その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)

  • 771人登録
  • 3.77評価
    • (40)
    • (102)
    • (71)
    • (8)
    • (1)
  • 71レビュー
著者 : 河野裕
制作 : 越島 はぐ 
  • 新潮社 (2015年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800349

その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今巻で魔女が誰なのか分かってびっくり。
    堀が魔女だったのか。
    最初堀かなーとは思ったけど、途中からやっぱ違うかなって思ったから少し驚いた。
    でも、七草の発言が気になる。
    時任さんは恐らく魔女だって言ってたのに、堀が魔女だと確信して聞いたから一体どういうこと?
    時任さんだと思ってたけど、E線を持ってきたのが掘だからそこで堀だと確信して思い直したってこと?
    それとも時任さんのことも魔女だと思ってる?
    魔女は2人?
    そこがちょっと気に掛かった。

    七不思議のトリックは見事だった。
    豊川が仕組んだとはね。
    そんなにバネの上の店主に演奏聴かれたくなかったのか。
    というか、店主がバイオリン奏者だったなんてな。
    もう弾くことは無いのかな階段島にいる限りは。

    トクメ先生が超絶ゲーマーとかまじか。
    しかも、美女。
    トクメ先生何者なの。
    これ掘り下げてくれるよね!?
    トクメ先生のこともっと知りたくなったわ。

    委員長が結構腹黒で笑ってしまった。
    でも、由宇との距離が縮まったみたいで良かった。

    七草と由宇はまた少し良い感じに。
    由宇はやっぱり七草相手だと違うよなぁ、委員長の言うとおり。
    他の人には確かに無頓着だけど、七草のことはちゃんと考えてるもんな。
    プレゼント渡してたし。
    手袋だと思ったわ(笑)

    一巻で結構綺麗な区切りがついたからどう続くのか不安だったけど、杞憂だったわ。
    これなら次も読んでみよう。

  • 〇クリスマスイブに向けて起こるたくさんの謎。解決する七草たちの姿は愛おしささえ。
    突然、階段島で起こる事件。
    突然ネット通販の荷物が届かなくなり、島のみなが大混乱に陥った。
    真辺は七草と共に探し始める。
    しかし、他にも次々と事件が起こり始める。
    大量に配達しなければならないクリスマスカード(時任さんの仕事)、中等部の少女の切れてしまったE線(探すのは七草のクラスメイトの佐々岡の仕事)、豊川さんに浮上したストーカーされている疑惑(水谷委員長の仕事)、大地くんがいなくなってしまったこと。探したい魔女の正体。
    そして、クリスマスに関する七不思議が、島中に広がっていて、それが少しずつ実現してきていること。
    七草と真辺、そして水谷・佐々岡・時任たちはこの謎を一人ひとり連携しながらバラバラに探していく。そこでそれぞれがたどり着いた真実と、謎が起こった理由とその結論は・・・!


    一つひとつの謎が一つの結論に収斂していくさまは秀逸。
    すべてが違うように見えて実は一つの課題を解決するために一人によって仕組まれたことだとは、明かされるまでは全く気付かないだろう。―――前作も読んでいる勘のいい人以外は。犯人がわかっても、どのみちその思考までは読めないはずだ。

    再読してはじめてわかったこと。
    p247をじっくり読まないとタイトルの意味を推測できなかった。
    水谷が、真辺に嫉妬する(ようにわたしには見える)場面がある。水谷は真っすぐに正しいつもりなのだろう。しかし、真辺は水谷以上に真っすぐだ。自分の行動の軸がどちらにあるか、の違いなのだろうか。どちらも正しく、どちらも間違っているようにも思える。
    しかし、"白はなんにも混ざらない色だ。あらゆる混色が決して届かない色だ。まっ白なヒーローを目指す混色の少年は、まっ白な優等生を演じる混色の少女は、きっとそのことに自覚的だ。なのに純白から目を逸らせない。それが美しい色だと知っているから。純白を目指す混色の幸福とはなんだろう?僕にはその答えがわからない。(p247)"
    と七草に筆者が語らせているように、真辺は純白だ。真辺は誰にも混ざらない。誰からも混ざらない。混ざってはいけないのだ、と七草が願っている。
    たとえ、水谷や佐々岡が嘘の白さだったとしても、(彼らの高校生らしい一生懸命さには嘘の白さも読者は感じることはないのだろうけど、)本当の白さはこの物語では、否、ほとんどすべての人間は持ち合わせていないのではないか。真辺以外は。


    p66の比喩の意味はわからない。
    でも、七草と真辺の関係性を示しているのだろうし、きっと次作以降を読んだらわかるかもしれない。しかし信頼しあっているが恋愛関係ではないかもしれない、みたいなこの関係は切なくなる。悪い意味ではなく、応援したくなる意味で。

    たくさんの謎を解決する七草は頼もしい探偵だが、それ以上に、この物語に出てくるお互いがお互いに思いやりやそれに近い感情を持っていて、愛おしい。ここに出てくる感情を大事にしたいな、と思った。

  • ■あの頃の僕らは、誰かのヒーローになりたかった。

    クリスマスを目前に控えた階段島を事件が襲う。インターネット通販が使えない――。物資を外部に依存する島のライフラインは、ある日突然、遮断された。犯人とされるハッカーを追う真辺由宇。後輩女子のためにヴァイオリンの弦を探す佐々岡。島の七不思議に巻き込まれる水谷。そしてイヴ、各々の物語が交差するとき、七草は階段島最大の謎と対峙する。心を穿つ青春ミステリ、第2弾。

  •  ある日突然起こったインターネット通販の停止
    噂になるクリスマスの七不思議
    前作でもおなじみの登場人物がクリスマス・イブに
    それぞれの目的のために行動を起こします。
    ある人は"ヒーロー"になるため、ある人は"他人に認めてもらいたい"ため、ある人は”魔女を見つけるため”
    普段の日常とはちょっとちがう、でもどこか懐かしいそんな雰囲気を感じることのできるファンタジー作品

    要約すると七草君マジイケメンって話

  • クリスマスの階段島、様々な人物の視点で交互に紡がれる物語。全然関係のなさそうなエピソードが次第に交わっていく構造は、全体像の把握に少し難しいけれど面白い。

    ・・・それより、魔女の正体が2巻で明らかになるなんて!
    途中までは時任さんが怪しい感じだったのに・・・。

    いくつか残った謎や各人物の今後も気になるところです。

  • 誰も彼も、個性が強すぎてそれぞれの性格がはっきりしすぎているのは、やはり「捨てられた」からなのだろう。
    人間の、アクの強い部分の集合体、なんだろうな。
    しかし、そのことをなぜ主人公以外の人間が知っていたのだろう。それはこの島の重大な秘密のはずなんだけど。やっぱりあの人も特別な人なのかな。

    人は変えられないよ。こうあるべき、だなんて、自分自身の幻想に過ぎない。でも、その幻想にしがみつかないと、不完全な自分は保つのが難しいのだろうな。

  • 独自の世界観!
    作者は何を表現したいのかな?

  • 【あらすじ】
    あの頃の僕らは、誰かのヒーローになりたかった。
    クリスマスを目前に控えた階段島を事件が襲う。インターネット通販が使えない――。物資を外部に依存する島のライフラインは、ある日突然、遮断された。犯人とされるハッカーを追う真辺由宇。後輩女子のためにヴァイオリンの弦を探す佐々岡。島の七不思議に巻き込まれる水谷。そしてイヴ、各々の物語が交差するとき、七草は階段島最大の謎と対峙する。心を穿つ青春ミステリ、第2弾。

    【感想】

  • 階段島シリーズ第2弾。
    ライトノベル的ファンタジーの雰囲気に騙されそうになるけれど、実は非常に鋭く厳しい視点を持つ作品。だけどその先には、人の欠点すらも肯定する優しさがある。
    若者向けの外面ながら、いい大人でも充分楽しめると思います。
    ただ、今回は少々叙述トリックを多用し過ぎかな。

  • 『その白さえ嘘だとしても』読了。同作品は階段島シリーズ第2弾としての作品で、端的に説明すると階段島という閉鎖された島の中で様々な問題が繰り広げられ、それについて主人公たちが何かを考える物語である。同作の作者である河野裕さんは物事の本質を捉える文章を書くことに長けており、地の文の隅々までその特徴を反映し、私たちを魅了している。例えば一本の細長い針金について考えてみる。一本の針金はそのままにしておけば真っ直ぐの美しい線のまま保たれる。しかし、生きる上ではどうしても意識的であれ無意識的であれ「歪み」というものが必要になり、針金をぐにゃぐにゃにしなければならなくなる。そして私たちはその歪みを少しでも矯正すべく手を施し、真っ直ぐにしようと努めるのだ。そのように、同作品では比喩表現が的確に綴られている。私たちの世界でも、あるいは本質的な物事を紐解くとすれば比喩表現が必要になるのかもしれない。そう考えさせられる作品だった。

全71件中 1 - 10件を表示

河野裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)の作品紹介

あの頃の僕らは、誰かのヒーローになりたかった。クリスマスを目前に控えた階段島を事件が襲う。インターネット通販が使えない――。物資を外部に依存する島のライフラインは、ある日突然、寸断された。犯人とされるハッカーを追う真辺由宇。後輩女子のためにヴァイオリンの弦を探す佐々岡。島の七不思議に巻き込まれる水谷。そしてイヴ、各々の物語が交差するとき、七草は階段島最大の謎と対峙する。心を穿つ青春ミステリ、第2弾。

その白さえ嘘だとしても (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする