんするということと,以降の理論で整合性が取れるということは無矛盾」…「あまり気にしないでってこと」で済ませてしまう。もう少し,きっちりした理論で説明してほしいところ。理論の部分は別として,過去と現在を行き来して,事件を解決したり,事件をなかったことにするという展開はそれなりには面白かった。熱中度はそこそこ。

    〇 インパクト ★★☆☆☆
     薄い。せっかくSF的な設定にして,タイムパラドックスを使ったミステリなのに,事件がペット探しとか,宝石強盗とか,子どもの様子がおかしいとか…しょぼい。取り扱う事件がしょぼい上に,解決方法はタイムマシンを使うだけでワンパターン。ストーリーは,タイムパラドックスものらしい入り組んだ展開なのだが,どこかで見たことあるような展開。インパクトは薄いなぁ。

    〇 キャラクター ★★★☆☆
     主人公の芽原アド,探偵役の益井丸太,タイムパトロール隊員の武村ロミ,未来犯罪者の飽本など,キャラクターはそれなりに魅力的。というか,この作品は,キャラクターの魅力に頼った,ライトノベル的なSFというイメージ

    〇 読後感 ★★★★☆
     芽原アドの中期物理学時代で探偵をするという企画が続けられるという未来に変わっている。ハッピーエンドであり読後感はいい。作品全体に,ライトで楽し気な雰囲気があるのも好印象

    〇 希少価値 ★★★☆☆
     森川智喜の作品は,キャットフードやスノーホワイトはそれなりに売れてそうだけど,これは…。明らかに古臭い設定のSFのライトノベル。キャラクターもそれなりの魅力的だが,はやりのキャラクターというイメージでもない。きっと,将来的には手に入りにくくなると思う。

  • 「どういうこと、なんですか?」
    「結論からいっちゃうと、あまり気にしないで、ってこと」
    (p60 「1 芽原くんは、最近どう?」)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    若干二十歳の私立探偵・益井の相棒は、
    23世紀の未来からやってきた未来探偵・アド。

    元タイムパトロール隊員の彼は、
    携帯型タイムマシン《タマテバコ》で時間を行き来し、
    どんな依頼も文字通り「一瞬で」解決してしまう!

    ペット探しや消えた宝石、奇妙なストーカー事件…
    ばらばらだった依頼が因果の糸で結ばれて、
    やがて「未来犯罪者」の影まで浮かび上がる!?

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    きぬてんさんの表紙絵に惹かれて買ってしまったw

    タイムパラドックス×ミステリーで、
    いろいろわけわからんことになるのかと思いきや、
    「因果物理学」の名のもとに、
    いろいろ都合よくまとまってしまっていました。

    テンポはよくて読みやすかったですが、
    もうちょいパラドックスな部分を掘り下げてほしかった気も。
     それではっ

  • 未来の探偵は、未来の自分に真相を乞う
     「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」でタイムスリップした先は、2015年10月。中に浮かぶスケートボードは開発されなかったが、代わりにインターネットで世界中の人とコミュニケーションがとれるようになった。未来を予想するのは難しい。夢物語かもしれないタイムマシンも、未来がどうなるか分からない以上、絶対ないとは言えないかもしれない。
     2200年代からやって来た未来の探偵は、タイムマシンを使い依頼をパパッと解決する。もちろんタイムパラドックスが発生しないよう、宇宙の因果だの相転移だのを計算に入れて行う必要があるようだし、予期せぬ邪魔も入る。それでも終始和やかで、テンポ良く話は進んでいく。さらっと読める王道の時空ミステリだった。
     惜しかったのが、現代の探偵があまり活躍していなかったこと。未来探偵やパトロール隊員に敵わないのは致し方ないが、現代人ならではの視点やアドバイスによって事件を解決に導くような展開も欲しかった。

  • タイトルそのまま、タイムパラドックスもの。
    よく考えられており、何度も読めばより楽しい・・・のではないかと思わせられた。

  • バック・トゥ・ザ・フューチャー

  • 設定の面白さとそれぞれの事件で描かれるタイムパラドクス関連のアレコレを上手く咀嚼できず素直に楽しめないまま読み終えてしまった。時間を置いてまた読んでみたい。

  • 201X年。私立探偵益井丸太は、23世紀からやってきた相棒芽原アドの実に気軽な時間移動で、今日も事件を解決したりなかったことにしたりするぜ!
    時間移動技術が確立した未来においては、ある程度の因果相転移…タイムパラドクスによる歴史の書き換え…は気にしない、というのが面白かった。まじかよ。そういうもん?
    とりあえず読み終えて、ロミちゃんやったね!と思った。

  • 自由自在にタイムスリップ、テレポートする探偵という特殊ルール本格ミステリ。事件解決後から来た自分自身に解答を教えてもらうという『スノーホワイト』のママエ並みのチートのうえに真面目な推理力もあるのだから無敵である。

  • 森川先生におけるSF=ドラ●もん、理解

  • 未来探偵の事件解決へのアプローチの仕方がとても興味深かった。終盤の怒涛の展開も未来探偵ならではの部分が出ていて良かった。

全20件中 1 - 10件を表示

未来探偵アドのネジれた事件簿: タイムパラドクスイリ (新潮文庫nex)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

未来探偵アドのネジれた事件簿: タイムパラドクスイリ (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未来探偵アドのネジれた事件簿: タイムパラドクスイリ (新潮文庫nex)の作品紹介

依頼を解決するのは未来のボク? 過去のボク? 「愛犬の行方を探してほしい」「息子が暴れて……」「大切な宝石が消えてしまった」。益井探偵事務所にはさまざまな依頼が舞い込む。彼の相棒は芽原アド、23世紀からやってきた元刑事だ。携帯式時間移動装置《タマテバコ》を片手に、真相を探る二人のもとに、未来から武村ロミが加わって――未来犯罪との対決の行方は? 本格ミステリ大賞受賞作家が贈る、時空間ミステリ誕生。

未来探偵アドのネジれた事件簿: タイムパラドクスイリ (新潮文庫nex)はこんな本です

未来探偵アドのネジれた事件簿: タイムパラドクスイリ (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする