天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)

  • 404人登録
  • 3.93評価
    • (29)
    • (66)
    • (36)
    • (1)
    • (0)
  • 57レビュー
著者 : 知念実希人
制作 : いとう のいぢ 
  • 新潮社 (2015年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101800356

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日常に潜む驚くべき “病” と事件の繋がりを解明する、新感覚メディカル・ミステリー第3弾。
    (裏表紙より)

    karte.01 閃光の中へ

    本当に起きたら怖いお話。
    映像の中にあるものが脳に作用する。
    昔から、いろいろこういうことが起きてる。
    アニメの映像が問題になって、今ではどの作品でも始めに注意喚起を出している。
    途中にサブリミナル効果の例として映画館を挙げている。
    今は禁止されてるみたいだけど、やってても気づかないからまだやってる所あったりして…。


    karte.02 拒絶する肌

    テレビでよく見る疾患でした。
    長い間、原因がわからいって辛い。
    でも、意外と原因は単純だったりもする。
    karte.01と02は精神科が舞台のお話でした。
    簡単に精神科に送られるのは嫌だな~と思いました。


    karte.03 密室で溺れる男

    密室と病、疾患がうまく合わさってるお話。
    読んでいくと着地点は見えてくるが、どのようにしてそうなったのか、医療の知識がないからわからない。
    そこが面白いんだけど。
    このエピソードは、それにプラスされているものがあった。
    ピースは揃っているのに、真実にたどり着けない。
    今までになかったパターンだった。
    天久鷹央、ひとりだけで真相解明しているんじゃなく、小鳥遊優とコンビでしてるってことを再確認できる。


    読み終わったら、新刊が出てました。

  • シリーズ3作目。
    始まりに不安感を煽られ、今までで一番ドキドキしたかも。先が気になり、ページをめくる手が止まらなかった。一度長編を読んでみたい。
    会話もテンポ良く、鷹央と小鳥それぞれお互い補い合う良いコンビ。これからも楽しみなシリーズです。

  • 「閃光の中へ」が、造りも謎解きもシンプル過ぎて拍子抜け、な感じだった分「密室で溺れる」が一気に本格ミステリ寄りな話で、これはこれでバランスがとれてる、のだろうか。

  • 珍しい病気の品評会になってきた感が否めないが,最終話“密室で溺れる”は,本格ミステリィへの或る種アンチテーゼにも感じる.残念ながら何度も反芻する面白さではなく,初見を楽しむスタイルか.

  • シリーズ3巻目。今回はつくりとしては本格ミステリーの方にぐっとふってきた感じ。密室で溺死する男、なんてすごい魅力的な謎で、御手洗潔ものかよ!っと身を乗り出して期待したんだけど… でもでも、ちょっと拍子抜け、かな。死んだ長男と父親の関係性の回復も描かれず、なんというか消化不良…

    鷹央先生と小鳥先生の仲はちょっと進展があったようで、引き続き生暖かい目で見守っていこうと思います。

  • 医療ミステリーは病理の知識がないと謎解きできません。なので私は天久先生の推理を陶然と見守るのみであります(笑)。
    でも『閃光の中へ』の原因はなんとなく分かりました。ポケモン事件の記憶と共に、サブリミナルも心理学の分野です。
    自分もいくつかのアレルギーを持っていますが、世の中には想像もできないようなアレルゲンがあるんだなぁ。
    警察vs.医者の対決は圧倒的な医者の圧勝。簡単に冤罪作りそうな警察では困ります。連携連携!
    今回も面白かったです。

  • 短編医療ミステリーの第3弾!
    前作に引き続き、コミカルなキャラクターたちのやり取りに引っ張られてサクサク読める。「密室で溺れる男」は警察や権力争いが絡んできたこともあって、いつも以上にミステリー色が強かった。

  • 1巻、2巻とだんだんキャラの違和感もなくなってきて、3巻目にして、どっぷりはまった。今まで医療ものはたくさんあったけれど、このシリーズは、まさに新感覚。とくに事象の絡め方が面白いし、難しい疾患を解明していく所なども読みやすくなっていて良い。内科系疾患だけでも無数にあるわけで、題材には尽きないと思うので、日常部分も含め、これからの展開がおおいに楽しみ♪ こんなに的確に診断して貰えるなら、担当医の口が悪かろうが、自分が厄介な患者とレッテルを貼られようが、ぜひ診て頂きたいものだと思いました(*^_^*) 

  • 天医会総合病院の副院長にして統括診断部の部長 、天久鷹央は頭脳明晰、好奇心旺盛で時には病気の診断だけでなく奇妙な事件の謎ときも。女子高生の間に流れる「呪いの動画」と自殺の謎、男性恐怖症はこんな症状がでるのか、小鳥遊が大学病院に戻るのを阻止するためには「密室で溺れた男」の謎を解かなくては−

    ◆だいぶ人間らしくなった鷹央と診断力がついた小鳥遊。短編なのに知識をひけらかすだけの駆け足感も、ただ引っ張りすぎの助長感もなくてイイ♪ミステリー読んだり見たりで1、2は予想はついたけど、密室溺死はわからなかったな-

  • 段々と一時間ドラマみたいな感じになってきたけど相変わらず読みやすい。

全57件中 1 - 10件を表示

知念実希人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)を本棚に登録しているひと

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)を本棚に「積読」で登録しているひと

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)の作品紹介

密室殺人。犯人は、病気(アイツ)だ。呪いの動画によって自殺を図った女子高生。男性に触れられた瞬間、肌に異常をきたす女性。そして、密室で溺死した病院理事長の息子……。常識的な診断や捜査では決して真相にたどり着けない不可解な事件。解決できるのは、怜悧な頭脳と厖大な知識を持つ変人女医・天久鷹央(あめくたかお)、ただ一人。日常に潜む驚くべき“病”と事件の繋がりを解明する、新感覚メディカル・ミステリー第3弾。

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア (新潮文庫nex)のKindle版

ツイートする