こちら、郵政省特別配達課(1) (新潮文庫nex)

  • 356人登録
  • 3.45評価
    • (11)
    • (31)
    • (33)
    • (10)
    • (2)
  • 36レビュー
著者 : 小川一水
制作 : 平沢 下戸 
  • 新潮社 (2014年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800172

こちら、郵政省特別配達課(1) (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地元ががっつり出てきて走っているルートを読みながら情景想像出来て楽しかった。そんな無茶な、という内容ながら上手く纏められているのが凄い。

  • なんでも届ける特別配達課の話。熱意はすごいが手段も無茶苦茶で、勢いばかりな気がする。
    2017/6/24

  • ドタバタお仕事コメディ。
    ライトな内容は良いけど、リアリティなさすぎるなぁ。
    公務執行妨害、傷害事件、無免許運転、スピード違反…仕事という名目で、どれだけの犯罪を犯したのでしょうか。
    そして何よりコストがかかり過ぎ。何か陰謀があるみたいだが、こんなこと続けてたらどう考えても採算取れないのでは?
    小川一水さんの真面目なSFが読みたいよ〜。

  • 私の小さい時には、いあのように輸送関係は、列車で運んでいたと思う。
    もっと前は、今のJRが、国鉄の時であった時、駅から駅だったのでは、、、

    そして今のように冷凍食品を送るクール便なんか夢にも思わなかった。
    今年の正月は、30日の夕方に届いたお節を食べながらこの本を読んでいる。

    昭和22年郵政法第1条が、最初に書かれていて、本当に送れたら面白いかも、、、、と、
    病院の傍へ自宅の家を、馬、プルトニュウム、ワイン、、どれもこれも、予想外の展開。
    そして最後の郵政省のビルの一室での言葉が、、、連載への道を教えている。

    しかし、お正月、成田山の初詣へ行った時も、境内の端で、年賀はがきを販売していた。
    確か、昨年2016年 12月30日迄、郵便局は開いていたけど、、、、ほどんど正月休みなしなのが、可哀相な気がした。

  • 現実離れしたお届け方法。
    家とか馬とかスケール大きくて破茶滅茶で面白かったです。
    続きでまた一波乱あるかな?

  • 市図書館にて。

    なんでもありなので文句をつけるのは間違いだとは分かっているが、H-IIAで月まで行くのは勘弁してほしかった。核廃棄物を宇宙へ放り出すなんて、日本の立場でできるものではないと思う。JR西日本の新幹線試験車両が出てきたり、MOX燃料が浜岡にあったり、想定が10年以上古いような。そもそも大きな省庁を、なんていう思想を今さら持ち出されても白けてしまう。

    朝日ソノラマの再録だったようで、時代背景を納得。きわめて健全なSFだった。というか郵政民営化前だよ。現代、近未来SFで読み手の変化を20年耐えるのは難しいのだろう。大きな政府の閣僚へのあこがれは人類の変わらぬ夢ではなかったのだろう。
    再録であることを付記しない理由はあるのだろうか。想定しているのは、本文のみで気づく読者、小川一水のファンで再録など知っていて当たり前の読者、時代背景など気にせずこのキャラかっこいいと読む読者。私は仮想読み手ではないのだろう。

  • とてもスピード感のある物語でした。国家予算でとんでもない物を作って、国家権力で各方面を黙らせながら無茶をする部署、リアリティはないですがその分面白かったです!ドラマにならないかなぁ。映像化したらコメディムービーのような感じですごく面白くなりそうな気がします。続編も購入したので読みます。楽しみ。

  • ちょっと、法律違反を当たり前にしちゃう部分に、共感できなくて、きつかった。
    平気で人を殴る人間が”正義”とか”人命優先”とか言っても、納得できない。

  • まんま「熱血少年マンガ」のノリ(^ ^;

    ありえへん設定に、ひたすら頑張る登場人物、
    次々襲いかかるピンチに「これでもか」というほどの
    「秘密兵器」の数々...と、

    正に清く正しい少年ジャンプの世界(^ ^;

    アホらしいと言えばたいへんアホらしいが、
    ドタバタ物と思って素直に読めば、まぁ面白い(^ ^

  • 郵政省が宅配便競争における主導権を得るために国の威信をかけて取り組む特配。
    採算度外視かつ行政機関ならではの型破りな手段と、公務員らしからぬ気合いの入った職員たち。骨太のSF作品を書く小川氏の持ち味が存分に発揮されている作品です。
    面白い!

全36件中 1 - 10件を表示

小川一水の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

こちら、郵政省特別配達課(1) (新潮文庫nex)に関連する談話室の質問

こちら、郵政省特別配達課(1) (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こちら、郵政省特別配達課(1) (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

こちら、郵政省特別配達課(1) (新潮文庫nex)の作品紹介

いつでも何処へでも、あなたの荷物を届けます。東京でエリート公務員の仲間入りと意気込む八橋鳳一(やつはしほういち)が配属されたのは、特殊郵便だけを配達する部署だった。班長・桜田美鳥(さくらだみどり)の下、どんな物でもあらゆる手段で届けるのが仕事。ある時はトレーラーで一軒家を運び、高層マンションへ速達を配達するのは特殊はしご車で、終電後には深紅の新幹線を走らせる。そして、ダービー馬を出走時間に間に合わせるには!?──特殊任務遂行、お仕事小説。

ツイートする